つれづれぶらぶら

栗林くん早や6セーブ目。うふふ。

名古屋とカープと涙雨(ナゴヤドーム観戦記)

プロ野球ペナントレース開幕!

今年は開幕前から我が広島東洋カープに熱い視線が各界から注がれております!

なんてったって黒田と新井が帰ってきたし、マエケンが残留したし。

世間では「カープ女子」ならぬ「黒田男子」なんて言葉が生まれて、藤木直人福山雅治が黒田を応援します宣言したかと思えば、B'zが黒田のマツダスタジアム登場曲を書き下ろすというね、何なのこの熱狂ぶり。怖いわ。B'zの歌めっちゃカッコいいしさ。

 

というわけで、カープファンである私も今季初出陣でございます。

f:id:sister-akiho:20200201003038j:plain



旦那と息子を連れて、この日のために買ったバックパックオロビアンコを初お目見えさせて、いざナゴヤドーム

f:id:sister-akiho:20200201003009j:plain

着いたら、まぁ開場前だというのにカープファンの多いこと多いこと。

そして背番号15の着用率の高いこと高いこと。

それもそのはず、本日の先発ピッチャーは、

 

我らがヒーロー、黒田ひーろーきー!背番号15っ!

 

んで、ファンも多いけどマスコミも多い多い。ナゴドに着いた矢先にフジテレビとテレビ朝日に「今日は黒田を見に来たんですか?」って話しかけられたもん。いや、逃げたけど。

つか15番ユニ着てる人に聞いてあげてよマスコミさん。14(大瀬良新人王ユニ)と33(菊池)だよ、うちらは。

 

そんなふうに笑っていた私の目に飛び込んだもの…そう、今回の観戦で一番の感動と言っても過言ではないのですがっ、

 

永川ユニ(20番)を着ているファンがいたああああああ!

しかも、しかもっっっ、ご夫婦で20番をお揃いで着てるっっっ!

ちょ、これマジでガチの永川ファンでしょ。夫婦で揃えてるなんて素敵すぎる、感動しすぎるーう!

勇気もらえた!3週間ずっと本気で悩んでたけど、決めた!買う!今季はガチでながかーさん応援する!

 

それはさておき、今回の試合の結末を先に言っておきます。

 

負けました(ノД`)・゜・。

 

しかも5連敗…黒田を立てて5連敗…(T_T)

ついでに言っておくとこのブログを書いている4月5日の試合も負けました。ベイスターズ、ドラゴンズと、今季の前評判の低いチームに対して1勝も上げられなかった優勝候補のカープです(ノД`)・゜・。

 

でも、きっとこれからだと信じて今は待つしかありません。ピッチャーはホントにイイんだから。野手が打ち始めたら、打線が繋がれば、勝ち始めると信じるしかありません。

 

試合自体はパッとしなかったけど、やっぱり野球を球場で観戦できるのは嬉しいですね(^-^)

映画は映画館で見るもの、野球はスタジアムで見るもの。あの雰囲気、たまらんぞう。

13時開場、試合開始は15時。その試合開始を待つ2時間のワクワク感は半端ないっす。

選手の練習を間近で眺められるのが嬉しい。

 

f:id:sister-akiho:20200201003134j:plain

オープン戦から黒田の女房役に抜擢されている會澤(アツ)はすぐにマスコミに囲まれて取材の嵐。アツが黒田から色々学んでくれたら嬉しいな。

 

3塁側内野席で腹ごしらえの球場飯と景気付けのビールをとっていると、次から次へとカープファンで席が埋まり始める。

ドラゴンズファンの人と後で話す機会があったけど、「ナゴヤドームがこんなにカープファンで埋まるの見たことなかったですよ…」と絶句してはりました。

グッズショップもカープの売り場はごった返してて、各地で売り切れ続出の黒田グッズの争奪戦真っ最中。私もなんとか黒田タオルを買いました。ついでにスラィリーと鯉のチケットホルダーもね。

 

で、やっぱり黒田がマウンドに上がった時はしみじみしちゃいましたね。

f:id:sister-akiho:20200201003239j:plain

なんかね、オープン戦とか地元開幕戦までは「ヤンキースのローテーション投手が!」みたいな驚きがあったんですが、実際にナゴヤドームのマウンドに上がった姿を見ると、「ああカープの選手だー」って。

黒田が投げる試合はなぜか野手が全然打てなくて負ける、っていう事実も昔のままで、それは嬉しくないけどね。

 

がっかりしながら球場を出ると空は重く淀んでいて、地下鉄の駅に向かうカープファンの足取りも重く。

1歩踏み出すごとに口から洩れるのは「悔しい」の言葉だけ。

カープファンの心を濡らすような涙雨の夜でございました。

 

  

あ、でも栄の繁華街の居酒屋で食べた「上ホルモンの串焼き」がめっちゃ美味しかった。あれはちょっとホルモン焼きのイメージを覆す旨さ。また食べたいな。今度は勝ち試合でね!