つれづれぶらぶら

花粉症持ちにとっては例年以上につらい春です(主に精神的に、周囲の視線が)

COCO'Sナビ

こないだ、息子(小学5年生)と、松本駅からイオンモールに向かう道をわちゃわちゃふざけながら歩いていたんです。

そしたら、息子がとーとつに始めたんです。

 

「ポーン。100m先、右折です」

「あはは、伊豆旅行のレンタカーのカーナビの物真似ね。似てる似てる」

「急停車を感知しました。安全運転を心がけてください」

「よう覚えてるなぁ。確かにそんなん言うてた言うてた。あはは」

 

私が面白がっていると、さらに調子に乗ってふざける息子。そのとき、道の先に、ファミリーレストラン「COCO'S」の看板が見えていたんです。

 

「ポーン。500m先、ココスです」

「待て。目的地はココスじゃねぇし」

「ポーン。ココスのサーロインステーキ890円、海鮮丼は990円です」

「メニューまでナビるんかい」

「ポーン。ココスはただいまパート・アルバイト募集中」

「求人募集までするんかい」

 

ココスを回避しようとしても、

「ルート検索をやり直します。右折してください」

速足で駆け抜けても、

「目的地を通り過ぎました。戻ってください」

と、かたくなにココスに戻そうとするわ、

 

『近くのレストラン』で検索したら、ココス以外のレストランはことごとくマップから消去されてるわ、

「特にガストやデニーズはどんなに近くにあっても表示しないのね。意地でも」

  

しかも厄介なことに、このナビには音声認識機能までついているらしく、

「そういや、腹へったな」

「ポーン!!!近くのココスを検索します!!!」

要らん!即反応すんな!……あ、バスだ」

「パスタランチは800円です!」

「違ぇし!」

 

たとえ近場にココスが無くても、

「最寄りのココスを検出しました!ココス横浜店までおよそ250kmです」

「えーっと、“最寄り”って言葉の意味を説明してくれるかな」

 

そして、運転を終了した際には、

「運転、お疲れ様でした。本日のココスのおすすめメニューはふわふわクリームのイチゴパフェでした」

と、最後までしつこくココスのメニューを推してくるココスナビなのでありました。

 

 

ココスさん、このナビのアイディアどうっすか。今ならアイディア料、ハンバーグランチとイチゴパフェで譲るそうでっせ。うちの息子が。