つれづれぶらぶら

ジャイアンツさんCS進出おめでとうございます。楽しかったけんええわ。

ナゴヤ球場観戦記(春季教育リーグ)

三寒四温なんて言葉もあるぐらい、暦の上では春と言いながらもまだまだ寒い今日この頃。

し・か・し、確実に春はやってきておるのです!

 

そう、【球春】という名の!!!ヾ(o´∀`o)ノ!!!

 

いやまぁ、野球好きにとっては昨年の秋から胃の痛くなるニュースが続いておりますよ、あれやこれや色々とね。

で・す・が、じゃあ野球が嫌いになったか、もう見たくもないか、と聞かれると、んなわっきゃない。

あれはあれ、これはこれ。春になったら野球が見られる、その喜びが身体中を駆け巡るのが野球ファンのロマンシング・サガってもんですよ。

 

でね、今季はちょっとした事情もありまして、パ・リーグ東北楽天ゴールデンイーグルスのファンも兼務することになりました。

いやぁ、もともと楽天には好きな選手が多いんだ。則本でしょー、松井稼頭央でしょー、それに今年から元カープ栗原健太が移籍したんですよ。山形の焼肉屋の子ですけん、東北の皆さん応援したってくださいねー(*´▽`*)

 

んで、既に4月1日のコボスタ宮城での楽天対西武の試合を観戦する計画は立っておりまして、もはやホテルとJRの切符は確保してある。初めての仙台、嬉しいな。わくわく。

 

………で、でも、…その、なんだ、…えーと。

 

やっぱりアタシの胸の奥の広島魂が叫ぶのよ。

あんたぁ、シーズン初めの野球観戦がイーグルスでホンマにエエんかい、と。あんたぁ、ホンマにそれで満足するんかいね、と。

 

んなわっきゃない。

 

最近はようやく「野球が好きです」と公言できるようになってきたけれど、それでもアタシはやっぱり野球よりもカープが好きなの。

カープが好きなの。一番好きなの。明けても暮れてもカープが一番大切なの。

じゃろう!やっぱりシーズンの幕開けはカープじゃなけんにゃぁいけんじゃろう!

…と思いまして、カープの春の試合スケジュールを睨んではみたものの、…うげ、スケジュールの合いそうな日程がない。

さすがにカープの試合を見るためだけに広島やら福岡には行けれない、3月のくっそ繁忙期に平日堂々と仕事を休むほどの無責任さもない、うーんなんとか近距離でカープが見れる機会は………と、

 

…………あ。あった。

 

3月12~13日の土日の名古屋!

1軍じゃなくて2軍、しかも公式戦じゃなくて春季教育リーグ(非公式戦:ファームのオープン戦)だけど、でもこの際それでもいい!っつか、アタシの大好きな永川さんも梵も中東も堂林も今ちょうど2軍だしッ!!!

 

しかし、さっそくホテルを予約しようと楽天トラベルを見たら、なんと空き室がほとんどない。残ってるのは1泊8万円の部屋とか、そんなんばっかし。

調べてみたらちょうどその日、名古屋で大きなマラソン大会が開催されるらしい。しょぼん(´・ω・`)

駄菓子菓子、それで諦めるアタシではござらん。出張族時代に鍛えたネット予約の腕を舐めんなよ。

実は、この手のホテル予約サイトはおおむね前日からキャンセル料が発生することが多いので、直前まで満室だったホテルも前日になると空きが出たりすることがあるんです。

で、3月11日の昼休み、ケータイで楽天トラベルをチェック………おっけ!やっぱり空いてたァァァァ!

ぽちっとな。

帰宅してからササッと旅支度を整えます。いつものカープ専用バッグに応援グッズ…は要るのかなぁ?なんせ2軍の試合を見るのは初めてなので勝手が分かりませんのよ。とりあえず永川ユニと双眼鏡、一応カンフーバットも入れておこう。

 

翌朝、息子の手を引いてJRに飛び乗り。

おっと、息子のクラスメイトにばったり遭遇しちゃった。お父さんと一緒なのね、おはようございます。

「どちらへ?」

「ええ、ちょっと名古屋へ」

「(息子のカープ帽を見ながら)カープファンなんだね」

「うん、お母さんがカープ好きなんだ」

「へー。僕も昔は中日ファンだったんですよ」

「実は、カープの試合を見に行くんです」

「おや、今日は広島戦だったかな。ナゴヤドーム?」

「いえ、ナゴヤ球場に、2軍のオープン戦を見に」

「…………(しばし絶句のあと、溜息まじりに)………ホントに好きなんですね」

「ええ」

 

息子のクラスメイトのお父さんに呆れられてしまった。まぁいっか。そんな会話をしつつ、列車は名古屋へ到着。

1軍本拠地のナゴヤドーム名古屋市の郊外にあるんだけど、今日行くのは市内の割と中心部にあるナゴヤ球場。ドラゴンズの旧本拠地にして、現在のドラゴンズ2軍本拠地球場でござーい。

f:id:sister-akiho:20200131181604j:plain

入口で観戦チケットを購入。大人500円に小学生100円=たったの600円(≧▽≦)

ではいよいよ、中に入るぞッッッ!!!!

 

全席自由席、とのことなので、とりあえず観客席に出てどこに座ろうかなと見回すと、お、あそこ空いてるな、と思ってなにげなく座った席がとんでもなかった。

f:id:sister-akiho:20200131181746j:plain

 

ちょ、ちょっと待ってくれ、こ、此処って、もしかしなくても【バックネット裏】ってゆーアレですか?

1軍公式戦ともなれば、球団関係者や企業の偉い人、あるいはタイガース戦における渡辺謙ぐらいしか座れないっていう、あの野球ファン垂涎の特等席ってヤツじゃないですか?Σ(・ω・ノ)ノ!

f:id:sister-akiho:20200131181853j:plain


う、うああ、選手がすぐ目の前におる。すげぇ近い。近いんすけど!

前の席(最前列。私らは2列目)のオジサン2人が、私が初めてのファーム観戦と知ってか、優しく話しかけてくれる。

ちなみにオジサン2人は赤の他人同士。私と息子を含めて4人、和気あいあいと話が弾むけど、実はまるっきりの他人だというね、こういうところが野球観戦の面白さなのよね。

お客さんの入りは予想していたよりは多かった。その客層の95%ぐらいがオジサンもしくはオジイサン。

茶色の合皮のジャンバーを羽織り、片耳にはラジオ、手には新聞という、馬券売り場の前でよく見かける格好の人達が圧倒的に多かったっす(;´∀`)

でも、何人かは若い人もいて、カープのユニフォーム姿も数人いたので、ならば私もと、永川ユニをプットオン!観戦スタイル完成!

 

そうこうしていると、試合が始まりました。

f:id:sister-akiho:20200131182329j:plain


うーんやっぱりバックネット裏の眺めはすげぇわー。こんなんテレビでしか見たことのない光景やわー(*'ω'*)

 

さて、ここで改めて整理しておくとですね、今こうして見ている試合は【2軍のオープン戦】。

そもそも「オープン戦」という言葉は和製英語で、英語ではエキシビション・マッチ。すなわち公式の試合ではない、簡単に言えば「練習試合」みたいなもん。

2軍(ファーム)というのは、色々な事情で1軍に上がれない選手が、いつ1軍から声がかかってもいいように練習する場所なのです。

ちなみに2軍については『ダイヤモンドの王子様!――犬ヶ岬健一編――』という作品に詳しく描かれているそうですよ(=゚ω゚)ノチャッカリ

 

つまり何が言いたいかとゆーとですね、息子の同級生のお父さんに絶句されるまでもなく、かなりコアな野球ファンの世界ってことですよ。

 

今までに見に行っていた1軍の公式戦は、そりゃもう熱狂的な応援でひたすら盛り上がる世界だった。野球を知らんでも大声で歌ったり跳ねたりして楽しむことができる。

それに対して、2軍の春季教育リーグのお客さん(ほとんどがオジサン)はとにかく静か。腕を組んだまま、じーーーーーっと真剣に選手の様子を見つめています。

競馬に例えるなら、1軍公式戦は華やかなレース。桜花賞菊花賞日本ダービーと、美しいサラブレッドが華麗に駆けていくのを熱狂的に見るものだとすれば、ファームの試合を観戦するのは出走前のパドックを見に行くようなもの。

さらに言えば、春季教育リーグなんてーのは、寒い寒い北海道の牧場に行って「今年はイイ馬おるかね」とか「この仔馬は毛並みがいいね」なんて言うとるようなもんですよ。相当マニアックな世界ですよ。

 

というわけで、私もカンフーバットはカバンの中にしまったまま黙って試合を見ていたんだけど、たまに声援を送る人もいて、そのタイミングに乗っかって「なっかひがしーぃ!がんばりんさいよー!」とか叫んでみたわけですよ。

したら、もう、もんのすごく声が響いちゃって。なんせ皆さんお静かに観戦なさってるから。女子供の声って高いから外野にまで響いちゃって、もう。

後ろのほうの席から、ざわ…ざわ…って感じで「広島弁だ」「“しんちゃい”とか言ってる」「広島からカープの追っかけに来てるのか」とか言われちゃって、もうもう恥ずかしーい!

で、でもっ、それで恥ずかしがるような年じゃないもん!アタシもうオバハンだもん!恥も外聞もないオバハンだもん!(威張るな)

その後もちょいちょい叫ばせて頂きました。あは。だって選手に声を届けたいんだもん。

 

ちなみにアタシ、犬ヶ岬編を書きながらちょっとした不安があったんですよ。

犬ヶ岬が2軍の試合中に観客のヤジを受けて意気消沈、というシーンでね、「うーん、観客の声がこんなふうに選手に聞こえたりするかなぁ?」って思いつつ書いてたんです。

なんせ1軍の公式戦は常に応援団のトランペットやら場内放送やらで騒がしいもんで、正直、「聞こえないんじゃないかなー」なんて思ってました、はい。

 

……………んなわきゃなかったね。丸聞こえだね。かなりはっきり聞こえちゃうね。そりゃ犬ヶ岬も落ち込むわな…(;´∀`)

 

さて、試合の中身について。

 

カープは、打撃のほうはまずまず。中東も梵も上本も堂林も「目の覚めるような当たり」ではないけれど、ヒットは多め。まぁまぁ順調かな。

ピッチャーに目を向けると、先発投手の中村祐太は割と落ち着いて投げてた。1軍への道はまだ遠い感じだけど、この調子で経験を積んでってほしいかな。

次に投げたのは久本投手。ひさもっさんは手術あけで、まだリハビリ中って感じだったけど、さすがはベテラン、球威はなくても上手くバッターを翻弄して難なくお役目終了。

 

…と、そこで前の席のオジサンがふとグラウンドの端にあるブルペンを指差す。

 

「お、あそこ、永川が出てきたよ」

 

ぬおおおおおおおおお!ながかーーーーーさーーーーーん!!!!

f:id:sister-akiho:20200131182637j:plain


嗚呼、長かった、思い起こせば去年の春、ナゴヤドームで永川ユニを買うと心に決めてからというもの、アタシがそれを着用しようとすると永川さんは1軍から落とされる…という悲しい日々が続いておったのじゃ。

でもここでようやく、アタシの想いを永川さんに届けることができる!永川ユニをサッと脱いで、フラッグのように胸の前に掲げて、ゆっくりとマウンドに向かう永川さんを見守ります。

ピッチャーの真正面のバックネット裏だから、このユニが永川さんの目に入らないことはないだろう、と心に信じて、頑張れ、頑張れと祈りを捧げます。

先頭打者にはヒットを打たれたものの、その後はサクッと仕留めてお役御免。お疲れ様でしたヾ(o´∀`o)ノ

 

…ん、まぁ、ここまでは良かったのよ。ここまではね。

 

その後がひどかった。今井投手が危険球で退場、続く飯田投手はなかなかアウトが取れず、ようやく9回裏の2アウトまでたどり着いたもののそこからが長いのなんのって(;゚Д゚)

飯田投手に代わって出てきた西原投手がまたまた危険球退場。おい何しに出てきたんじゃ君は(; ・`д・´)

で、急きょ出てきた藤井投手が、手こずりながらもようやく最後の1アウトを取って、なんとか試合終了。とりあえずカープがかろうじて勝ちましたけど、この場合、勝ち負けは全く問題にならないからね┐(´д`)┌

 

ブルペン前ではピッチャー陣が、佐々岡コーチを囲んで反省会の真っ最中。

ああ、こんな近くでながかーさんが見られるなんて………やっぱ来て良かった……(´艸`*)

f:id:sister-akiho:20200131182950j:plain

 

しかしまぁ、ファーム観戦というのは1軍の試合を見るのとはまた全然違って、これはこれですごく面白かった(興味深かった)です!

選手との距離がものすごく近いし、回りのオジサン達に教えてもらいながら野球を勉強できるのも楽しかったっす!

ちょっとハマっちゃいそうかもーーーーーーヾ(o´∀`o)ノ