つれづれぶらぶら

栗林くんの記念Tシャツ申し込んだよん(*^^*)

あずさ6号なう

8時ちょぉっどのぉー、あぁずさ6号でぇー、わたしはわたしは神宮へっ、たびだちーぃますぅー♪

ハイそんなわけで泣く子も黙るゴールデンウイーク、皆さんいかがお過ごしですか。

去年まではこのタイミングで広島に帰ってたわけなんですが、今年からは息子の学校がありますけんね、なかなか帰れません。8月には帰るけどね。もうマツダスタジアムのチケットも取ったし♪

でもせっかくの長期休暇なので、またまた息子と一緒に東京に行ってきます。

んで、今日はついに(関東カープファンの聖地と呼ばれる)神宮球場で初観戦だーッッッ!

このGWの神宮3連戦、前売り段階でチケット完売ですとさ。あー良かったチケット取れて。あー良かった。

ちなみに旦那は相変わらず「連休なにそれ美味し(以下略)」

さて、あずさ6号の車中からお送りしております本日のブログのジャンルは何かと申し上げますてぇと、ハイお察しのとおり【更新情報】でございます。

『ダイヤモンドの王子様!』inning8をUPしましたー。

物語はいよいよ大詰め。あとは運命の最終回、inning9を残すのみ。

この物語を書きたいと思ったモチベーションの全てが、次回inning9に凝縮される予定でございます。

…ということは、お察しのとおり次回はガッツリ野球に向き合います。野球ドラマが書きたかったんだから野球ドラマを書きますよええ!(握りこぶし)

さて、今回更新のinning8についてですが、えーと。

…黒河遼には見つからないとしても、帝都ドームのスタッフにはモロバレだと思うなぁ。

真夜中の通用口にマスコミが入ってきたら何のご用ですかって警備員さんに呼び止められると思うし、あちこちに監視カメラも仕掛けてあると思うし。

あ、そうか。球場スタッフはもう慣れっこなのね。「あの、天野…」「ああハイハイどーぞどーぞ」なんだろうなぁ、きっと。

上原君とミリちゃんが何やら怪しい理由は、本作では語られません。犬ヶ岬編が完結したら番外編として上原編(短編)を書く予定です。ミリちゃんが主人公。乞うご期待。

松田由宇子アナウンサーの名前は、カープの1軍と2軍の球場名をくっつけたものです。マツダスタジアム由宇球場

由宇球場山口県岩国市にあるのですが、「日本球界最後の秘境」と呼ばれるドドドど田舎です。山の中にぽつーんと球場があるだけの場所だそうで、周囲には遊ぶ場所どころか飲食店の1軒もない(試合日にはタコスの移動販売車が来るらしい)ところだそうです。

さすがに私は行ったことないけど、無料でカープの試合が見られるとあって、熱心なカープ女子が通っているそうです。

確かに、2軍とはいえ有名な選手を目の前で見られる(しかもタダで)というのは魅力ですな。リハビリ中のエルドレット(昨年のホームラン王)ももうじき試合に出られるらしいから、そうなるとファンも詰めかけるでしょうね。

ダイヤモンドに話題を戻すと、当初の予定では、松田アナが中嶋アナの恋心に気付き、2人の仲をひそかに取り持つ…みたいな展開を考えていたんですが、松田アナが思いのほかニブかったのでキャンセル。

あと、天野はもっとぐいぐい来るかと思ってたけど意外と紳士的なヤツでしたわ。もともと悪い子じゃなく悪ぶってるだけ、という設定なので、好きな女の子にはピュアなようです。ケータイ小説的にはあのまま押し倒したほうがウケるのかもしれませんが(;´д`)

レッドヘルメッツは犬ヶ岬を迎えるためにわざわざ26を空けて待ってたんだぜ、って裏ネタは、コアな野球ファンには「すげぇ、君塚さんマジで期待してんだな」って伝わるんだけどねー、野球ファン以外にはイマイチ伝わらないんだろうなぁ…。

ではでは、いざ神宮球場に乗り込んで参ります!

負け続けの我らが広島カープに熱い声援(しょーもないプレイには野次)を飛ばして参りまするっ!

ではまた後ほど、観戦記ブログにてお会いしましょう!絶対勝つぞ、カープ!絶対勝つぞ、カープ