つれづれぶらぶら

栗林くんの記念Tシャツ申し込んだよん(*^^*)

フェイバリット更新しました

最終話(第7章)の前半が終了しました。もうエンドマークは目前です。

 

最近は、あいらんどの企画に参加したこともあって、なるべくこまめに更新していこうと書いた端からちょこちょこUPしてます。

 

それにしても長い…。

確か、第1章の更新情報を上げた時に「ここからは各章短くなります」と言うたはずなんですが、いやいやいや、どんどん長くなっちゃってますよ。すんません。

 

さて、最終話ということで、いよいよ恋愛・結婚をメインとしたお話になるわけですが、当初はね、「この2人だから単純には甘くなるまい、喧嘩みたいな掛け合いにしよう」と思ってたんですね。

しかし、ふと考えて「やっぱり普通に、甘くウェットにしっとりと行こう」と考え直して、甘~く切な~い文体で書き始めたんですが、なんせ書きながらカープのラジオ中継を聞いてるもんで、どうしても脳みそがそっち行っちゃう。

んで、たまたま聞いてた中継が、カープがぼっこぼっこ打たれるわ、つまらんエラーは出るわ、はらわた煮えくり返るような展開だったもんで、甘い台詞を書いてるはずなのになぜか言葉に刺があったりして、どうにもちぐはぐな文章に。

落ち着いてから読み直したら、これはやっぱり甘くないほうがいいのかも?と思えてきたので、甘いところをざくざく切って、そこを継ぎ直していったら、あれ?あれあれ?ギャグ?これギャグ小説だっけ?という内容になってしまった。完全に想定外だけど、芹沢オジサマがどんどん可愛くなってきちゃったので、もうこれはこれで良しとする!♪かわいいからゆるすー♪(byドクター秩父山)

 

…こんなんだから、あいらんどの求めるような、甘々の恋愛小説にはならんのんよね。

 

こないだ、あいらんどさんの企画【私が結婚したい人】ってのに本作品をエントリーしましてね、あいらんどさんにピックアップ作品として取り上げてもらったんですが、その際にね、運営さんが作品の中から気の利いた決め台詞っぽいのを添えてくれるんですが、他のピックアップ作品が「もう離さない。お前は俺のものだ」とかぁ、「ホラ、感じてるくせに」とかぁ、そんなスイートな感じなのに対して、ウチのんそんなん全然ないけん、結局、選ばれた台詞は3章で箸置きをプレゼントする時のビジネスライクなアレだったりして、なんかもう運営さん一生懸命探してくれたんだろうなぁと思うとゴメンなさいゴメンなさい。

 

さて、先にネタバレしときますよ。

最後がなんとなーく不穏な感じで終わってますが、えーっと、きっとアナタのご期待には添えません。ははは。

 

後半の見どころを予告しときますと、まさかのあの人がまさかのあんな格好で出てきたりします…!って、誰のこと?こうご期待!