つれづれぶらぶら

たびにでてます。

諏訪にまつわる事柄

岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)

昨年、諏訪地域における蚕神信仰が気になる、という話をしてたんですけどね。 sister-akiho.hatenablog.com 「蚕玉(こだま)さま」。読んで字のごとく、養蚕業の守護神。 そもそも、この諏訪地域は昔から養蚕業が盛んで、とりわけ岡谷市は明治時代から日本…

石を祀る

茅野駅のすぐ近くに、前々から気になっていたものがある。 それが、これ。 すごくおっきな丸い石が、茅野ステーションホテルの敷地の横に、いかにも由緒ありげな雰囲気で祀られている。その横に看板があって、この巨石について説明しているので読んでみる。 …

古川日出男訳『平家物語』と茅野城跡

古川日出男訳『平家物語』を、1週間かけて、ようやく読みきった。 平家物語 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻) 作者:古川日出男(翻訳) 河出書房新社 Amazon ことの始まりと言えば、こうだ。 5月末に公開される劇場版アニメーション『犬王』は絶対に…

御柱休めの御柱屋敷

この週末は茅野市もとても暖かくて、先週の中頃はまだ桜の蕾が固そうに見えていたのが、今日はほぼ満開に近い状態になっていました。春ですねぇ。 さて、週末だから消耗品の類いをまとめて補充しておこうと、宮川安国寺にあるドン・キホーテで買い物を済ませ…

諏訪大社(上社)御柱祭 2022年の山出し

6年前の今日は、御柱祭の真っ最中で、てんてこ舞いしてたんですよね。4月2、3、4日の3日間をかけて、諏訪大社(上社)の御柱祭が開かれていて、御柱屋敷のある宮川安国寺地区にある旦那の実家に朝早くから詰めて、せっせと「お宿」の準備をしていると…

別の意味で「奇祭」になりそうな今年の御柱祭

今年開催される、諏訪大社の御柱祭の開催方法について、ついに最終的な決定が下されたようです。 御柱祭が中止されるわけじゃないからね。4月の「山出し」のハイライトとなる「木落し」や「川越し」という見せ場を中止して、御柱はトレーラーで曳く、という…

小野・矢彦神社に詣でる

そういえば、小野・矢彦神社にまだお参りしてなかったなと、ふと思い出したのである。 小野・矢彦神社は信濃国二之宮である(なお、一之宮は諏訪大社)。地元の人は「おのやひこ」と一緒くたに呼ぶが、実際には小野神社と矢彦神社という2つの神社である、と…

富士見高原リゾートの展望リフトに乗ってきた

前々からこのブログで取り上げております「富士見町2大リゾート無料キャンペーン」は、長野県・静岡県・山梨県にお住いの皆さんを対象に、11月14日まで開催されております。このチャンスを逃すなかれ! www.town.fujimi.lg.jp 今日は、富士見高原リゾー…

スイカの赤ちゃん?

今日は何となく、普段は利用しないスーパーでお買い物をしてみようと思い立って、本町にあるツルヤ茅野店に行ってみた。 ツルヤは長野県小諸市が本店のスーパーマーケットで、品ぞろえがかなり良く、とりわけプライベートブランド商品の開発に力を入れている…

諏訪大社(上社本宮)に詣でる

退屈な土曜日の午後。息子は遊びに出掛けた。家事もとりあえず(手抜きで)済ませた。さて何をしよう。 いつもなら岩盤浴にでも行こうかなというところだが、今日はただでさえ蒸し暑くて、これ以上わざわざ蒸し暑い場所に行こうという気分にもなれない。岩盤…

横内「天白」散歩

郷土研究家の今井野菊さんが、全国に分布するミシャグジ信仰について『御社宮司の踏査集成』という資料にまとめ上げたことは、以前書いた。 sister-akiho.hatenablog.com さて、この今井野菊さんは、ミシャグジの研究をしていくうち、ミシャグジの信仰分布圏…

峰たたえのイヌザクラ

栗林くんが淡々と7セーブ目ですよ。しかもこれまで無失点。すげぇなぁ。正直、そろそろ失点ぐらいはするじゃろと思ってますが、今のところ全く危なげないですね。あ、今日は出だしがちょっとバタバタしてましたけどね。ピンチになってからの立て直しがすご…

寺井の上の堅香子の花

茅野市では、ただいま桜が満開です――って、昨日と同じ書き出しだな。 今日もとても天気が良く、お散歩日和だなぁ、なんて考えていたら、そうだ、そろそろあの「花」も咲く頃じゃないか、と思い出したのでした。 その「花」というのは、カタクリの花。春を告…

蕎麦と珈琲とトマトの日

茅野市では、ただいま桜が満開です。花吹雪がとても綺麗。春ですねー。 せっかくの良いお天気、ドライブ日和なので息子と一緒にお出掛けです。っても、目的地はいつもの富士見町図書館なんですけど、まぁ、あちこち寄り道して行こうってことでね。 そこで、…

おちおち花粉も吸えやしない

はーい……花粉症なうでーす……"(-""-)" 今思うと、去年は例年になく花粉症が軽かったですね。暖冬の影響で花粉の飛散量が例年の半分以下だったんだそうで。マスクしてたらなんとか我慢できるレベルだったんですけど。 しかし今年は、いつもどおりに花粉、飛ん…

猿に信仰心はあるか

諏訪信仰に関する話、続き。 あ、記事数が増えてきたので、新たに「諏訪にまつわる事柄」というカテゴリを作成しました。諏訪信仰に関する話のみならず、諏訪6市町村に関するご当地ネタはこちらのカテゴリにまとめていきますね。 併せて、諏訪信仰に関する…

藤の枝と鉄の輪

諏訪信仰にまつわる話、続き。 sister-akiho.hatenablog.com 諏訪明神(タケミナカタ)が諏訪の地に初めて降臨されたのはどこかという点については、2つの説がある。 ひとつは「橋原」であるという。これは、諏訪湖の釜口水門から天竜川が流れ出すあたり、…

千鹿頭神を追いかけて

開けてはいけないパンドラの箱を、また開いてしまったような気がする。 sister-akiho.hatenablog.com ほんの好奇心で「諏訪信仰」を調べてみようとして、そのつど、ああ、なんか途方もないものを相手にしてるような気がする、と慌てて箱の蓋を閉じては、また…

失われた「精進屋」を探しに行く

諏訪大社の上社前宮を巡る話、続き。 sister-akiho.hatenablog.com sister-akiho.hatenablog.com もう20年も前のことになるけれども、旦那と私が遠距離交際をしていた頃、旦那から「茅野に遊びにおいで」と誘われて遠路はるばる6時間以上もかけて、広島か…

神長官守矢史料館を訪ねる

小さい頃から、日本神話が好きだった。 両親が出雲地方の出身だったこともあって、とりわけ出雲神話――八岐大蛇とか国譲りあたりの話に心惹かれた。島根から広島にかけては「神楽」が盛んな地域だから、その影響もあるだろう。激しくグルグルと回りながら荒れ…

諏訪大社(上社前宮)に詣でる

普段、運動をほとんどしてない人間が思いつきで諏訪湖畔16キロウォーキングなんてものを適当な装備でやっちまったものだから、おかげさまで今週はずっと足の裏が痛かったです。ようやく落ち着いてはきたけれど、やっぱ慣れんことはするもんじゃありません…

東日本でも西日本でもない場所を歩く

こないだ、こんなネット記事を読んだんです。 j-town.net えっ、西日本と東日本の区分ってはっきり決まってないの? 広島県から長野県に嫁いできた私は「長野県は東日本」と思ってたんですね。 だって、うどんのお出汁は濃いし、おでんにジャガイモ入ってな…

レイクシティ・ケーブル・ビジョン

木曽路はすべて山の中である、っていうか長野県はほぼ山である。 したがって、電波障害が起こりやすく、テレビの映りが悪い。ゆえに、長野県内には地域ごとにケーブルテレビ局が存在し、地域住民のテレビ視聴環境を支えている。 で、私が住んでいる諏訪地域…

どんど焼きと厄投げ

小正月の行事の中で、今日でも割とよく見られるのが「ドンド焼き」。大きな焚き火で、注連縄などの正月飾りや書初めなどを焼き、その神聖な火で歳神を送り返す神事です。 地方によって呼び名や行事内容はけっこう違うようで、トンド、サギチョウ、サイト焼き…

諏訪大社(上社)御柱祭~里曳き~

さて、山出しから1ヶ月経ったGWの真っただ中、諏訪大社の上社氏子は御柱祭の後半である「里曳き」にかかるわけです。 山出しのゴール地点となった安国寺地区は、もちろん里曳きのスタート地点となるわけで、まぁそんなわけで今回もお宿をやらねばなりませ…

諏訪大社(上社)御柱祭~山出し~

私が嫁いだ長野県の諏訪地方では、全国三大奇祭として有名な「御柱(おんばしら)祭」が7年ごと(寅と申の年)に行われます。 「御柱祭とは何か?」を説明する前に、諏訪大社について説明。 信濃國一之宮にして、全国各地にある諏訪神社の総本社であります…

諏訪にすわひめ、なのじゃっ!

私が住んでいる長野県の諏訪地域にですね、最近流行の【ご当地萌えキャラ】がいるんですよ。 その名も【諏訪姫】ちゃん。 諏訪市に本社を持つプラスチック成型業者、株式会社ピーエムオフィスエーさんが、「『可愛い』で地域振興!萌え起こし!」ということ…