つれづれぶらぶら

寂しい季節がやってまいりました(戦力外とか引退とか移籍とか)

『四畳半タイムマシンブルース』

前の記事の続き。

sister-akiho.hatenablog.com

『マイ・ブロークン・マリコ』が終わってから『四畳半タイムマシンブルース』が始まるまでに1時間ほどあるので、近場で昼食を取ることにした。

サンサンロードをぶらぶら歩きながらGREEN SPRINGSの店先を覗き込んでいくと、手作り餃子とクラフトビールのお店があったので立ち寄る。ライスと焼き餃子に油淋鶏、そして常陸野ネストビールのホワイトエールを注文した。スタイルはベルジャンホワイトエール。

hitachino.cc

先にビールが来たので飲んでみる。予想以上にスルスルゴクゴク飲める。もちろんこの後に映画鑑賞が控えているので、酔わないように水もそのぶんいつもより多めに飲んでいるが、それにしたって飲みやすいのでついゴクゴクいっちゃう。餃子や油淋鶏とのペアリングを試してみようかな、なんて考えていたくせに、ふと気付いたら料理が来る前にグラスが空になってしまった、いかんいかん。

餃子も油淋鶏もとても美味しく、腹が満たされたところで、GREEN SPRINGSの2階の中庭を散策する。ちょうど「たちかわ妖怪盆踊り」というイベントを開催しているらしく、狐のお面を被った浴衣姿の人を多く見かけた。楽しそうだなーと思うのだが、映画の開始時刻が迫ってきているので、通り過ぎるだけに留める。

yokaibonodori.tokyo

えっ。今この公式サイトを見て気がついたんだけど、スチャダラパー石野卓球も出演するの?マジか。すげぇ豪華じゃん。東京に住んでるとこういうイベントがしょっちゅうあっていいよなぁ……羨ましいぜ……。

 

さて、単に映画レビューを読みたい方々にとっては、それ以外の私の行動のあれこれ、昼飯なに喰っただのという記述は不要なんだろうけど、私にとっては、こういったあれこれの雑事の記憶が映画と結びついているわけだ。だもんで、いちいちどこの映画館で観たとか、どうやって行ったかとかの記録を残しているわけだ。皆さんにとっては不要な情報なのだが、このブログはそういう方針なのでご了承願いたい。とかなんとか言っているうちに、シネマ・ツーに戻ってきたよ、と。

というわけで、ここからようやく『四畳半タイムマシンブルース』の映画の話。おまっとさんでした。

入場ゲートで、小さな冊子を配付される。劇場来場者特典の『ふしぎな石のはなし』という、森見登美彦先生書き下ろしの掌編小説である。ちなみに1週目と2週目とでは配付される小説が異なるらしい。詳しくは森見先生のブログをお読みになるとよろしい。

tomio.hatenablog.com

2週間限定上映という制約もあってか、劇場内は満席に近い客入りである。最前列までぎっしり入っている。シネマシティはスクリーンと客席が近いので最前列だとけっこうしんどそうだが。

さて、この映画『四畳半タイムマシンブルース』は森見登美彦先生の小説が原作なのだが、それ自体が森見先生の『四畳半神話大系』と、上田誠ヨーロッパ企画)の青春SF戯曲『サマータイムマシンブルース』とが悪魔的融合したものである、というのは前提として認識しておきたい。


www.youtube.com


www.youtube.com

四畳半神話大系』は、明るいキャンパスライフ、そして意中の乙女「明石さん」との輝ける未来を夢見る「私」が、タイムループして「ifの世界」を何度も体験するという物語。最初に選んだサークル活動によってその後の生活に変化が生じるが、悪友の「小津」を始めとする「下鴨幽水荘」の個性的な面々によって結局ろくでもない結果に終わってしまうのだ。

 

そんな下鴨幽水荘の連中がタイムマシンを手に入れたらどうなることか、というのが本作品のテーマである。


www.youtube.com

物語自体は戯曲『サマータイムマシンブルース』を踏襲しているのだが、登場人物が四畳半メンバーに置き換わっていることで、そこにまた新たなおかしみが生じる。もちろん『四畳半神話大系』を知らなくとも、映画そのものは充分鑑賞できる内容になっているのだが、知っているとさらにおかしさ倍増である。タイムマシンで昨日のリモコンを取ってくる大作戦の第一陣に選ばれたメンバーが「小津、樋口師匠、羽貫さん」である時点で、『四畳半神話大系』的にはそれがとんでもなく最悪な人選ミスであることが直感的に分かるのである。あと、城ケ崎先輩が着ているTシャツの文字の意味も分かる(こっちはどうでもいい内容だが)。

 

こちらもストーリーは説明しないでおこう。

ただ、ひとつだけヒントを出しておくと、「最初の時点で、約束は成立している」。これがどういう意味かは、観ているうちに分かってくるはずだ。

 

製作はサイエンスSARU。監督はTVアニメ『四畳半神話大系』の6話を担当した夏目真悟。陰のない着色、デフォルメされた動き、マンガ的なのっぺりした背景など、TVアニメの雰囲気そのまんま。あのお馴染みの風景の中で、いつものあの連中が暴れ散らかすのがめっちゃ楽しい。そして今回もキーアイテムは「もちぐま」なのだ。もちぐまによって明らかになる真実とは――それは御自分の目でお確かめあれ!

 

主題歌はアジカン。MVがすごく凝ってるので楽しんでほしい。顎がwww


www.youtube.com

 

『マイ・ブロークン・マリコ』

今年の秋は、観たい映画がけっこう多い。

差し当たっては、9月30日封切の『マイ・ブロークン・マリコ』と『四畳半タイムマシンブルース』はどちらも観ておきたいと思ったのだ。ところが、いつものことではあるが、近場で上映されていないのであった。ちくしょう。

かくなるうえは、まぁ感染症もだいぶ下火になってきたことではあるし、いつものように軽率に東京に映画を観に行ってやれと思って調べてみたら、おっ。立川シネマシティ(シネマ・ツー)でちょうど両方やってるじゃないか。しかも上映時間の並びもいい。特急電車との兼ね合いもいい。ついでに言うとシネマ・ツーのすぐ近くにクラフトビールを売っているお店もいくつかある。ほっほっほ、映画2本観てビール買って帰る、そりゃナイスな休日の過ごし方じゃないか。

しかもこの土曜日は「1日」、映画が安く観られる日。いつもは1本1900円の映画が700円引きの1200円になる。2本観れば1400円のお得。おお、ビール代が浮くぞ。最高じゃないか。行こう行こう。ってなわけで、本日10月1日の土曜日、1人で特急あずさに乗って立川まで映画を観に行ってきたのである。

 

先に観たのが『マイ・ブロークン・マリコ』である。


www.youtube.com

原作は、平庫ワカによるコミックである。2019年にWEBコミックで公開されるや否や爆発的な反響を呼び、「この漫画がすごい!2021年」オンナ編第4位、2021年文化庁メディア芸術祭漫画部門新人賞などの高い評価を受けた。

第1話のボイス付き試し読み動画があるので、原作漫画の雰囲気を知りたい方はまずこちらをご覧あれ。


www.youtube.com

幼い頃から虐待を受け続け、そのために精神を病んだマリコ。そのマリコの突然の死を知った親友のシイノは、マリコの遺骨を奪い取り、かつて2人で約束したあの海へと旅に出る――という物語。

主人公のシイノは、化粧っ気のない顔にぼさぼさ髪、ヘビースモーカーで口が悪く、薄汚れたコートと履きつぶしたカビ臭い靴を履いている。感情を剥き出しにし、汚い言葉で悪態をついたかと思えば、鼻水を垂れ流しながら激しく泣く。

この、お世辞にもあんまり美しいとはいえないヒロインを、永野芽郁が演るというのだ。可愛く明るく清純で、つやつやの真っ白な肌に愛くるしい目鼻立ち。そんなパブリック・イメージからすると、ミス・キャストじゃないのか?とさえ思ったのだ。

いや、もちろん『地獄の花園』でヤンキーOL役を演ってたりはしたよ?でも、あれはコントだという前提があったから。清純派女優がオラオラの台詞を喋るというギャップで笑う、という仕掛けだったからさぁ。

sister-akiho.hatenablog.com

でも、今回はコントじゃない。ガチだ。あの永野芽郁が包丁やフライパンを振り回して怒鳴る、暴れる、ラーメンをすすり、飯をかっこむ。鼻水をだらだら垂らしながら泣く。そこにいつもの可愛らしい永野芽郁はおらず、「シイちゃん」がいた。

そして、マリコを演じる奈緒もまた、鬼気迫る演技を見せてくれる。全身に痣を作りながらへらへらと頼りなく笑い、たった一人だけ心配してくれる親友のシイノに依存し、友情という鎖でシイノを束縛する。その壊れた心のさまを、見事に演じ切っている。

そのマリコのクズな親父は、いやホンマに救いようのないクズ親父だったわけだが、エンドロールで「尾美としのり」という名前を見てビックリした。大林映画で多感な少年を演じていた彼が、こんなクズ親父を演じるなんてなぁ。遺骨を持ち逃げされた瞬間の表情が、さまざまな感情を含んでいて良かった。やっぱり上手いね。

 

公開したばかりの作品なので、内容の説明はここではしないことにする。虐待や共依存といったかなり重めのテーマを扱っているので、そういう内容が苦手な人には少々キツいかもしんない。

ただ、ずっと暗いばかりではなく、若干ではあるがクスッと笑えるシーンもいくつかあることはある。特にマキオとの別れのシーンは、しんみりした後だけにちょっと笑った。

あと、映画全体の色彩感覚が良い。原作漫画の持つ、醒めたような褪せたような微妙な色合いが上手く表現されている。秋の海とススキのコントラストも寂しげで美しい。

 

ところで、映画の中でほんの一瞬だが、この立川シネマシティのシネマ・ツーが登場するのである。えっ、此処、ついさっきジンジャーエールを買ったとこじゃん?ってビックリしてしまった。立川に観に来た人だけのお楽しみと言えるかもしんない。立川でご覧になる方はお楽しみに。短いシーンだけど。

 

あと、パンフレットがマストバイである。平庫ワカの描き下ろし表紙イラストだけでも豪華だが、スチール写真、キャスト紹介、スタッフ紹介、キャストやスタッフへのインタビューなどなどコンテンツも多く、そしてなんと決定稿のシナリオが丸々収録されているのだ。良い映画を観るとシナリオを読みたくなる私にとっては、これはもうめっちゃ嬉しいサービスである。あ、だから上映前にパンフレット買う派の人は先に読んじゃダメだよー。あのシーンのあの表情がどのような意図で生み出されたか……などなど、映画を観た後でシナリオを読むと理解が深まってなお充実感がある。買うべし。

 

『四畳半タイムマシンブルース』については、次の記事にて。

sister-akiho.hatenablog.com

『思えば遠くにオブスクラ』私も読みました

こないだ、私が書いた『税金で買った本』のレビュー記事が、はてな公式ブログさんでピックアップされましてね。

blog.hatenablog.com

いや、まぁ、ホント、はてな運営さんはこんな辺境ブログまでよく目を通していらっしゃる。これこそがウェブサイト管理人としてのプロフェッショナル仕事の流儀だよなぁ……じゃじゃじゃーん、じゃじゃじゃーん、じゃじゃじゃじゃーん……。


www.youtube.com

あ、えと、脱線しまくってますが、はてな編集部の谷口さん、先日はどうもお世話になりました。私のだらだら長文をスキッと要約して、なんかカッコイイ感じにまとめてくださってありがとうございました。これからも頑張って面白い漫画を紹介していきますね。

 

で、この公式ブログにピックアップされていた漫画の中で、音江 鈴さんが紹介された『思えば遠くにオブスクラ』という漫画がちょっと気になって、試し読みをして面白そうだなぁと思っていたところ、先日、ビアフェスの後で酔っぱらいながら立ち寄った松本パルコのヴィレッジヴァンガードにちょうどあったので、おー、これこれ、これも買うてこ、と『琥珀の夢で酔いましょう』とまとめてドサッと買ってきたのでした。

試し読みページはこちらからどうぞ。

souffle.life

何の計画もなく海外移住したフリーカメラマンの片爪亜生(かたづめあき)は、移住先のドイツ・ベルリンで、音響アーティストの石根莉加(いしねりか)とルームシェアをしながら新しい生活を始める。やがて、片爪の大学時代の後輩でグラフィックデザイナーの王子多華子(おうじたかこ)も加わり、3人は慣れない海外生活の中でさまざまな経験を積んでいき、少しずつ変化していく……という物語です。

 

上巻の途中ぐらいまでは、海外移住あるある漫画のような雰囲気で進みます。ベルリンのグルメはなんと「ケバブ」だとか、ドイツの家庭のクーラー普及率はたったの3%だとか、風邪ぐらいでは医者や薬局に行っても薬は出してもらえないとか、日本人から見ると「えっ」と驚くことが色々と紹介されます。移住先で文化の違いに遭遇する漫画といえば、以前『サトコとナダ』をご紹介しましたが、それに近い雰囲気を感じます。

sister-akiho.hatenablog.com

 

しかし、下巻に入ると、この漫画はぐっと趣が変わり、物語が動き始めます。そのきっかけとなるのは、片爪が「服部洋子」という老婦人と出会い、ある依頼を受けることなのですが、その仕事を通じて、片爪は自分自身のコンプレックスと向き合うことになります。それと時を同じくして、石根からの予想外の提案により、3人はまた大きな転換点を迎えることになるのでした。

下巻はとても内省的な内容で、3人のキャラクターの内側に焦点が当たり、物語としての奥行きもぐんと深まります。帰属意識やこだわりから少しずつ解放されて、自分にとってホッとできる「居場所」を探していくような。

 

メインキャラクター3人のうち、最もチャーミングなのは石根さんです。「歩く乱数」というか、考えるよりも先に行動するタイプのパワフルで楽天的な彼女は、変人という一言では括り切れない魅力に溢れています。すぐに友達を作れちゃうし、誰に対しても臆せず尋ねることができる能力は、同居人としては最高に頼りになるんじゃないでしょうか。いや、ま、そのぶん失敗も多いんだけどね。

 

料理のシーンが多いのも、この漫画の面白いところです。日本の食材が手に入らない中でどのように日本食(っぽいもの)を作るかと試行錯誤したり、現地の屋台などで売っている料理や食材を味わうシーンが楽しいです。とりあえず下巻で紹介されている「Deep Fried Sushi Roll」(巻き寿司に衣をつけて揚げたもの)がすごく気になります……寿司なのにジャンクフード……衣のザクザク感……気になる……。