つれづれぶらぶら

2/26(金)夜8時~BS12トゥエルビ公式YouTubeにてカセットテープミュージック無料生配信やるみたい!楽しみ!

未来戦隊タイムレンジャー(全体的感想)

見終わりました。はい…。(しばらく沈黙)

あ、最初に言っておく、胸の顔は飾、じゃなくて、今回のブログはトミー宛てに書いてます。私に「タイムレンジャー見て!」と勧めてくれた彼女に。なのでネタバレも考察も平然とやるけど、いいよね?答えは聞いてな(略)

結論から先に言う。

「教えてくれてありがとおおおおおおう!」

そして、

小林靖子ばんざああああああああい!」

ざっくり概略を言うと、西暦3000年の未来から現代(2000年)に来た四人の戦士と、一人の青年が出会い、諸般の事情でともにタイムレンジャーとして戦う、という話。

この諸般の事情というのが、本来はタイムレンジャーに加わるべきリュウヤがなぜか不在となり、5人揃わないと起動できないシステムを起動させるために、リュウヤに瓜二つの竜也(現代人)が巻き込まれたコトで、この第一話に仕込まれた「リュウヤ不在」という謎が最大の伏線となる仕掛け。

で、第二の大きな謎となるのが、後半に登場する、竜也の大学時代の級友・滝沢直人が変身することとなるタイムファイヤーが、なぜか(竜也が変身する)タイムレッドと非常に似たデザインというコト。

通常、戦隊ヒーローものでは「色被り」はあり得ない。ましてや主人公カラーのレッドが2人存在するというのは異常と言ってもいい。なのに、なぜ――?

この2つの大きな謎が最後にひとつになり、ある陰謀を明らかにするわけなんだけど、もう、ねえ、こういうのホントに靖子にゃん「ネ申」としか言いようがないっつーか、しびれる。たまんないー。

あとやっぱり靖子にゃん作品で上手いのは群像劇で、電王ならイマジンズ、オーズならグリード達みたいに、集団を書かせると個体が生き生きしますよね。で、戦隊ものですから主役のタイムレンジャーの各自がキャラクターとして立っているのはもちろんなんだけど、敵役も良くてねえ!

特にドルネロ!金を集めることだけに執着する悪の大親分。でっぷり肥ったガマ蛙みたいな容姿の成金オヤジ。でもねえ、時折見せるギエンへの後悔に似た親心とか、リラ(お金大好き冷酷ギャル)との割り切った関係の中にちらっと見える本心とか、いいんだよなぁ。

字数足りなくなった!(゜ロ゜;

小林靖子最大のツンデレ男子こと滝沢直人については稿を改めて熱弁します!(笑)