つれづれぶらぶら

ジャイアンツさんCS進出おめでとうございます。楽しかったけんええわ。

図書館と私

図書館が好きです。

毎週土曜日はたいていどこかの図書館にいます。というのも、1枚の図書館利用カードで諏訪6市町村内の、どの図書館も利用できるからなのです。

諏訪6市町村内には7つの図書館(岡谷市下諏訪町諏訪市、信州風樹、茅野市、富士見町、原村)がありますが、その図書館を最初に利用する時に利用者登録をしておけば、どの図書館でも自由に使えます。しかも、貸出冊数はそれぞれの図書館ごとに別々にカウントされる(他の図書館で何冊借りているかという情報は共有されない)ので、その気になれば週に70冊(1館10冊として)借り出すことも可能です。たまに「今週は20冊までOK」っていう図書館もあるので、それがうまく絡めば週100冊も不可能ではない。って、そんなに大量に借りても読み切れませんがな。

しかも、借りたい本がどの図書館にあるか、貸出中か否かは、専用の検索サイト「すわずら~」でいつでも簡単に検索できます。あの漫画の新刊はどこに入っているのかな、と調べてみて、下諏訪町と富士見町にあるけど下諏訪町のは貸出中ね、じゃあ富士見に借りに行こう、って感じで効率的に行動できるので便利です。

www.libnet-suwa.gr.jp

「すわずら~」では、貸出中の本の予約や、他館にある図書を取り寄せることもできます。他館の図書の返却もOKです(例外あり)。本当に恵まれた環境だと思います。

私と息子は、現在、岡谷市と信州風樹以外の5館を利用しています。一番よく使うのは富士見町かな。蔵書数が多くて漫画も豊富、図書館も綺麗で過ごしやすいです。

今日は下諏訪町図書館に行ってきました。『先生!』シリーズが全巻揃っている。やったぁ。読みたかった最新刊の『先生、頭突き中のヤギが尻尾で笑っています! 』などを借りてきました。これから読もう。このシリーズ面白いから息子も好きなのよね。

あと『聖☆おにいさん』の19巻もあった。家に帰ったら、私が読むよりも先に息子と旦那が先に読んでしまって、ぶひゃぶひゃ笑ってやんの。あたしまだ読んでないのにぃ。

 

思えば、私のこれまでの人生は、常に図書館とともにありました。

一番古い記憶は、生まれた町の公民館の図書室。まだ未就学児の頃だったと思うけれど、かこさとしさんの絵本が好きだったんですね。『とこちゃんはどこ』とか『だるまちゃんシリーズ』とかは、親が福音館書店の定期購読で買ってくれたんだけど、その他の、たとえば『こどものカレンダー』とかのシリーズ本を読みたくて、そしたら母が公民館に連れてってくれたんじゃないかな。

小学校に上がってからは、学校の図書室にしょっちゅう行ってましたね。片っ端から読んでました。多分、同学年の中でも利用回数がかなり多かったほうだと思います。生徒ごとに図書室の貸出カードがあって、そこに借りた本を記入していくんだけど、すぐにカードの記入欄が足りなくなって、図書館の先生に追加のカードを貰いに行っていた記憶があります。

最初にハマったのが「落語」全集。子供向けに平易な言葉で書いてあって、これが面白くて面白くて。今でも覚えているのは『味噌蔵』という小噺で、旦那のドケチっぷりに使用人たちが辟易する話。で、味噌汁に具が全く入っていないことに不満を持った使用人が、おかみさんのところに具を入れてくれと言いにいくわけです。そしたら、おかみさんが、見よこの「すりこぎ」を、と。このすりこぎは、買ってきたときにはこれぐらいの長さがあったが、今じゃこんなに短くなっている、と。要するに、おまえたちに飲ませる味噌汁のために味噌を擂ったときに減ったすりこぎの破片が、おまえたちの味噌汁の中に微粒子レベルで存在するぞ、と。このくだりがバカバカしくて、今でも思い出すたびに笑ってしまうぐらい好きです。

それから、劇画調のイラストが添えられた子供向けの推理小説を手当たり次第に読んで、ポーの『モルグ街の殺人』を読み終えた時には子供心にもモヤッと(あのオチはアンフェアだと思う)したりもしたけど、何よりも推理小説の面白さに夢中になりました。自宅の黒電話でクリスティの『うぐいす荘』のトリックが使えることを知って、友達相手に意味不明な電話をかけてみたりもしたっけな。

推理小説としてはホームズシリーズが一番好きでしたが、冒険小説としてはルパンシリーズが好きでした。ルパンシリーズはミステリとしてはご都合主義が多いのですが、とにかく絶体絶命のピンチで颯爽と現れるルパンがカッコ良くてカッコ良くて。『奇巌城』には夢中になりましたねぇ。

高学年になってからはローラ・インガルス・ワイルダーの『大草原の小さな家』シリーズにハマり(昭和生まれの方はNHKでやっていたドラマを思い出すことでありましょう)、でも小学校の図書室には『農場の少年』までしか置いてなくて、続きが読みたくて読みたくて、バスに乗って広島市の中央図書館にまで借りに行ったというね。

 

中学校に上がると、そりゃもう思春期ですわ、厨二病まっさかりですわ。そんで、文学少女厨二病を発症すると決まって読むのが太宰治ハイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そりゃもう生まれてすみませんですよ。申し上げます申し上げます旦那様。お母様がスプーンをひらっとやってスープを飲むのを真似してみたりもして。ああ、今思い出すと、まさに、恥の多い生涯を送ってきました、ですよ。

ほんでもって、太宰だけでは飽き足らず、谷崎潤一郎とか森茉莉とか澁澤龍彦とか、そっちのほうにも手を出したりなんかして、ええ、もう、あの時分に書いていた創作ノート(黒歴史)のお耽美ぶりが容易に想像つくでございましょう。

 

ほんでもって、高校生になったら、小説のほうへの関心はピタリと止んで、その代わりに実録・ドキュメンタリーものへの関心が出てきて、その中でも特に「社会学」に属するジャンルへの興味が強くなってきたんですね。

発端は、ニュースなどで報じられる少年犯罪への疑問ですよ。あの時代は、とかく教育現場が荒れてましてねぇ。今でも似たようなものでしょうが、少年たちの凶悪犯罪にスポットライトが当たっていた時代だったんですね。で、同世代の少年少女たちを犯罪に走らせたものは何なのかが知りたくて――ついでに、あわよくば創作のネタにしたいという下心も半分あって――週末になるとバスに乗って広島市の中央図書館とか県立図書館に足を運んで、図書館の「368」(社会病理)の棚から順々に読みまくったんですね。少年犯罪史とか女子刑務所のルポとか、何かとにかく片っ端から頭の中に詰め込んでいった感じですね。

そのうち、368の棚が終わってしまって、そこからどんどん右にずれていって、気がついたらいつの間にか「380」(風俗習慣・民俗学民族学)のエリアに辿り着いていたんですね。その頃には既に少年犯罪への興味は薄れてしまっていて、世界のトイレ事情の比較とか、日本各地の葬送儀礼とか、説話・民話の類とかが面白くてたまんなくなっちゃって。

その頃に出会ったのが「諏訪」。出雲と繋がりが深いという、この長野県の山の中の町に一度訪れてみたいものだ、と思ったのもこの頃です。いや、まさか、人生の後半を諏訪で送ることになるとは、もちろんその頃には全く考えてもいなかったのですがね。

ところが、付き合った男が諏訪の人間だったという縁で、茅野市図書館を訪れることになったのは前に述べたとおり。

sister-akiho.hatenablog.com

それから結婚して、正式に茅野市の人間になり、幼い息子に読み聞かせるための絵本を借りたり、あるいは自由研究の題材を探しに行ったり、茅野市図書館をはじめとする諏訪6市町村図書館ネットワークのお世話になって、現在に至る、という次第でございます。

絵本はいいよね。息子のためにと言いつつ、自分も読みたくて絵本を物色していたなぁ。島田ゆかさんの『バムとケロ』や『ガラゴ』は知り合いに勧められて図書館で借りて読み聞かせていたら、息子が夢中になっちゃって、結局買ったのよね。

 

図書館に行くと、基本、とりあえず興味のないジャンルの棚であっても、いったんぐるっと全体を歩いてみることにしています(コロナ禍ではやりませんでしたが)。機械工学だの美容術だのサッカーだの、背表紙を見てもほとんど心が揺れませんが、たまーに私を「呼んでいる」本があったりして、そういう時はいったん立ち止まって、とりあえず手に取ってみることにしています。たいていはペラペラっとめくって、ふーん、って感じで元に戻すんですけど、ごくまれに、ちょっと読んでみようかなと思うと、そこが新しい世界への入口になったりするんですよね。そこから何かの新しい発見に繋がったり、新しい趣味が増えたりするのも楽しいんですよ。そういえば、私が地衣類に注目するようになったのも、図書館で一冊の本を手に取ったことがきっかけでしたね。

sister-akiho.hatenablog.com

 

最近は、もっぱら漫画を借りることのほうが多くて、『ツバサ』とか『ゴールデンカムイ』とか『機動警察パトレイバー』とか『もやしもん』とか『銀の匙』とかね、こういった巻数の多い漫画本は、もう今さら買おうったって置き場所もないじゃないですか、こういうものこそ図書館の「今週は20冊貸出です」っていうタイミングを見計らってドカッとまとめて借りてきてイッキ読みするのが快感ですな。っても、その思いは他の方々も同じとみえて、たいてい先に借りられてたり、途中の巻が抜けてたりするんだけど。でもコロナ禍で外出できなかった時には本当に図書館がギリギリまで開館してくれたのがありがたかったわー。閉館する直前には、貸出冊数を無制限にしてくれてた図書館も多くて、あっちこっちから大量の本を借りてきて、おうちで漫画喫茶ごっことかやったもん。

sister-akiho.hatenablog.com

 

図書館の存在は本当にありがたい。私にとってはもう生活の一部と言っても言い過ぎじゃないぐらいですね。デジタルの時代だよとさんざん言われても、私はやっぱり紙の本が好きなのですね。これはもう、そういう人生を歩いてきたから仕方ないと思っていただくしかないのだけれども、デジタルの本が便利なことは分かっているけれども、紙の本がぎっしり詰まったあの書棚の間をぐるぐると歩き回って、何か私を呼んでいる本はないかしらときょろきょろしているあの時間がとても好きなのですね。他人の手の脂のついた紙の匂い、埃臭さ、日陰のベンチ、そこに腰を下ろして、黄ばんだ古い本のページを開く。さぁ、今日は、どんな新しい世界に出会えるのだろう?

 

今週のお題「読書の秋」

消化試合だと思っていたら意外と面白い展開になっていた

カープの話。

今期の前半戦があまりにもつまらん内容で、はぁ今年は最下位か5位かの、まぁベイスターズさんも似たようなとこにおってじゃけ、また横浜さんとお手手つないでドベ街道を走るんじゃの、と思うて、最近はラジオもただ垂れ流すだけでろくに期待せんとったら、この最後の最後になって、あれあれあれあれ、と驚くような好調ぶりであることよ。

オリンピックまであれほど不振だった鈴木誠也も、今や打点トップ、本塁打数はトップとわずか1本差という絶好調ぶり。やっぱ誠也はすごいわと感心するとともに、あー、メジャーに持ってかれちゃうのかな、と寂しくなってしまったり。

 

そんでもって、カープの好調ぶりと反比例する形で、ジャイアンツさんが凄まじい勢いで転げ落ちてきていらっしゃる。どうしたどうした。これ書いてる時点で3位のジャイアンツさんと4位のカープのゲーム差はわずか「3」。一時は15ゲーム差あったというのに、いったいこれはどうしたことだ。

というわけで、隣の課のO課長のご機嫌がここんとこずっとよろしくない。O課長は熱狂的ジャイアンツファンで、生まれつきの強面もあって、ただでさえ周囲に怖がられているというのに、ここんとこずっと眉間の縦皺が深くてますます恐ろしい。っても、私とは前々からセ・リーグファン仲間として気安く接してくださっている。廊下ですれ違えば「おい、そろそろ誠也よこせよ」「やですよ、丸を持ってったくせにまだ欲しがるんですか」と喧嘩腰の会話ができるぐらいに仲良しなのである(笑)

そのジャイアンツ愛みなぎるO課長が、ついに「もう、いいや。カープさん抜いてってよ」と泣きごとを仰るぐらいに元気がないのである。

私が「いやいや、実際には3ゲーム差は抜けませんて。ウチはスワローズとまだ3戦残ってますけん、バチボコにやられてBクラス確定ですって。なんせホラ、2015年だって、真中監督がベンチですやすや居眠りしてたビールかけの翌日のスワローズに、ウチは負けたんですけん。ウチは短期決戦に激弱ですけ、心配いらんですよ。クライマックスシリーズ頑張ってくださいや」と励ましても、しょんぼりうなだれたまま、「こんな状態でクライマックスに出てほしくねぇんだよ……辞退しろって思うんだよ……。俺、今年はカープ応援してやるからさぁ、クライマックスに出てくれよぉ」と仰るのである。やれやれ、いつも元気な人が凹んでいると調子が狂うなぁ。

まぁ、現実問題としては、カープのAクラス入りは限りなく細いのであって、おそらくジャイアンツを抜くことはあるまいと思っている。だもんで、期待せずにこの状況を楽しんでいる。なんせこちとら、はなから消化試合だと思ってたわけで、勝てれば儲けってぐらいの気楽さである。あんまり美味しくないコース料理を食べ終わって、そろそろ店を出ようかと思ったら、遅れてやってきたデザートがめっちゃ美味しかった、というぐらいの感覚じゃね。逆メークドラマを夢見るのも、たまにゃぁ良かろうや。

 

それにしても、カープの世代交代の勢いが激し過ぎて目が回る。元々カープは若い選手を多く登用するチームではあった(層が薄いからね)が、それにしても、あの3連覇の頃と比べてもけっこう入れ替わっている。あの頃のカープの代名詞といえば「タナキクマル」であったが、田中広輔ショートストップのポジションをほぼ小園海斗に奪われた形になっているし、丸佳浩ジャイアンツに行ってしもうた。菊池涼介だけは現在もセカンドを守り続けていて、最近は後輩を熱心に指導している様子。私の推しの羽月きゅんがキクの能力を全部吸収してくれれば言うことなしなんだが、まぁキクの壁はなかなか高いじゃろう、頑張れ羽月きゅん。

当面の楽しみは、栗林くんが新人王を獲れるか否か。今年の新人は豊作で、ライバルも多いけれども、私は栗林くんしかあり得んじゃろうと思っている。いや、新人王の査定はペナントレースの中だけで行われるこた知ってますよ。ほいじゃが、あんたぁ、オリンピックで5セーブ挙げて金メダル獲得に大いに貢献したルーキー守護神、そのイメージも忘れんとってくださいや、のぅ、スポーツ記者さんや。

私としては、去年、森下きゅんの新人王ユニ争奪戦に負けてしまったので、今年こそは栗林くんの新人王ユニを是非ともゲットしたいと願っているのである。背番号20のユニを買い替えたい、NAGAKAWAからKURIBAYASHIへ。

 

さて、シーズンが終わるこの秋の季節は、戦力外通告やら引退やらで、余計にセンチメンタルな気持ちになってしまうんだけれども、先日、「カピバラ長男」の愛称で親しまれていた今村猛がついに戦力外になってしもうた。寂しいねぇ。帽子にトンボが留まっていることに気づかず投げ続けていた、いまむー。あ、中村恭平も戦力外になってしもうたんか。ああ、切ないのぅ。お菓子作りが趣味で、妹が彼氏に贈るためのバレンタイン用ガトーショコラを作ってやったきょんぺー。まだまだ戦力外通告は続くので、私の好きな選手の動向が気になる、そんなセンチメンタルな秋である。

 

まぁ、そんな楽しかったり切なかったりする火曜日――はいはい、火曜日。最近は火曜日にブログ書くことが少なかったけぇ、呪いは消えたんかと思いきやまだ継続中。みんなで観よう、『おしゃべり唐あげ あげ太くん』。


www.youtube.com

インタビューのつもりが自分語り。感じわる。

 


www.youtube.com

♪花が輪になる~♪というのは、広島市でGWに開催されるフラワーフェスティバルというお祭りのテーマソング。昔から広島市民はよく菊、いや、聴くお馴染みの歌で、夕方6時を告げるチャイムのメロディとしても知られているのだ。コロナ禍のせいで今年は中止じゃったけど、来年は出来るかねぇ、フラワーフェスティバル。


www.youtube.com

花ぐるまを聴くと、やっぱり広島に帰りとぉなる。そろそろ帰らせてくれんかいのぅ。離れていると恋しくなるのが故郷やね。

『ミムムとシララ』

新潮社のコミックサイト「くらげバンチ」でよく読んでいる『ミムムとシララ ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~』のコミックス1巻が出たので、買いました。

サブタイトルがすごいけど、サブタイトルそのまんまの漫画です。

もともとは読み切りで発表されたものが、コミックスで第1話となっている「ドラゴンのちんちんを見に行こう」。発表時、あまりにも直球すぎるタイトルに、なんじゃこりゃと思って思わず読んでみたら、あまりにもそのまんまの内容で、オゥ……と衝撃を受けたのでした。

好評だったらしく、すぐに読み切りから連載に昇格。現在もくらげバンチにて、一話完結型の連載が続いております。連載昇格時についたタイトルが『ミムムとシララ』ってわけでね。さすがに「ちんちんを見に行こう」では色々と支障があったか(;^ω^)

 

えーと、あらすじ。って、もうサブタイトルで全部語ってるんだけどな。しょうがない、いつものようにカバー裏から引用させてもらおう。

魔法学校の優等生・ミムムシララ

ふたりは変身の授業でより好成績を獲得するため、変身対象の「すみずみまで」再現したいと考える。

ドラゴン、ユニコーンインキュバス、クラーケン、悪魔、スライム…異世界には未知のちんちんが溢れている。

そうだ、彼らのちんちんを見に行こう!

(カバー裏より引用)

というわけで、魔法学校の女の子2人が、好奇心に突き動かされて、危険も顧みず、ひたすら魔物の「ちんちん」を見に行く、それだけのお話。それ以上でもそれ以下でもない、ただ本当にそれだけの物語。

森の中の樹木に残された傷跡からそれがドラゴンの自慰の跡であると見抜いたり、船を海底に引きずり込むほど強大なクラーケンのちんちんを見るために沈没船の中を捜索したり、悪魔のちんちんを知りたいがためにわざわざ召喚したりと、なぜ彼女たちはそこまで「ちんちん」に執着できるのか、召喚された悪魔も困惑するレベルでマジキチな2人。

ところが、この2人の目的は、あくまでも「見る」ことなので、それ以上のあれやこれやは全くない。ミムムがインキュバスの催淫(チャーム)の魔法を食らったり、シララが全身ちんちんの触手に捕まっちゃったりとかするけど、ええと、おっきいお友達が期待するような展開はこれっぽっちもございません。

何しろ、ミムムとシララは(変身の授業でより完璧な変身をしたいという)極めて純粋な知的好奇心だけで行動しているわけで、動物学者が研究対象を隅々まで調べ上げるのと同じような感覚で、危険な魔物を調査しているわけです。ドラゴンの男性器を見たものはいないとされていた、ならば私たちが見に行こう!という。

面白いんですよね。魔物の習性もリアリティがあって、「自慰行為をするドラゴンは繁殖期に番いを作れなかったクソ雑魚トカゲ」とか、「ガーゴイルの雌は繁殖期に雄に意地悪な課題を与える」とか、もちろん作り話(ファンタジー)なのは分かっているけれど、ついつい「へーそうなんだ」と納得してしまいそうになってしまう自分がいます。あと、スライムの繁殖期の森は私も見てみたい。無数のきらめくねじねじ。素敵。

コミックス版の描き下ろしは、植物「マンドレイク」のちんちんを見に行く話。変な形の大根とか、あんな感じなのかしら。

絵柄も個性的。洗練はされていないけれど、勢いがあって粗削りな描線が味があっていい感じです。ぜひ試し読みしてみてくださいな。

kuragebunch.com