つれづれぶらぶら

さんれんきゅーさんれんきゅーヤッホーヤッホー♪

たいぎいし、ごしたいし

仕事がひとつの大きな山を越えたので、まだまだ大量に処理しなくちゃいけない業務は残っているけれども、いやー、もう、たいぎい(広島弁で疲れた)し、ごしたい(長野弁で疲れた)し、今日ぐらいは早退させてもらおうと思って2時間ほど早めに切り上げて帰った。

早く帰ると何がいいかって、帰りがけにスーパーに寄るとちゃんと商品が揃っているのが嬉しい。いつもの帰宅時刻だと、鮮魚コーナーやお惣菜コーナーにめぼしいものがなくなっていたりして悲しいのだ。

帰りの電車の中で『極主夫道』の最新話を読んだせいで、無性にタケノコご飯が食べたい。

kuragebunch.com

でもタケノコの下ごしらえをするほどの「ずく(長野弁で根気・気力)」はない。ま、いいや水煮のパックで。

タケノコご飯といえば油揚げも欲しいところだけれど、ほんのちょっぴりあれば充分だからなぁ。あ、そうだ、前からこの商品が気になってたんだ、これ試してみよう。常温保存できる味付け乾燥あぶらあげなんだってさ。

sagamiya-kk.co.jp

いつもより早く家に帰ると、息子が慌てて勉強しているふりをしている。いつも見え見えの演技をありがとう。とはいえ、こないだお祖母ちゃんに貰った進学祝いの中から、自分でドリルを選んで買ってきたのだ。感心感心。最近の学習ドリルは説明が丁寧で面白いわね。

米を研いで、水を注ぎ、あごだしとお醤油をちょろっと垂らして、刻んだタケノコの水煮の半量と、しりしりしたニンジン、きざみあげをひとつかみ入れて、あとは炊飯器にお任せっと。

米が炊けるまでにかなり時間があるので、ちょっとのんびりしようと、こたつ(長野の春は寒い)に入ってYouTubeを適当に眺めていたら、勉強に飽きたらしい息子が「なに観てんの~?」と覗き込んできた。


www.youtube.com

「牛乳と砂糖と塩だけで作れるんだってさ」と言ったら、「ぜんぶ今うちにあるじゃん!やってみたい!」と目を輝かせる息子。まぁ、せっかくの早上がりだし、息子とお菓子作りしてみよっかね。

息子に材料を計量させて、牛乳と砂糖を混ぜて火にかけたら、あとはひたすら焦げないように混ぜ混ぜ。最初のうちこそ面白がって混ぜていた息子だが、10分と経たないうちに飽きてきたのか、「お母さん代わって~」とヘラをこちらに寄越してきた。ふん。「ずく」のないヤツめ。誰に似たんだか(既視感)。

牛乳と砂糖の甘い匂いが強くなって、量が半分ぐらいになったところで火から下ろし、塩1グラムを加えて混ぜる。裏ごし器を通してから、タッパーに入れて、冷水で粗熱を取る。ほどよく冷めたら、冷凍庫に入れて、そのまま2人とも忘れてしまった。

 

小腹が減ったので、袋に残ったきざみあげを何気なくそのまま食べてみる。うおっおいしっ!油揚げにお醤油が染み込んでいて、そんじょそこらのスナック菓子にも負けない旨さ。息子にもちょっと味見させてやったら、「うわー、これクセになりそう」とムシャムシャ喰い始めたのであわてて仕舞う。これ菓子やなくて食材やっちゅうねん。

 

おっと、夕飯の準備が途中だったっけ。あぶらげ喰って遊んでる場合ちゃう。

残った半量のタケノコの水煮と、特売のピーマンを使って、青椒肉絲っぽいものを作る。でも牛肉は高いし、いまさら肉を刻んで下ごしらえする「ずく」もない(既視感)ので、ここは簡単にミンチ肉を使う。タケノコとピーマンを細く切って、ミンチ肉を炒めた中に放り込み、適当にジャッジャッと炒める。そして青椒肉絲の味の仕上げといったらオイスターソースの出番よね!……って、オイスターソースがちょっぴりしか残ってないやんけぇ、ううううう、仕方ない、そこらへんの調味料を適当に足して味を整えよう……。

 

旦那が帰ってきて、ちょうどご飯も炊けたので、晩ご飯にする。タケノコご飯と青椒肉絲っぽいもの、お惣菜のゴボウの天ぷらにお味噌汁。そういや写真を撮りそびれた。まぁいいや。

サイドテーブルの上に置いたスマホから流れるRCCカープナイター。今日はバンテリンドーム(ナゴヤドーム)、先発は遠藤くん。今日は打線もほどほど繋がってて安心して聴ける。昨日までのタイガース戦はさすがに途中でラジオを消したもんなぁ、不甲斐なくて。

 

ご飯が終わって、まただらだら。テレビもそれほど観たいのがないのでGREEのゲームやったり、図書館で借りてきた本を読んだり、紅茶を淹れたり、お風呂に入ったり。

あれ、そういや何か忘れてる気がするぞ。

……そうだ、アイスクリーム作ってたんだ!1時間おきにかき混ぜて空気を含める、っていう指示を忘れて、4時間ぐらい放置しちゃってたぜ。あーあーあーあー、すっかりカッチカチに凍ってらぁ。もう息子と私の非力では無理なので、旦那に頼んでフォークでガリガリ削ってもらう。

f:id:sister-akiho:20210416224634j:plain

ん、でも、なんとなくそれっぽいものには仕上がってるんじゃないの?3人でスプーンを突っ込んで味見してみる。

「しょっぱい」

うおっしょっぺ。塩1グラムのつもりが量りまちがえたかなぁ。そして、もうひとつ、気になることがある。

「ニンニクの匂いがする……?」

うーーーーーーん。これはアレだな、タッパーに染みついたニンニクの匂いだな。なんせ我が家はこのタッパーを使って、しょっちゅう鶏肉やら何やらをニンニクに漬け込んでるからなぁ。

ニンニクフレーバーの塩ミルクアイス。これをどうしたもんか。とスプーンを咥えたまま考えていると、こういうときに頼りになる旦那が閃いてくれた。

「んじゃあさ、いっそのこと、こうしちまおうぜ」

と言って、小皿に垂らしたのは「めんつゆ」。スプーンですくったアイスに、めんつゆにちょっとだけつけて、食べてみると、あれっ?この味、何かに似てる?!

「みたらし団子の味だ!!!」

まさかの、みたらしフレーバー・ミルクアイス爆誕の瞬間である。最初からこのために作ったと考えれば、ほのかなニンニク臭も気にならず、これはこれで美味しいじゃないか。こいつは旦那のファインプレーだな。背番号33をあげよう、うん。

 

そして、話の流れとはまるっきり関係なしに、帰りの電車の中で読んだ『レッツゴー怪奇組』の最新話が面白かったので引用しておこう。

omocoro.jp

まさかのミニ四駆ネタという。分かる人にしか分からないだろうこのネタ。メチャ子の「アレなに?」も致し方なしというものだ。いったいお化けって何なんだ……。