つれづれぶらぶら

花粉症持ちにとっては例年以上につらい春です(主に精神的に、周囲の視線が)

最近のあれこれ(2016前半)

なんか最近、このブログ、旅行記という名の野球と水族館の話ばっかしてる気がしますなぁ。 ってなわけで、その他の最近の小ネタをまとめて呟きまーす。

 

***

 

まずはトミー宛て。 4月に仙台に持って行けば良かったと思っていたモノを遅ればせながらUPしときまっせ。

f:id:sister-akiho:20200119000655j:plain

“コイちゃん”こと、うちの息子が描いたタイムファイヤーでーっす。

ほっとくとずーっとロボットやらヒーローやらの絵を描いている息子ですが、このタイムファイヤーはその中でも丁寧に描けたほう。

ちなみに紙がくしゃくしゃな理由は、これを描いていた頃、息子は悪い夢に悩まされてたらしくてね。お守り代わりに枕の下に敷いてたのよね。 効果があったのか、それ以降は夢の話をしなくなったんだけどさ。ありがとう滝沢直人。

てかこんな話をしていると無性に「明日が来ない」が見たくなるなぁ(≧▽≦)

 

***

 

2~3月頃に作ったまつぼっくりアートまとめ。

 

いつも息子の面倒を見てくれている義母へのプレゼント。

f:id:sister-akiho:20200119000850j:plain

カラマツとかの小さめのまつぼっくりを百均の写真立てに配置したもの。 これに息子の写真を入れて贈りました。喜んでもらえたから嬉しいな(^ー^)

 

f:id:sister-akiho:20200119001034j:plain

 まつぼっくりで作ったミニチュアツリーのマグネット飾り。

着色したまつぼっくりの底にマグネットを接着して、ダイソーのネイルアート用グリッターをちまちま載せたら完成。

ただ、接着剤代わりにマニキュアを使ったもんで、冬場の密閉された部屋の中ではかなりキツかったっす。シンナーの匂いが。

f:id:sister-akiho:20200119001145j:plain

ジャムの空瓶でミニチュア作り。冬と春の風景。

冬のほうは、白い紙粘土を瓶の中に盛りつけて、↑で作ったミニチュアツリーを真ん中に配置。

紙粘土の雪だるまと、消しゴムのプレゼントボックスを両脇に飾って、雪に見立てた透明ビーズを少量入れたら完成。

f:id:sister-akiho:20200119000951j:plain

春のほうは、まず緑色のフェルトの表面を引っ掻いて薄くしたものを茶色のフェルトに被せて、芝生風の土台を作りましてん。 その上に無着色のまつぼっくりを配置して、ピンク色のフェルトをほぐしたものをふんわり被せ、ピンク系のグリッターを散らしました。

 

***

 

昨日、ついに例のアレを食べてきました(*^▽^*) 山梨県北杜市の和菓子屋さん「金精軒」の「水信玄餅」!!!

f:id:sister-akiho:20200119001707j:plain

 んもー、見て見てー、このぷるっぷるの透明な水の固まりを!

南アルプスの天然水を寒天で固めたものなんですが、本当に「水」そのもの!なのよ!

あまりにも繊細すぎて運送が一切できず、食べようと思ったら直接店に行くしかない。

そんなわけで田舎にぽつんとある店だというのに、早朝からお客さんが行列を成していました。

整理券を貰って待っていると、おお、来た来た。

信じられないほど透明でぷるぷる震えるそれは、匙を入れても意外と形が崩れず、でも口に入れたとたん一瞬で消えてしまう。口の中に残るのはほのかな甘み、そして澄んだ水の味だけ。

夏場の土日、しかも午前中しか販売していない幻のお菓子。こちら方面にお出かけの際はぜひどうぞ。

 

***

 

negiccoの新譜『ティー・フォー・スリー』を買いました。

 


Negicco 3rd Album 「ティー・フォー・スリー」全曲試聴トレイラー映像

 

negiccoは新潟のご当地アイドルとして、最近はだいぶ全国的に知名度が上がってきたんだけど、未だに新潟とネギにこだわり続けるところに好感が持てます。

素直で素朴な可愛らしさがnegiccoの魅力で、シングルカットされた『ねぇバーディア』なんかはまさに王道ネギネギ。

一番気に入ったのは『江南宵唄』。これまでになかったアダルトな雰囲気で、セクシーなウィスパーボイスにぞくぞくっとします。

ただ、江南っていうから韓国のカンナムのことかなと思ってたら、実は新潟市の地名だっていうね、やっぱりnegiccoのこういうトコ好きだわーーー!!!