つれづれぶらぶら

花粉症持ちにとっては例年以上につらい春です(主に精神的に、周囲の視線が)

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』(偏愛的感想)

正式名称は『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』というらしいです。年々長くなってないか。

 

久しぶりに仮面ライダーオーズの映司とアンクのコンビが復活するってんで、辛抱たまらず映画館に足を運んだ次第なわけですよ。

…ごめん、ゴーストあたりからろくに仮面ライダー見てないんだけどさ(;´Д`)

エグゼイドにいたっては途中ぐらいから息子が裏番組(テレビ東京の「ポケモンの家あつまる?」)を見てたもんで、前半の登場人物しか分からないという。あ、キリヤさんは好きよ、うん。

 

そんなわけで、メインの物語がぼんやりとしか分からない人間が映画を観に行きましたもんで、まともな感想が書けるわけがない。

じゃあ感想なんか書くなよと言われそうだが、いや、待ってくれ、頼む、これだけは、これだけはどうしても言わせてくれ…!

 

………アンク、めちゃくちゃ可愛い……ッッッ!!!

 

あーもうアンクが可愛かったので大満足です。トミー、やっぱ愛があるよね!あれ!ちゃんと愛があったよね!

脚本家の方のそれぞれのゲストライダーに対する敬意が感じられたというか。

オーズに関して言えば「手を掴む」ことの重要性ね。確かに靖子にゃんだったらもっと違う書き方になるだろうなとは思ったけど、でもアンクの復活はあれでいいんじゃないかしら。

だって、地上に降りた瞬間の翼の生えたアンクちん、まるで宗教画の天使のようだったもの(*'ω'*)

しかもその直後の映司くんの目がウルウルしてて。あれは演技だけじゃないんだろうなぁ。アンクおかえり(´;ω;`)って、ホントに思ったもん。

アンクがメダルを投げて映司がそれを受けて久しぶりの変身するくだりのとこ、映司がすぐに変身しないでタメるあたりも、もう!泣かせるんじゃないわよ!(´;ω;`)

 

あ、映司くん、確かにちょっとぽっちゃりしてたね。登場時に(科捜研の差し入れ食い過ぎ…!)と思って軽く噴き出したわよ。もう。トミーのせいだぞ(ーー゛)

アンクのほうは完璧。りょんくん仕上げてきたなぁ。きっちりあの頃のまんま。可愛くて可愛くてもう。

ラストの、アイスを食べながら――――のとこなんか、たまんないわよね!ホントもう美しくて!

 

オーズファンにとってはなかなか美味しい展開だったのではないでしょうかね。出番自体はそう多くはなかったけど、印象に残るシーンが多かったように感じました。

 

いやもう、何度でも言うよ、アンクちん可愛い。

 

えーっと、アンクのことばっか言ってても無限ループしてしまうだけなので、他にもちょっと目を向けてみよう。

 

 

監督さんは、えーっと、この映画が銀幕デビューなのね。今までのテレビシリーズの助監督さんかぁ。

今までの作品へのリスペクトの強さを感じたんだけど、監督さんの意向もあるのかな。

仮面ライダーの伝統といえばバイクスタントだけど、今回の映画ではバイクアクションシーンがかなりの長尺で、一番の見せ場として位置づけられていたように思います。

 

あと、ガタキリバが出ると思わず「予算は?」って気になっちゃうよね(;^ω^)

 

先輩ライダーたちは、オーズも含め、皆さんやっぱりさすがの仕上がりでしたよ。

福士蒼汰くんなんてすっかり売れっ子になっちゃって、今じゃもっぱら壁ドン王子という感じだけど、きっちり「弦ちゃん」だったもんねー。

あ、ユウキちゃんは宇宙飛行士になれたのね、それでロシアに、あ、そうなんだ、へー、良かったね、そっか、てっきり神の国にむぐむぐむぐ。

 

オーケンさんの顔のひび割れを久しぶりに見た気がします。懐かしいなぁ筋肉少女帯。ぼよよんぼよよん。

 

 

 

 

 

 

で、…ね、あの、最後にもう一つだけ、どうしてもモヤモヤするから、これだけは言わせて。

 

 

 

 

 

鎧武チーム、せめてもう一人くらい、なんとかならんかったんか…?

 

オーズチームは映司とアンクでしょ、ゴーストチームはタケルと御成でしょ、フォーゼチームは弦太朗にJKに大杉先生…ときて、鎧武はどうして「ぼっち参戦」だったんだ?

ラストシーンが悲しかったもんね。ビルドとエグゼイドは仲間達の元に戻り、フォーゼは学園でわちゃわちゃ、タケルと御成は寺でイチャイチャ、オーズは例のアイスのくだり…ときて、…だよ。

 

葛葉紘汰は橋の上でぽつーん……(´;ω;`)

 

せめて、そこはさぁ、ミッチとか、ナックルでも城之内でもいいよ、誰でもいいからさぁ、…ねぇ…(´;ω;`)