つれづれぶらぶら

花粉症持ちにとっては例年以上につらい春です(主に精神的に、周囲の視線が)

人が集まる場所ってどこっすか

メガネ踏んでもーた…… _| ̄|○ ヤッテモータ

銀座三越で買うたic!Berlin(アイシーベルリン)ですよ。お値段10万円超えたやつ。もうねぇ、掛け心地が最高でね、なにしろ軽くて、ズレなくて、視界を全く邪魔しなくて、装着感がほとんどないんだもの。これはお値段に見合う価値があるわーと大満足してたんすよ。 sister-akiho.hatenablog.com

ところが、シートメタル製の薄いフレームは、やっぱり踏むと弱いのね。片方が歪んで、レンズの端がちょっと欠けてしもた。

それでも掛けられるのが逆にスゴイけどね。というのもツルを耳に引っかけないから、耳の位置に影響されないわけ。そんで欠けた部分も視界の外だったから使うぶんには問題なかったわけ。

でもさぁ……その状態で使い続けるのが愛用の眼鏡に申し訳ないというか、この眼鏡は長く大切にしたいと思うので、やっぱ修理を頼むことにしました。でもコロナ禍の真っ最中だもんで、銀座に行くのはちょいとリスキー。万が一なんか貰ってきたら、ただでさえ人員カツカツでやってる職場に迷惑かけちゃうからさ。

で、銀座三越に電話して相談してみたら、郵送での修理依頼にも応じてますよってことで、さっそく送ってみた。状態を見て見積もり出したら電話しますねって言われたけど、どんぐらいかかるかなぁ。5万円以内で納まるとええんじゃがのぅ……。

しかしながら、昨年末に銀座に行った時に、ic!Berlinのクリーニングだけじゃなくて、999.9フォーナインズ)のメンテナンスも一緒にお願いしといて良かった。しばらくは世話になるぜ、999.9

 

***

 

せっかくの春休みの3連休だっていうのに、コロナ禍のせいでどこにも行けやしない。例年なら息子の進級祝いも兼ねて旅行に行ったり、あるいはナゴヤ球場あたりにカープの二軍戦を観に行ったりとかしてんのに。ふんとにもー。

あーあ、映画を観に行きたいなー。どうやらコロナ禍の影響で公開延期となった映画の穴埋めとして、あちこちの映画館で『バーフバリ』をやっているらしいんすよね。IMAXシアターとかのでっかいスクリーンで観たらさぞかし楽しかろうなぁバーフバリ。

 

それはさておき、そうは言っても、おうちの中に閉じこもっているのも精神衛生上よろしくない。ましてや息子はもう2~3週間ほど運動らしい運動をしていないわけで、新学期に向けた体力作りもしてやらんとマズいんじゃないかしらん。

学校からは「別に外出してもいいよ、でも人のたくさん集まる場所とか、換気の悪い屋内はなるべく避けてね」って言われてるわけで、ふーむ、ほんじゃ陽気もいいことだし、久しぶりに近所の山にハイキングに行こうかな (。╹ω╹。)

茅野市には「永明寺山」という標高1120mの山があり、あ、この標高だけ聞くととんでもなく高い山に聞こえちゃうけど、茅野市の街なかは標高約770mだからね、茅野市民にとってはほんの350mほどの小高い丘というイメージなわけです。

山頂には公園があって、ロング滑り台とかちょっとしたアスレチックとかの施設もあるのね。車道が整備されているから車でも行けるんだけど、今日は登山道を歩いて行くことに。登山道はいくつもあって、ルートによっては獣道のような藪の中の道もある。

今回は、頼岳寺(らいがくじ)から上原城跡を経由して山頂を目指すルートに決定。このルートはなだらかで、ほとんどが舗装されている道なので歩きやすい。1時間半ほど歩いて山頂の公園に到着~ ヾ(o´∀`o)ノ

…って、誰もいやしねぇ( ̄▽ ̄;)

だからさぁぁ、大都会ならともかくさぁぁ、このド田舎の茅野市で「人が集まる場所」ってドコなんだよッッッ。

しばらく滑り台で遊んでたら2~3組ほどの家族連れが来たけどね。それでもこの広大な公園だとほぼ貸し切り同然なわけで。

市内から諏訪湖までを一望できるベンチでおにぎりを食べたら、アスレチックゾーンを通りながら山を下るルートへ。こちらはいくつかある獣道ルートのひとつ。藪をこぎながら、ほぼ直線的に山を下ると、あっという間に茅野の町に戻ってきた。

まぁ、そこそこ運動にはなったし、なにより山の新鮮な空気が気持ち良かったっす。ストレス解消になりました(∩´∀`)∩