つれづれぶらぶら

たびにでてます。

ベルーナドーム観戦記

昨日(6月12日)、ベルーナドームに行ってきました。

石窯ピザがとっても美味しかったです。

おわり。

 

 

 

 

………いや、それ以外の記憶が、不思議なことにないんですよハハハ。どっかで頭でも打ちましたかね。いやー、でも、何か、思い出さないほうが幸せな気もするんですよねハハハ………、

 

思い出させないでくれよう………(´;ω;`)

 

いや、ベルーナドーム自体はすごく良かったんです。前々からずっと行きたかった球場だったんですよ。ようやく訪れることができて、そして予想以上に雰囲気のいい球場だったので、スタジアム好きとしては大満足でした。

なぜそんなにベルーナドームに行きたかったのかというと、以前、おーぷん2ちゃんねるにいた頃に「うまい球場メシ」の話題になると、マリーンズファンとライオンズファンがわらわらと集まってきて、うちのスタジアムの飯はうまいぞとさんざん宣伝していくのでした。

マリンスタジアムの名物といえば何と言ってもモツ煮、あとホンビノス貝の酒蒸しも、たいへん美味しゅうございました。

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

で、ライオンズファンからは「うちはグルメのバリエーションが多い。中でも特にピザが抜群にうまい」という情報を得ておりまして、食欲をそそられておったのです。

あと、スタジアム自体も個性的な形状をしていて面白いですよね。名前に「ドーム」とついているけど実際にはドーム球場じゃない。丘陵地をすりばち状に掘り下げて、その底にグラウンドを作り、外周に柱を立てて、その上に屋根を被せた、一見するとドームだけどドームじゃない、不思議なスタジアムなんです。

このことを私が最初に知ったのは、2014年のオールスターゲームをテレビで観ていた時のことでしたね。その時はまだこのスタジアムがドーム球場だと信じて疑っていなかったのですが、ホームラン競争だったかな、エルドレッドだったかバレンティンだったか、誰かの打球がはるか遠くへ飛んで、観客席を越えて外へ……、んっ?外へ?えっっっっ?!と思ってよくよく画面を見ていたら、通路の向こうに樹々や歩いている人々の姿が見える。なんてこった!ドームじゃなくて屋根か!と初めてそのとき気づきましたね。2ちゃんねるでも「雨風が吹き荒れる」「雨天中止がある」「鳥や猫が入ってくることがある」「夏場はくそ蒸し暑く早春はくそ寒い」など、ドーム球場だとしたらありえない色々な話を聞かせてもらっていて、これは本当にいつか実際に行ってみなければ、と思っていました。

 

……まぁ、その「雨風が吹き荒れる」っていうのを、今回、実際に体験する羽目になったんですけどね……(;゚Д゚)ヒエエ

 

現実逃避していないで、そろそろ今回の観戦記に移ろうかな。ピザのことしか思い出したくないんだけど(´;ω;`)グスン

 

試合開始は午後1時開始のデイゲーム。このスケジュールなら、日帰りで充分行けるので、旦那と息子にお留守番を頼んで単身でお出掛け。国分寺駅から西武鉄道に乗り換え、多摩湖駅から可愛らしいレオライナーに乗り換えて、やってきましたベルーナドーム!

電車の中から既にカープファンがすごく多かったです。近くの席のライオンズファンのご夫婦が「なんか今日カープファン多くない?」「いつもだよ、交流戦カープ戦はいつもこんなだよ」と会話しているのが耳に入りました。

ベルーナドームは、多くの球場とは配置が逆で、1塁側がビジター、3塁側がホームです。楽天生命パーク宮城や札幌ドームもこの配置です。私が行ったことのある球場で言えば、ドラゴンズの2軍本拠地のナゴヤ球場もそうですね。

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

何はともあれ腹ごしらえだ。3塁側にあるという名物の石窯ピザも気になるけれども、まずは目についたゲート近くの1塁側のピザショップ「CRAFT BEERS OF TRAIN PARK」を覗いてみましょう。

こちらのピザは、ライオンズの応援グッズであるフラッグ(旗)を模した四角いピザで、私はそれをハーフカットにしてもらいました。味はチョリソー&ハラペーニョ。ピリリとした唐辛子の味わいがクラフトビール(FAR YEAST 東京ホワイト)によく合う!美味しい!

そして恒例の、今日はここから!

屋外球場のような明るさと通気性、でも見た目はドーム球場というギャップが、やっぱり面白い。そして、ベルーナドームといえばお馴染みのウグイス嬢・鈴木あずささんの爽やかな美声、そしてオルガンの生演奏。球場に響きわたるオルガンの優しい音色は、まるでメジャーのスタジアムにいるかのようなおおらかな気分にさせてくれます。

さてと。試合が始まるまでに、まだまだグルメを堪能しておこう。何しろ、試合が始まったら観戦に夢中になってグルメどころじゃなくなるかもしれないしね

ネットでオススメされていた「うずらにんにく醤油漬け」は食べておきたかったので、迷わず買い。「きびなごの天ぷら」も美味しかったです。

グルメに舌鼓を打っていると、そろそろ試合が始まるぞ。

今日のカープの先発投手は、新外国人のアンダーソン。対するライオンズも新外国人のエンス。お互いに情報の乏しい中、はてさて今年の助っ人はどうかしらと思いつつ見ておりました。

1回裏にオグレディ選手にソロホームランを打たれて先制されてしまったものの、まぁ立ち上がり自体はそんなに悪くなさそうな感じだし、1点きりならだいじょぶだいじょぶ、と気楽な気持ちで眺めていたところだったんです。

するとそのとき、何やら背筋がぞくっとしたんです。耳がツーンとして、冷たい風が首筋を吹き抜けていくような、……ような、じゃないよ?本当に冷たい風が吹いてきた!

ハッとして振り返ってみると、さっきまであんなに日が照って暑いぐらいだったのに、気がついたら外の空はどんより暗くて、横殴りの雨が吹き荒れているではありませんか!通路側の席の人たちは既に雨に濡れていて、日よけの幕が風をはらんでばっさばっさと暴れています。ドーム内には白い霧が流れ込み、私たちの頬にも細かい水の粒がまとわりついてきます。ついには激しい雷鳴がドンガラピシャーンと轟音を響かせるに至って、そのとき、私の脳裏に、なぜかこんなナレーションが流れたのでした。

 

――この大番狂わせの荒れた空模様が、今日の試合の成り行きさえも荒らしてしまおうとは――。

 

やめろ。私の脳内ナレーション、やめろ。縁起でもないことを言うな。

しかしその願いもむなしく、その30分ほどの嵐が、アンダーソンのピッチングを狂わせてしまったのでした。ええ、あれはきっと雷のせい。そうだと信じていたい。

2回から、いきなりストライクが入らなくなってしまって、フォアボールで相手バッターを塁に出すと、その直後のバッターにめっちゃ甘い球を投げてホームランを打たれてしまう。フォアボールのせいで一挙に2点を奪われて、しかもこれが2回あったというね。山川の「どすこい」で2点、外崎の「アップルパンチ」でも2点。まだまだ飽き足らないとばかりにフォアボールで塁を埋めて、とどめの押し出しフォアボール。をい。

こいつはあかんと急きょ薮田に肩を作らせてマウンドに送ったものの、これが、また不安定だと来たもんだ。をいをい。

4回裏の時点で既に9対0。しかもカープの攻撃時間はめっちゃ短いのーん。長野さんのポップフライを何度も見た気がする( ノД`)シクシク…

というわけで、こいつはもう、試合を観ているよりもグルメを堪能したほうがよっぽど有意義だとシフトチェンジし、席を離れて、スタジアムを探検することにしました。あのまま席に座っていてもストレスしか溜まらないし、美味しいもので発散じゃあ!

かくなるうえは、当初から目的にしていた3塁側の石窯ピザを食べに行こうと思いまして、通路をぐるーっと半周して、あっちかなこっちかなと迷ったあげくに、螺旋階段を下った先にある「L's CRAFT」に辿り着きました。

一番人気の「ペパロニ」や、どーんとカマンベールチーズを真ん中に載せた「5種のチーズ」など、どれもこれも美味しそうで目移りしましたが、今回は「クラフトピザ・グリルドトマト」を注文しました。ビールはブルックリンラガー。

注文すると呼び出しブザーを渡され、外にあるキッチンカーで受け取るよう指示されます。

モニターテレビで淡々とやられていくカープの惨状を眺めながら、10分ほど待っていると、焼き上がりを知らせるブザーが鳴りました。キッチンカーに取りに行くと、予想以上に素敵な本格石窯ピザが焼き上がっていました!

うわぁ、生地がもちもちふわふわでめっちゃ美味しい!ジューシーなトマトのシズル感とほどよいチーズの塩気がベストマッチ!これはちょっとスタジアムグルメの域をはるかに超えてるぞ……!このピザを食べるために野球観戦に来てもいいってぐらいに!!

よし、もういい、もういい。今日はもうグルメの記憶を残して他の記憶は全部消そう。最終的には「11対0」だったとか、せめてヒットぐらい打てよ、1点ぐらい取れよ、という腹立たしい思いも何もかも、全て消してしまって、都合よく記憶喪失になろう。うん、そうしよう。よし、頭をどっかにぶつけよう。ゴツン、………。

 

 

 

 

昨日(6月12日)、ベルーナドームに行ってきました。

石窯ピザがとっても美味しかったです。

おわり。