つれづれぶらぶら

ジャイアンツさんCS進出おめでとうございます。楽しかったけんええわ。

ザ・カセットテープ・ミュージックが終わってしまった

このブログで何度かご紹介した、BS12で毎週日曜日21時に放送していた『ザ・カセットテープ・ミュージック』。

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

私にとって「1週間のお楽しみ」的な番組だったのですが、先週の日曜日、9月12日放送回をもって、ひとまず最終回を迎えました。スポンサーがないないと大騒ぎしながらも、なんとか4年も放送が続いたってのは、BS12では長寿番組といっていいんじゃないでしょうかね。

しかし、突然の終了だったな。事前に告知がほとんどなかったからビックリしちゃいましたよ。でも、最終回だからってしんみりなんかしなくて、マニアックな音ネタでオジサン2人が大はしゃぎする通常営業ぶりで、とても良かった。カセットガールは、最終回ということで、うめ子・とんちゃん・さかっち3人揃い踏みでした。

で、トートツに告知される「タオル」の物販www

スージーさん曰く、「これが1000枚売れたらまた戻ってきます!」ってことで(ホンマかいなw)、まぁ、ホンマかどうかはさておいて、これまで楽しませてくれた御礼にという気持ちで、1枚買いましたよ。そしたらさっそく今日届いた。はやっ。

f:id:sister-akiho:20210917215053j:plain

今治タオルとステッカーのセット。目から水漏れ。「WILL RETURN」の文字が頼もしいね。

今後は「不定期放送」ということらしいです。とりあえず次の日曜日は第1回目の放送回の再放送(30分番組)があるみたいです。初期の放送回は観れてなかったから楽しみ。野球回も再放送してくれないかな。あれ観たいんだよね。

また、番組最後の告知によると、年末特番があるみたいです。たっぷり音ネタをチャージしたスージーさんとマキタさんに再会できる日が今から楽しみです!

 

***

 

さて、前回の記事で公開いたしました「つれづれ〇〇〇」再生リスト、お楽しみいただいておりますでしょうか。

sister-akiho.hatenablog.com

我ながら脈絡がないにもほどがあるチョイスだなと変に感心しております。ちなみに個人的に一番リピってるのはキティのアレだったりするんだぜ。あれに合わせて小島よしおが1時間ひたすらピーヤしまくる耐久動画もなかなかの出来なので、3連休中にどうしようもなくお暇でしたらご覧くださいwww

 

で、恒例の、公式動画が見つからなくてリスト入りできなかった案件をいくつか。

 

とりあえず、「君に、胸キュン。」のMVを「日本で一番ダサいMV」として紹介した時点で勘のイイ方はピンときたんじゃないかと思うんですが、ポプテピピックでもネタにされていた、かの有名な「世界で一番ダサいPV」を紹介しないわけにはいかないっすよね。


www.youtube.com

Armi Ja Danny 「I Want To Love You Tender」

明らかに一発撮りと思われるグダグダっぷりが、何度観ても趣深いwwwなんで菓子食ってんだwww

 

坂本龍一繋がりで言えば、これも入れたかった。ダウンタウン伝説の名曲。


www.youtube.com

Geisha Girls 「Kick & Loud」

ガキ使の観覧席に坂本龍一が来ていたことに端を発し、冗談から、いや瓢箪から駒が出たような形で生まれた音楽ユニット、ゲイシャガールズ。しかし単なる芸人の企画モノで片付けられないクオリティの高さがエグいですわ。なんたって坂本龍一がプロデュース、楽曲提供はテイ・トウワだもん。カッコイイにもほどがある。そんでもって、今あらためて聴き直すと、浜ちゃんやっぱリズム感ええな。

 

お次は、アーティスト公式の動画があるにもかかわらず、ニコ動でファンが作ったアニメのほうが好きなのであえて外した、こちら。


www.youtube.com

阿部真央「ストーカーの唄~3丁目、貴方の家~」

可愛いくせに狂気がみなぎるストーカーちゃんの歌。歌詞がひたすら怖い。「妹さん可愛いね萌ちゃんっていうのね」あたりで背筋がピキッてなる。でもこれ昭和の時代だったら「純愛」って言われてたやつだよなぁ。今思えば、昭和の頃の個人情報のダダ洩れっぷりは……どうして平気でいられたんだろうねぇ……。

 

最後は、毎週日曜日の夕方に、私を「これどんな気持ちで観てたらいいんだろう」という気持ちにさせてくれる、みんな大好き、おねんどお姉さんのダンスをご堪能ください。


www.youtube.com

岡田ひとみ「ディスコ ne こねこねコネクション」

令和の時代にまさかの80年代感バチバチのテクノ・ディスコ。でかいカチューシャと白いブーツ。そしてノリノリでも上品さを保ち続けるおねんどお姉さんの微笑み。この微妙な気持ちをどうしたらいいんだ。そして一体いくつなんだ、おねんどお姉さん……。