つれづれぶらぶら

お熱さがったお。元気だお。

『ダイヤモンドの王子様!』上原編スタート!

更新情報でーす。

 

予告しておりましたとおり、『ダイヤモンドの王子様!』の…フルで書くと長いな、うん、もう略称は『ダイ王』ってことで(←び~命名)、上原陽介編を開始しました。

犬ヶ岬編の番外編、という立ち位置なので、そんなに長くはならないです。端的に言うと犬ヶ岬編のinnings8の後ろで何が起きたのか、そしてそれはどういう結末に至ったか、という点を描きます。

 

主役はミリちゃん。「野球>>>>>>>>>>恋愛」とキッパリ言い切る根っからの野球女子のミリちゃんですが、あれ、もしかして彼女の心の中は小学6年生の時点で止まっちゃってるんですか?というお話です(ざっくり要約しすぎ)www

 

しかし今回のお話のテーマはそこにあると見せかけて、実は違うという。最初に書いちゃいますが、今回のテーマは「球場に行こう!」です。ていくみーあうとぅざぼーるげーむ、私を野球に連れてって

あ、ちなみに『Take Me Out to the Ball Game』はこんな歌です。

 


Take Me Out To The Ball Game | Kids Songs | Super Simple Songs

 

アメリカでは国歌の次に有名な歌なんだそうです。日本の球場でもちょくちょくかかってるみたいよ。

 

つまるところ、石田敦子先生の『球場ラヴァーズ』と同じテーマになっちゃうわけなんですが、でもね、やっぱ野球はスタジアムで見るのが一番楽しいって話なのよ。

そりゃテレビの前は涼しいでしょうよ、カメラで選手の顔もアップにしてくれるし、今のボールがカーブだったかスライダーだったかの表示もしてくれるし、解説者の方々の懇切丁寧な説明も聞けますよ。

その点、マツダスタジアム神宮球場ハマスタのような屋外スタジアムは、夏はひたすら暑いし、小雨が降ってきたらずぶ濡れになりながら見る羽目になるし、今のプレイ何が起きたの?って思ってもリプレイはないし、もちろん選手の表情もろくに見えやしません。

その代わりに、球場を包むあの「空気」が見える。それを言葉にすることは到底できない。でもそれこそが野球観戦の醍醐味だと思ってる。そして何よりも球場で飲むビールは格別。普段ビールあんまり好きじゃない私が、球場に行くと駆けつけ2杯ぐらいの勢いでガンガン飲んじゃう。おつまみはその「空気」。これが最高のおつまみ。

 

今さら言うまでもなく、作中の「東京クロウズ」は東京ヤクルトスワローズを、明治球場は明治神宮野球場をイメージして書いています。

で、この作品は今書いておくべき作品だと思ったのね。大正時代に設立され、大学野球の聖地として長く都民に愛されてきた「江戸っ子の魂」である神宮球場が取り壊されてしまう、その前に。

神宮球場は今年初めて行ったけれども、本当に歴史を感じる良い球場で、なんだかちょっぴり勿体ないなという気もします。まぁ新球場はきっと立派なものが建つんでしょうけどね。今年もういっぺんぐらい行っておきたいなぁ、神宮。好きだわ、あの球場。

 

まぁそんなこんなで、上原編も愛情を持って作り上げます。

爽やかでドタバタ楽しくて、ちょっぴりスイートな作品に仕上げたいなと思っておりますので、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます!