つれづれぶらぶら

花粉症持ちにとっては例年以上につらい春です(主に精神的に、周囲の視線が)

よっちゃん殿と滑り台と謎の銅像

さて、草薙球場を後にした私と息子が次に向かった先、そこは……

 

……って、もったいぶらナくても分かっちゃうよナ!せっかく静岡市内に来たんだもんナ!「駅南銀座商店街」に行かないわけがナいナ!

時刻は既に17時過ぎ。今回こそは、前回行けなかった“セッシャーロケ地巡りのメッカ”であるところの「ファミリー食堂 さいとう」さんに何が何でも行きたかったわけなんだが………

 

………やっぱ、閉まってた………orz

 

店の扉に貼ってあった営業時間のお知らせによれば、平日は10時から19時までなんだけど、土曜日は16時までなんだってさ。で、日曜日は定休日なんですと………orz

後で調べたら食べログにもちゃんと書いてあったわ。ううう……(´;ω;`)

 

でも、まだ聖地はあるもんね!そう、記念すべき第1話の舞台となった、

f:id:sister-akiho:20200126195338j:plain

清見そば」さんでーーーす!

そう、「清見そばはラーメンが旨いんだ」というジジイの名台詞でお馴染みの清見そば!

もちろん迷うことなくラーメンを注文します。見ていると他のお客さんもほとんどがラーメンだったわ。

すぐに出てきた、ラーメンはというと。

f:id:sister-akiho:20200126195412j:plain

他の店のラーメンとは明らかに違う、上品であっさりとした醤油ラーメン。

何といっても麺が美味しい。極細のストレート麺。ツルツルっとした舌触りで、あっという間に完食してしまった。なるほど、蕎麦屋のラーメンだなぁと思わせる逸品です。これでワンコイン、500円。やす!

息子はというと、カウンターの上にさりげなく置かれたセッシャーの写真立て(色々な写真をコラージュした色紙のようなもの)をまじまじと眺めておりました。時おり「手打ち、メーン!」と小声で呟いてたりして。

あ、そうそう、清見そばの美人奥さんはやっぱり美人でした。分かる人には分かる話題だが、うん。

 

その後はそのあたりのお店をぶらぶら…と言いつつ、やっぱり今回も八百屋さんの「ヤマイシ」さんに立ち寄ってしまう。前回、ここのお店で素晴らしいもてなしを受けたので、やっぱり行かずにはおれないのですよ。

ヤマイシさんの中を覗くと、前回と同じく、奥さんの「いらっしゃいませー」という朗らかな声が響く。そして、もう一人、大柄な男の人がお店の奥から出て来られる。

……って!「よっちゃん殿」ではないかッッッッ!!!!

セッシャーのドラマの中にけっこう頻繁に登場する商店街のリーダー的存在、それが「よっちゃん殿」。そのドラマで見たそのまんまの姿が目の前に!

思わず「よ、よっちゃん殿、ですかっ?」と極めて失礼な呼びかけをしてしまったにもかかわらず、よっちゃん殿はにこやかに笑って「そうです~」と返してくれる。

ヤマイシさんは今でもセッシャーを好きでいてくれるファンのことを大切に思ってくれているらしく、買い物ひとつせず商売の邪魔をしている私に対して、もう恐れ多くてひれ伏したいぐらいに、親切にしてくれる。

もうグッズはほとんど扱ってない、と言いながらも、よっちゃん殿が「ちょっと待ってて」とうちの息子を呼び止め、店の奥の方から何かごそごそ持ち出してきてくれた。

f:id:sister-akiho:20200126195515j:plain

「あげる」と渡してくれたのは、なんとセッシャーとスプラッシュ星人の紙のお面セット!!!!!

それを奥さんがわざわざ丁寧に袋に入れて、ちょっと待ってよ、あたし何にも買い物してないのに、お仕事の邪魔しかしてないのに、と恐縮してる我々を、わざわざ店の外まで出て見送ってくれる。

「是非またいらしてくださいねー」って、優しく手を振ってね。

もうホント、あああああ、アタシったら気が利かないんだから、ミカンの一個ぐらい買えばよかった、貰ってばっかりで、もう、もう………(ノД`)・゜・。

 

で、お面はねぇ、息子が「これ、トミーちゃんにあげたらきっと喜ぶよね?」と嬉しそうに言うので、えーと、いつかどこかの機会で渡せたらいいな。

よっちゃん殿からも「仙台のお友達によろしく」との伝言を預かっているし。えへ。

 

で、その後は、ちゅーくりーむでお馴染みの和洋菓子店「ふりあん かどや」さんへ。

ケーキも和菓子もどれも美味しそうなんだよな。迷ったあげくに息子はイチゴ大福、私はケーキを買いました。

 

その袋を下げてさらに歩くと、おや、もしかしてこの小さな神社は………?

f:id:sister-akiho:20200126195633j:plain

スプラッシュ星人の潜伏先、商店街の集会所、最終決戦などなど、ドラマの中に頻繁に登場するあの神社(千勝浅間神社)ですよ!

ああ、この鳥居をくぐるだけでも色んなドラマが蘇ってくるなぁ……(*^_^*)

 

 

さて、翌朝。今日は息子の接待日。

心配していた天気もすこぶる良好で、これなら息子と約束していた場所に行けそうだなっと(*'▽')

 

息子と旅行というと、いつも水族館巡りなんだけど、今回はちょっと趣向を変えて、動物園に行ってみましょう。

静岡駅からバスで30分ほどのところにある、静岡市立 日本平動物園です。

いやー、うちの息子、5歳ぐらいの頃から動物園に対して全然ノリが悪くてさ、キリンもゾウも全部スルー、もう行こうよママ、って感じだったんで敬遠してたんですけどね。

でも、こないだ井の頭動物園に行ったら意外にも面白がっていたんで、おや、これは動物園への再チャレンジのタイミングかな、と。

あとね、決め手になったのが、この日本平動物園には「日本一長いローラースライダー(滑り台)」がある、ってことなんです。

それを息子に話したら、絶対に乗ってみたい!ってことだったんで、私も気になるし、じゃあ行こうねってことで。

 

開門と同時に動物園に入り、とりあえず真っ先にローラースライダーのある遊園地ゾーンへ。

f:id:sister-akiho:20200126195740j:plain

まずは、「オートチェア」と名付けられたリフトのような乗り物に乗って(有料)、山頂を目指します。山頂からは静岡の街が一望できて、富士山も見えて、なかなかに良い眺め。

ローラースライダーのチケットを買って係員さんに渡すと、軍手と敷物を貸してもらえます。何しろ全長390メートルなので、軍手と敷物がないと手や尻が焼けてしまいますんで。

息子が先に出発し、私も続いて、ひゃっほーーーーーー。

うねうねと曲がりくねったコースは、けっこうスピードも出て、適度なスリルでめっちゃ爽快。た~~~~~の~~~~~し~~~~~!!!

長い長いコースを滑り終えたら、軍手と敷物を返して、息子と「面白かったねー」なんて言い合いながら、動物園へと戻ります。

 

それはいいけど、動物園の入口にあるコレ↓、いったい何なのwww

f:id:sister-akiho:20200126195821j:plain

有名な芸術家さんのオブジェらしいけど、すんません、どう見てもアメトーークチュートリアル徳井が書いた絵にしか見えませんwwww

 

レッサーパンダやペンギンや大型肉食獣、夜行性動物や爬虫類など、テーマごとによくまとまって展示されていて、分かりやすかったですね。夜行性動物館でのエサやりの説明とかも、すごく興味深かったです。

それから「ヒト」の檻もあるんだよwww中に息子が入って、ロープにぶら下がって遊んでるところを写真に撮ったりして笑いました。

 

ふれあい広場は、たどり着いた時にはちょうど午前の受付が終了されたところで、あーあ、と思っていたんですが、ヒヨコやモルモットをケージに戻す作業のお手伝いをさせてもらいました。ヒヨコ可愛い(*´ω`*)

 

ところで、息子がなぜかトートツに「僕は今からガイドさんです」と宣言して、色々な動物を私に紹介する“ごっこ遊び”を始めてしまったのでした。

また変なこと始めたなぁ、と思いつつ付き合っていたのだが、このガイドさん、ちょっと頼りなくて、しょっちゅう動物の名前を忘れてしまうのであった。

仕方ないので、「お客さんはちょっとよそ見をしていまーす」と言いながらそっぽを向いていると、その間に息子が説明看板を読み直してきて、ドヤ顔で説明する、とwww

 

こんな感じで、久しぶりに動物園を楽しんだのでありました。天気が良くてよかった!

また静岡に行くぞーーーー!!!!!