つれづれぶらぶら

さんれんきゅーさんれんきゅーヤッホーヤッホー♪

探していたものに出会える喜び♪

「こんなもの買いました」のおはなし。

 

私はあんまり物欲は強くないほうだと思うんです。

躊躇なく財布を開くのはカープグッズぐらいで、他はまぁ、可愛いな~とか綺麗だな~とか思うことはあっても、すぐに財布は開かないほう。

だって、だいたいのものは一晩寝たら「…んー、まぁ、なくてもいーや…」って気持ちになっちゃうんだもん。

だもんで、一晩寝て、二晩寝て、一ヶ月二ヶ月半年、と時間が経っても、「あー、やっぱアレ欲しいなー」って思えるものは、ほっとんど、ない。

で、その「ほっとんど、ない」希少な欲しいものが、こないだ立て続けに手に入ったのでちょっと興奮したのですよ。

 

まずは、以前ご紹介した山梨県北杜市の和菓子屋の金精軒さん。

 

sister-akiho.hatenablog.com

 

信玄餅を求める多くの人々でごったがえす店内で、ようやく私が巡り合えたのが、「琥珀糖ミント」!

f:id:sister-akiho:20200126180357j:plain

これねー、去年の夏に金精軒さんの公式Twitterで拝見して、めちゃめちゃ素敵!と思って、その次の休日にあわててお店に走ったのさ。

そしたら、ちょうど昨日完売になりました、なおかつ今年のシーズンは終了です、と言われちゃって、ええええー(´;ω;`)と思ったのですよ。

 

まぁ、琥珀糖じたいはそんなに珍しいものじゃなくて、クックパッドで検索したらけっこう簡単に作れるらしい。

寒天と砂糖を煮詰めて、かき氷シロップとか食紅とかで色をつけて、硬めのゼリーを作ったら適当な大きさに切って、そのまま硬くなるまで一週間ぐらい干す………

 

………一週間ぐらい干す………って、それ無理。ぜったい途中で喰ってまう_(´ཀ`」 ∠)_

 

そんな経緯があっての、1年越しの出会いだったわけですよ。そりゃもうソッコーで買い求めましたよ。

あ、ちなみにうちの息子はケーキよりも餅が好きで、ここの「生信玄餅」をせがまれたので買ってやりました。すんごく柔らかくて清らかな味わいなの。黒蜜はつけずにもちゅもちゅ食べるよ。

で、琥珀糖ミントのほうはといいますとね、これが、もう、まさに食べる宝石!綺麗!ずっと見ていたい!まさにインスタ映えの極致!あたしインスタやってないけど!

口に含むと、まず表面の、薄氷を割るような繊細な歯応えがあって、シャリッ、と割れたとたんに、中のプルンとしたゼリーの感触がやってくる。この硬さと柔らかさの対比がたまらないッ!

 

で、その足でいつものように山梨のショッピングモールに寄って、カルディの店内をぶらついてて、ふと、顔を上げたその目の前に、「ミヒェルゼンのキャンディス・アールグレイ」が!

f:id:sister-akiho:20200126180508j:plain

これは、氷砂糖をアールグレイ洋梨のフレーバーのシロップに漬け込んだもの。

2年前ぐらいに誰かのブログで、

「ごく普通の安いティーバッグの紅茶が、あっという間に高級アールグレイに!」

みたいな感じで紹介されていて、うわー欲しい、めっちゃ欲しい、と思ってたんです。

カルディで売ってる、とのことだったんで、あちこちのカルディを覗いては、シロップやら紅茶やらの棚を眺めてたんですが、見当たらなくて。

店員さんに聞こうにも、商品名が思い出せない。そんなわけで、ずーーーっと気にはなってたんですが、なかなか遭遇できずにいたのでした。

んで、どうやらシロップの棚ではなかったよう。調味料の棚に置いてあった。んで、アールグレイだけじゃなくて、他にもラム、オレンジ、チャイなど、色んなフレーバーがあった。

さっそく、おうちに帰って、いそいそと紅茶を入れてみましたよ。

せっかくなので、

「ごく普通の安いティーバッグの紅茶が、あっという間に高級アールグレイに!」

を体験してみたくて、紅茶はあえて日東のデイリークラブ。どこのスーパーでも買える、いっちゃん安いやつ。

瓶の蓋を開けると、華やかなアールグレイの香りがふわっとして、シロップの中に漂う氷砂糖が水晶の粒のよう!

それをスプーンですくって、いれたてのデイリークラブのカップに、ぽとり、ぽとり……。

 

………うん、美味しい………。

 

………が、さすがに、

「ごく普通の安いティーバッグの紅茶が、あっという間に高級アールグレイに!」

は、ちょい話盛りすぎ(^▽^;)

やっぱ、デイリークラブはデイリークラブの味でしたよ。でもやっぱ香りがいいね。アールグレイの香りがそれほど強くはなくて、甘さも押しつけがましくなくて、いい感じ。

あ、ホットミルクにも入れてみたよ。こっちのほうが好きかもしんない、私。牛乳の匂いがアールグレイの香りに上書きされて、ほんのり甘いホットミルクでした。