つれづれぶらぶら

お熱さがったお。元気だお。

ガンダムと!Mk-IIの!トリカラ弁当あどべん茶ッ!

いやはや、ついに緊急警戒宣言を全国に拡大ですか。

ま、ぶっちゃけもっと早くても良かったのよと思いつつ、ほんでもなー、サービス業の人達のこととか、岩手や山陰地域の人達のことを考えると迷うとこではあるよね。政治家に苦情を言いたくなる気持ちも分かるんだけど、じゃあお前やってみいや政治家、と言われたら頭を隠して逃げたくなるよ。ホント、皆さんお疲れ様です。医療従事者もスーパーもコンビニも運送業の皆さんもインフラ守ってる方々もお役所の人達も学校の先生方も、みんなみんな、ホントよく頑張ってるよ。もちろん自分も含めてね。

 

さて、今日は会社を休んで、息子とおうちで過ごしていました。

先週までうちの息子を支えてくれていた図書館が、ついに今週からGW明けまでの長期閉鎖に突入とな。これは困ったなー。

何か本を買ってきてもいいんだけど(コロコロコミックは買った)、キリがないし、既成のパズル本にはいまいちノリが悪いうちの息子。だからって我が家の教育方針を捻じ曲げてまでゲーム機とか買っちゃうのもなんかなぁ。

あーあ、昭和の頃にあった「ゲームブック」は面白かったよなー。物語の途中で選択肢が出てきて、選んだら「⇒〇〇ページに進め」ってなるやつ。同じ場面でも持ってるアイテムによっては行き先が変わったりしてさ。何回でも読んで遊べる本。でも今の本屋さんじゃ売ってないんだよなー、……ふむ、

 

ないなら、作ってしまえばいいじゃない。

 

そういや私、子供の頃に作ったことあるわ。iらんどでも「SuperGMモード」使ってコンテンツ作ってたし。

sister-akiho.hatenablog.com

せっかく息子と過ごす退屈な午後なんだもん、親子でゲームブック作りとかしてみても楽しいんじゃね? 

しかし、久しぶり過ぎて作り方をすっかり忘れております。えーっと、ちょっと調べてみよう。すると、ちょうど分かりやすいブログが見つかりました。ありがたい。

blog.gamebook.xyz

そうそう、最初にマップを書くんだった。こちらのブログを参考にして、息子にマップを設計させます。あんまりページ数が多くなると大変だし、少ないと面白くないので、10~15ページぐらいになるように助言しながら作っていきます。

マップができました。 

f:id:sister-akiho:20200417211610j:plain

全12ページで、ルートは3つ、分岐点は4つ。それだけじゃつまらないので、ルートの途中でアイテムを2つ集めないとゴール前でスタートに戻されるという設定にしました。バッドエンドも1か所あります。

お次は世界観の設計。よくあるパターンはダンジョン探索系とか推理小説仕立てのものだけど、さて、うちの息子はどんなストーリーを作るのかな。

ハマっているSDガンダムの世界観を使いたいと言う息子。

主人公は「ガンダム」と「ガンダムMk-II」で、ガンダムが食べようとしたトリカラ弁当が何者かに盗まれて、犯人を探しに行くというギャグタッチのストーリー。

おお、いいんじゃね。面白そう。さっそく作ってみよう。

タイトルと表紙作り。息子の字はアレなので、文字は私が書きました。

f:id:sister-akiho:20200417223632j:plain

 「アドベンチャー」でなく「あどべん茶」にしたのは息子の要望。色々と細かい部分にこだわりがあるのはさすがAB型なうちの息子。

 

(1ページ)

やったー!やったー!1日1個限定の【トリカラ弁当】が買えたぞ!

ガンダム「いただきま……ッッッッッ!!!弁当の中身がないッ!」

Mk-II「ガンダムパイセンどうしたんですか?」

ガンダム「トリカラ弁当の中身がうばわれたんだ!行くぞMk-II!」

 ⇒ 2ページに進む

 

(2ページ)

犯人はどっちに行った?

東へ行く⇒3ページへ進む

北へ行く⇒4ページへ進む

西へ行く⇒7ページへ進む

 

(3ページ目)

Mk-II「はんにんがどこに行ったか、あそこにいる人に聞きましょう」

ガンダム「すみませーん!トリカラ持って走って行った人を見ませんでしたか?」

ジム「さっきの人かな?【ムフフの門】に入っていったよ。でも【ムフフの門】を通るには【写真集】と【ブラジャー】が必要だよ」

 ⇒ 2ページに戻る

 

最初の3ページはこんな感じ。キーワードがちょいエロ風味なのが、健全なる小学6年生の男児らしくてたいへんよろしい。

f:id:sister-akiho:20200417211637j:plain

途中で何の意味もなく現れたシャアを何の理由もなくぶっ飛ばしたりしながら進む。

そうそう、唯一のバッドエンドはマップ上の仮設定では「死んだ」なんだけど、息子が書いたシナリオではこうなりました。

 

(9ページ)

♪ピンポンパンポ~~~ン♪

❝ぎょうむれんらく。ぎょうむれんらく。ガンダムさん、Mk-IIさん、Gジェネクロス本社にお越しください。❞

ガンダム「で、でもトリカラ弁当が……」

❝なお、本日の社員食堂のメニューはデラックストリカラ定食です。❞

ガンダム「よぉっしゃ行こう!!!!!」 

Mk-II「まって~ください~~~」

 ⇒ おしまい???

 

バッドエンドなんだけど結局トリカラに釣られるというギャグなオチ。

で、正規のルートでは11ページに【写真集】と【ブラジャー】を持っていって、【ムフフの門】を開けると、犯人のジ・O(ジオ)がトリカラ弁当を食べようとしているのを発見して、ゴールとなる12ページでジ・Oをボコボコにした後で仲良くトリカラを食べた、というエンディングになりました。

短いゲームブックではあるんだけど、親子で物語を作って遊ぶひとときはとっても楽しい時間になりました。自粛の合間に、こんな「#おうち時間」はいかが?

 

 

お題「#おうち時間