つれづれぶらぶら

例のアレの実写版ってどんななん?不安しかないんだが。

息子と2人旅(2日目)

さて、一夜明けて。

チェックアウトを済ませたら、また東京ドームシティへゴー。

 

とゆーのもですね、またまたアレを見に来たわけなのですよ(*^^*)

 

トッキュウジャーのヒーローショー!

 

またですか、と言われそうですが、前回とは台本が変わっておりますのよ。

前回は6号が参戦してシュバルツと戦う内容だったんですが、今回はハイパートッキュウ1号に変身して闇の皇帝ゼットと戦うというシナリオですねん。

 

んでね、前回、当日券売り場の長蛇の列に並んで最後列しか取れなかったので、今回は事前にチケットをインターネット予約しときました。

でもやっぱり後ろのほうの席なんですけどね。ま、仕方ないか。

 

本当はね、土曜か日曜の公演を見ようと思ってたんです。そしたらね、その両日は【変身前の俳優が生出演】する公演でして、チケットは事前に抽選にて完売、当日券はありません、ってことで、あーあ、もう少し早めに旅行の計画しとくんだったな、と。

 

でもまぁ、シアターGロッソのヒーローショーのクオリティの高さは前回に見て分かっているので、俳優が出なくても構わないんですけどね。

 

んで、今回はせっかくだからと、公演後に行われる握手会のチケットも買ってみました。

握手会参加券は500円で、サイン色紙つきです↓

f:id:sister-akiho:20200201012607j:plain


サインが「トッキュウジャー」てwww誰やねんとゆーね。

 

さて、公演は今回も派手な舞台演出で魅せてくれました。

シアターGロッソに乱入したコオリシャドウが、建物の入口を氷で封鎖し、子供達の心までも凍らせてしまおうとする。

しかしその企みに気づいていたトッキュウジャーは既にシアター内に入っていて、クロウズ達と戦う。

 

このシーンでは、天井から2号と4号がワイヤーを使って客席の中に降りてきたりして、客席が一気に沸き立ちました。

その後も、ハーモニカのメロディーとともに6号が客席の後ろから登場したり、客席を襲いに来たクロウズが私達のすぐ後ろにたまたま1席だけ空いていた空席に座って隣の席の坊やをイジったりとwww、会場全体を使った仕掛けに大盛り上がり。

 

フィナーレでは今回も客席にトッキュウジャーが走ってきてくれ、うちの息子は6号に頭を撫でられてました(*^^*)

 

さて、Gロッソの建物内にはこんな展示もあります。

f:id:sister-akiho:20200201012644j:plain

歴代の戦隊ヒーローショーのポスターですねー。後楽園ゆうえんち、という言葉が懐かしいです。

とりあえずトミーにおみやげです。どーぞ↓

f:id:sister-akiho:20200201012737j:plain

f:id:sister-akiho:20200201012801j:plain


公演後はアトラクションズで遊んで、と言いつつも、実はうちの息子はものすごいビビりなんですわぁ┐(´д`)┌

ジェットコースターは見るのもイヤ、メリーゴーランドすら怖がるので、とりあえず観覧車に乗りました。

遠くに東京スカイツリーが見えました。あと、想像以上に東京ドームはデカイ。

しかしながら、いくら息子がビビりだからと言っても、母ちゃんは物足りないわけですよ。

アレにね、ずーっと乗ってみたかったんです。後楽園ゆうえんち時代からの代表的遊具、スカイフラワーに。

f:id:sister-akiho:20200201012841j:plain


これは、2〜3人程度が乗れる小さな檻があって、その中に入るとパラシュートで上下するという、素朴な遊具です。

パッと見はあまり恐くなさそうな印象で、小さい子も乗ってるし悲鳴も聞こえないし、で、うちの息子も「あれならいい」と油断していたので、乗りました。

 

…ふふふ。

 

実はこれ、地味〜に怖い。悲鳴は出ないんだけど、なんせ身を守るものがぐらぐらと頼りなく風に揺れる小さな檻しかなくて(安全ベルトとかないから掴まってるだけ)、んで、割と一気に急上昇するもんで、内臓とかそのへんが、ふわーーーーっとします。

実にイイ感じです。最高です。息子の表情もひきつってますが、「た、たのしいね、まま」と強がっています。可愛いです。ふふふ(* ̄ー ̄)

 

その後は、砂利に埋もれたパワーストーンを掘って探すアトラクションなどをして親子で楽しみました。

 

それから新宿駅に移動し、あずさに乗って茅野に帰ると…………さぶっッッッ!!!

東京は暑かったのに、なんだこの気温差はー!

やはり日本は広いな、と感じる休日でした。

やっぱ旅行は楽しいな(^-^)