つれづれぶらぶら

デニムリュック買えなかった。トグルボタンニットは買えたよ。わーい。

『大豆田とわ子と三人の元夫』

年始早々に旦那が食中毒というドタバタで幕を開けた2022年の我が家、ようやく落ち着いて諏訪大社にも初詣に行って、これで日常が戻ってきたと思ったのも束の間、昨日、今度は息子が学校で「お腹痛い」と言い出して早退してきて、まったく心が休まらない今週の小泉秋歩――というナレーションを伊藤沙莉ちゃんの声で私の後ろに流してほしい。

息子の「お腹痛い」は、このブログを以前からお読みいただいている方にはお馴染みのアレ。顔色を見ればすぐに分かる。

sister-akiho.hatenablog.com

そう、うちの息子は「自家中毒」もち。保育園の頃から季節の節目ごとにお腹が痛くなって、無理をさせると余計に悪化して長患いすることは経験上重々理解している。1日ゆっくりごろごろさせて甘いもん食わせてりゃ、翌朝にはケロッとした顔でランドセル背負って「行ってきまーす」と走って出ていく、そういう体質なのだ。10歳を過ぎたあたりから自家中毒の症状はほとんど出なくなっていたから油断していたけど、大人でも自家中毒を発症することはたまにあるそうな。

まー、いいよいいよ、ただでさえ色々とピリピリ警戒しているご時世、このド田舎の長野県の片田舎ですら日に日に感染者数が増えているのだ。体調不良な生徒を抱える学校も大変だろうし、家族に体調不良者がいるっていう時点で職場にも緊張感を与えてしまう。こっちは「いつものアレ」と思っていても、世間はそう受け取ってくれないもんね。いいやいいや、もう。今日はのんびりしましょ。

 

というわけで、年始からひたすらNetflixばっかり観てる気がするけど、えーっと、他に何か観たいもんなかったかしら、と思っていたら、ふと思い出した。

『劇場版きのう何食べた』を観た後で、この演出いいよね、監督の中江和仁さんって他に何を手がけてらっしゃるのかな、と思って調べてみたことを。

『映像研に手を出すな!』や『実写版モモウメ』で、最近、伊藤沙莉ちゃんがめっぽうお気に入りで、他に何に出演してるのかなぁって、調べてみたことを。

年始の『相棒』に大好きな弓削智久さんが出演していて(秘書で人殺し、という実に弓削っちらしい配役であったw)、わーい弓削っちだ、最近は他に何に出演しているのかなぁとウキウキしながら調べてみたことを。

『ドライブ・マイ・カー』で、岡田将生くんってこんなに演技が上手かったの?とビックリして(何しろ『花ざかりの君たちへ』に出てたねぐらいの知識しかなかったんだよ)、他の出演作品も見ておきたいわ、と調べてみたことを。

その全ての検索結果に、交わる点がひとつあった。

『大豆田とわこと三人の元夫』だ。


www.youtube.com

評判がやたら良いということも聞いていた。Netflixにあるならこりゃ一気見するっきゃないっしょ。全10話。

めちゃくちゃ面白かった。大人のロマンチック・ラブ・コメディ。お洒落で、笑えるシーンもたくさんあって、恋のトキメキもありーの、ほろ苦い涙もありーの、色々考えさせる今日的なテーマもいくつか散りばめられていたりして。ドラマ版の『きのう何食べた?』が好きな人なら見ておいて損はないと思う。テーマは違うけど、雰囲気は共通する点がいくつかあったよ。

松たか子さんが演じる「大豆田とわこ」は元設計士で、現在は中小の建設会社の社長を務めている。そんな彼女には離婚歴が三回ある。

最初の夫はレストラン「オペレッタ」を経営する田中八作(たなかはっさく)、演じているのは松田龍平さん。誰にでも優しいので、本人にはその気がないのにやたらモテてしまうのが困りもの。あだ名は「オーガニックなホスト」。慎森いわく「無意識過剰マン」。とわ子の娘・唄(うた)の父親でもある。

2人目の夫はカメラマンの佐藤鹿太郎(さとうかたろう)、演じているのは東京03の角田晃広さん。とにかく「器が小さい男」で、自分をやたら卑下しているわりに、みみっちい金勘定にひたすらこだわる。英字新聞柄のシャツを着ていたことで慎森には「英字新聞マン」と陰で呼ばれてしまう。

3人目の夫は弁護士の中村慎森(なかむらしんしん)、演じているのは岡田将生さん。何かと他人の言うことを否定するタイプで、そのために周囲からは非常にウザがられている。他人にまるっきり興味がなく、パンダの動画だけが心の癒し。

こんな一癖も二癖もある夫たちと離婚した後も、とわ子は元夫たちから熱烈に愛され続けている。しかし本人は懲りもせずまた新しい恋をし、甘い言葉に心を揺さぶられては、思いがけないしっぺ返しを食らって落ち込んだりもする。

と、こう書くと「なんて自分勝手な女なんだろう」と思われるかもしれないが、ところが、大豆田とわ子は実にキュートで、そりゃ愛されるのは当然だよと思ってしまう。設定だけ見れば何不自由のない完璧なキャリアウーマンなのに、実際の彼女はいっつも足の小指を家具にぶつけて半泣きである。そして、愛が深い。愛が深いからこそ、誰からも愛される。何より、松たか子さんがそもそも魅力的なのだ。あのくりくりっとした目で見つめられたら、恋に落ちるのに6秒も要らない。即オチ決定っしょ。

 

内容的なレビューは既に多くの人が書いているので、今さら私に何か言う必要があるだろうか。「かごめ」について語ろうと思ったが、もういっぱい書かれていたからもういいや。他の人のを読んでください。

てなわけで、ここではもう個人的な感想だけ言う。

シンシン可愛い!!!

3番目の夫の中村慎森ですよ。精神年齢が中学2年生のまんまで、いっつも屁理屈ばっか言って全方位にマウント取って、最悪なタイミングで言わんでもいいこと言うウザ男だっていうのに、どうしてこんなにも「ウザ可愛い」んだ……!!!!

恒例となったシンシンとカタローの口喧嘩なんか、ニヤニヤしながらいつまでも観ていたい。お互いに嫌いだと言いながら、じゃあ会うなよって思うのに、いっつも一緒にいる。好きなんじゃん。気が合うんじゃん。器の小さい男同士の掛け合い漫才みたいになっててめっちゃ面白いんだよなぁ。と思ってたら、なんとNetflixさんがまとめ動画を作ってくれてたぜ。Netflixさん最高だぜアンタ。


www.youtube.com

何か嫌みを言うためだけに、わざわざ八作を経由して言わせるあたりがめんどくさい。それに毎回ちゃんと付き合ってあげる八作のオーガニックぶりもなかなかだがw

 

シンシンの可愛いポイントは、偉そうな態度と裏腹に、本当は自信がなくていつもお風呂の中でパンダ動画見ながら自分を励ましてるとことか、運動神経が皆無で走る姿がブサイクなとことか、割と感情がストレートに顔に出ちゃって凹んだときは全身でしょんぼりしちゃうとことか、そりゃもういっぱいあるんだけど、このドラマ全体を通じて言えることは、このドラマの中で「最も成長した男」であることだと思う。

1話の頃はツンツンしてて、お土産をくれた人に向かって「お土産を買うことなんて時間の無駄」と平然と言い放つほどウザい男であるにもかかわらず、少しずつ「好きな人のお土産なら嬉しい」と態度が変わり、最終回ではなんと自らハワイ土産を買ってくるという、この進化。しかもその選んだお土産というのが、自分が1話でクソミソにけなしていた、くっそダサい英字新聞柄のシャツだっていうね。それをカタローだけじゃなくて八作にもとわ子にも、そして自分自身にも「お揃い」で買ってくるというセンス。しかもちょっとずつ柄が違っているということは、ササッと短時間で買ったんじゃなくて、おそらくむちゃくちゃ時間をかけて選んだんだろうなぁっていう、そのあーでもないこーでもないと選んでいる姿までもが容易に想像できるのが、可愛いんだよもう!

シンシンは、素直じゃないくせに、とわ子への「好き」という気持ちは、いつもド直球で伝えてくる。おそらくは、3人の元夫の中では一番とわ子への想いが強くて、一番嫉妬深くて、でも、とわ子にとっては自分が「一番じゃない」ってことも知ってる。好きって伝えても野菜を食べてねと返されたときのしょんぼりした顔。粉まみれになって台所の隅っこにしゃがみこむ姿なんて、もう抱きしめずにはおれようか!

あと、とわ子の父親の旺介になぜか可愛がられていて、何かというと「なっ、シンシン!」と呼びかけられるんだけど、そのつど「はいっ!」と元気に返事をするのが可愛らしいなぁ。で、旺介はなぜかカタローに対してはやけに冷たいんだけど、旺介が眠ってしまった後で、シンシンがカタローに「お義父さん、佐藤さんのこと気に入ってますよね」とこそっと呟くのが好き。シンシンとカタローの関係性はすごく好き。

とにかく、語りつくせないぐらいに、シンシン可愛い。そして、眼鏡をかけた岡田将生くんの顔の良さは言うまでもない。皆もこの沼に落ちるが良い。

 

このドラマはとにかくお洒落な仕掛けがいっぱい詰まっていて、例えばエンディングが毎回違うのが嬉しいところ。私は映画やドラマの「余韻」を大切にしたいタイプなんだけど、ほら、Netflixってオープニングやエンディングは「既に観てるよね」ってことですっ飛ばすじゃないですか、あれがちょっと嫌だったりするんだけど、このドラマはエンディングが毎回違うからすっ飛ばさないんですよね。あ、ソニーミュージックが公式でロング・ヴァージョンの動画をUPしてくれてた。嬉しいな。


www.youtube.com

ラップもカッコイイんだけど、それらを包み込んで一体化させていく松たか子さんの歌声の美しさがいいのよ。アナ雪でも「松さんの声はいいなぁ」と思ったんだけど、ホントにこの人の歌声は品があって艶があって素敵なんだよなぁ。

 

とにかく面白いドラマでした。また時間があったら周回しよっと。「地獄の餃子パーティ」とか本当に地獄でめっちゃ面白かった(あの回はただ笑えるだけじゃ済まないんだけどね……)。あと風吹ジュンさんの登場にはビックリした。何年経ってもお綺麗ねぇ。

 

そういえば今日は火曜日だった。火曜恒例、広島ローカルどマイナー内輪受けミニアニメ『おしゃべり唐あげあげ太くん』を皆で観ましょうの呪い発動。ハイどうぞ。


www.youtube.com

東京での知名度を少しでも上げることに貢献したい、そんな火曜日の当ブログでございます。たとえそれが瀬戸内海にコップ一杯の水を注ぐ程度の効果しかなかったとしてもじゃ。