つれづれぶらぶら

栗林くん早や6セーブ目。うふふ。

カープと科学と上ホルモン~その1【続・ナゴヤドーム観戦記】

嬉しい9月の大型連休、誰が呼んだかシルバーウィーク。こんなに大きな9月の連休は次は2026年までないそうですからね、有意義に活用したいものですよね。

 

…って言ってんのにウチの旦那ときたら、相変わらず「なにそれ美味し(以下略)」ですからね、もう知らん、いつものように息子と遊びに行っちゃるんじゃけえ。

さて、しかしながら、どこへ行きましょうか。

そう考えながら視線の先にあるのはカープの試合日程表ですよ。当たり前じゃないですか、もうペナントレース終盤ですからね。じっとしちゃおれませんよ。

本当は22、23日の神宮球場(ヤクルト戦)に行きたかったんです。なんせヤクルトは今年優勝するかもしれませんけんね。

ほんの3年前まで最下位争いをしてたカープとヤクルトがこの終盤で熱い戦いを繰り広げようとは、そりゃもう胸アツってやつですよ。

で、イープラスで残席確認をしたら、はい早々にチケット完売ですと!!!!がーん。

「♪10月ヤクルト/カープ戦、どんより曇ったデイゲーム♪」は、ビンゴの景品にでもしないと客が入らない退屈な対戦カードだったんですけどねぇ。時代は変わりましたなぁ。

仕方ない、他に近場でカープ戦が見られる試合はないのか。…あった。…うげ、ナゴヤドームか…。

正直、もうナゴドには行きたくない。ドラゴンズは苦手じゃ。ましてや八木投手が出てきた日にゃ、また悪夢を見そうだし。

 

sister-akiho.hatenablog.com

 

どうする、どうする、どうする。さんざん悩んだあげく「いや、ファンが弱気になってどうすんじゃ!!!!」と広島魂に火をつけて、チケット購入。JRの切符も購入。ホテルも押さえた。よし。

 

そして出発前にスポーツニュースをチェックすると、

 

【本日の先発投手 広島:前田健太 中日:八木智哉

 

んがああああああ。また【広島キラー】こと八木智哉かあああああ。

 

蘇るトラウマに悪い予感を募らせながら、一路名古屋へ。

さて、今日の試合はナイターなので、8時間ほど余裕があります。何をしましょっかね。子供が喜びそうな場所は…っと。

実は、職場の先輩(ドラゴンズファン)にオススメのスポットを教えてもらっていたのでした。それは名古屋市科学館

 

名古屋駅から地下鉄で名古屋市の繁華街「栄」へ。

さて、ここで名古屋市の観光にお得な情報をひとつ。

それは「ドニチエコきっぷ」。市内地下鉄と路線バスが1日乗り放題になる休日限定のお得な切符です。大人600円、子供300円なので、少なくとも3回以上地下鉄に乗るなら絶対に買うべき。

しかも主要な観光スポットの割引サービスも受けられる。ちなみに名古屋市科学館は料金の10%引き。プラネタリウム無しの大人料金が400円⇒360円になります。

あ、名古屋市科学館はですね、中学生以下の入館料は【無料】です。名古屋市さん太っ腹やな!!!

 

で、その名古屋市科学館ですが………いや、ハンパなかった。すんません、公立の科学館ってんで、正直なめてました。すんません。スケールはんぱねえっす。やっぱ名古屋市さんパねぇっす。

あまりにも展示内容が多すぎるので、詳細は↑のリンクから公式サイトをご覧くださいなのだけれども、えーとね、一言だけ言っとくよ。

 

『超混む』

 

この詳細はまた後ほど書くこととして、展示物の内容自体は本当に素晴らしいの一言です。

ウチの息子は「地下から地球を解き明かす-ボーリングコア-」の展示物に特にハマってた。これは、テーブルの上を回ってくる「石」のサンプルを観察する仕掛けなんだけど、その石がどこで採れたか、その組成は何か、それらの事柄から何が分かるのか、をゲーム仕立てで教えてくれるコーナー。要するに地学の領域ね。

まだ小学校1年生の息子にはよく分かってない感じだったけど、石を画面に接触させると色々なゲームができるのが楽しかったみたい。いや、大人でも充分に楽しめますよ。

 

さて、もうちょっと展示物を眺めていたかった気もしますが、そろそろナゴヤドームへ向かわなくては。いざ!出陣!!!!

 

***

 

地下鉄で「ナゴヤドーム前矢田」駅へ。

この駅ですが、『球場ラヴァーズ』で「ナゴヤドーム前矢田駅は、駅名を“ナゴヤドーム前っぽい駅”にして!」とクレームつけられていたとおり、駅を下りてからスタジアムまでがとにかく遠い。ひたすら歩く歩く。次第に増えていく赤いユニフォーム。

個人的な印象なんだけど、ドラゴンズファンの人ってあんまりユニフォーム着てないよね。ドラゴンズ帽の子供も見ないし。対してカープファンは揃いも揃って「ユニフォームとカープ帽着用」なんだよね。

いや、どっちがイイとかそういう話ではなくてね。と思いつつ、私も正装に着替えます。背番号20、永川さんは1軍にはいないけど。

 

さて、試合開始。

本日のカープの先発ピッチャーは、我らがエース・マエケンこと前田健太

相手の先発が今季さんざんにカープを苦しめてきた八木智哉だというのが不気味ですが、いや前回マツダで勝ったしね?いくらなんでも、もう対策もできてるでしょーし、大丈夫っしょ。

…と思っていたら、さっそく1回表で鈴木誠也がタイムリーで先制点。いきなり宮島さんの大合唱。わっしょいわっしょい。

ああ、ハイボールが美味しいなー。ほんのり酔いも回ってきた。

マウンドに目を向けると、マエケンがいつものようにしなやかに腕を振って相手バッターをサクサク片付けてる。

ああ、やっぱカープのエースはアンタだよ、マエケン。来季にはアメリカに渡って、メジャーの強打者をバッタバッタと切り捨てるんだろうな。

ああ、そうだな、これで私にとって「カープマエケン」を見るのは最後になるんだろうな。あ、なんか視界がにじんできた……

 

……そんな感傷をぶっ壊す、それはあまりにもトートツに始まった、マエケン大炎上(´゚д゚`)

 

どどどどどしたのマエケン。フォアボールに悪送球、んでヒットぱっかんぱっかん打たれまくりまくりまくる。

カープファンぼうぜん。僕らのエース・マエケンがあれよあれよと5失点。

感傷の涙も引っ込む大番狂わせ。そして入れ替わりに、ふつふつと沸き起こる怒り。うおりあああああなにしよんじゃあマエケエエエエエン!!!!!

んで、打線はやっぱり八木さんの前に沈黙。おまえらあああやる気あるんかあああああ!!!!

あまりにも腹が立って、もうヤジを飛ばす元気すらない。しゃーないので近くの席の人達と愚痴りまくる。

斜め後ろの席のカップルははるばる広島から来た熱心なファン。高い交通費を払ってこの展開は悲しすぎるっす。

真後ろの席の親子連れは、ひたすら「ルナに気をつけてー」と叫び続けていたけれど、マエケンには届かなかったらしい。ほらね、やっぱり打たれちゃった。とほほ。

 

結局、えーと、なん対なんぼで負けたんかいの、もう腹が立って試合の内容もよう覚えとらんのんよ、スポーツナビで確認しましょう、あー8対2ですか、最後にアツがタイムリーヒットを打ったことすら忘れてましたわ。そういやぁヤケクソで宮島さんを歌い踊った記憶がうっすらと。

 

んで、行きも駅からドームまでの道のりが長いなぁと思っていたんですが、帰り道はなおさらですわ。もう1歩ごとに「ありえん」「なんなん」「やる気あるん」「ありえん」「信じられん」と怒りの言葉がこぼれ落ちる始末。

ぶつぶつ言っていてもアブナイ人にしか見えないので、やっぱり近くを歩いている人達に無理やり絡む。いや、皆さんも同じ気持ちなので、話しかければ皆さん必ず答えてくれますよ。

なんでウチは八木が打てないのか、丸の不調はどうやったら回復するのか、新井さんはもう今季は諦めるべきじゃないのか、とか歩きながら話し合う。

大阪から来たというキップの良いお姉さんは、ウチの息子に向かって「もうな、お兄ちゃんな、大きゅうなってカープに入ってな、でっかいホームラン打って、カープを助けてや?」と言う。ああもう見知らぬ子供にさえすがりたくなる悲壮なカープファン…って、これは関西人ならではのウィットやな(;´Д`)

 

ともあれ、これで今季の野球観戦はおそらく最後だと思う…んですが、えーと、ここまでをまとめてみると、

 

4月 ナゴド 黒田/八木 ★ 八木の前に手も足も出ず

5月 神宮  ジョンソン/石川 ☆ 小窪の満塁HR

6月 横浜  ジョンソン/山口 ☆ 盛り上がる打ち合い

8月 マツダ 九里/小川 ★ 雨の中の悲惨な苦行

9月 ナゴド 前田/八木 ★ もう八木は見たくない

 

……むむー、今季の観戦ゲームは勝率が悪いッッッ。昨年は3戦3勝でしたからね。むむう。このまま負け越しは気分悪いのう"(-""-)"(←おいまだ行く気か)

 

とりあえず、セリーグの球場は甲子園を除いて全部行ったんで、来季こそ甲子園に攻め込みたいなぁ。パリーグの球場にも行ってみたいなぁ。