つれづれぶらぶら

しまった、土曜日に美容院予約しちゃった。カープのファン感、見逃し配信やってくれるんかなぁ?

スワン・シュークリームの想い出

バターの焦げる甘い匂いを嗅ぐと、幸せな記憶が蘇ってくる。

 

 

今でこそ、各家庭の台所には当たり前のようにオーブン・レンジがあるけれども、私がまだ幼かった昭和のあの頃、オーブンのある家はとても珍しかった。

料理作りが好きな姉は、母が持っている古い洋菓子のレシピ本の写真を眺めては、いいなぁ、うちにもオーブンがあったらなぁ、と溜息をついていたものだ。

ところが、その頃、うちの家族が住んでいたアパートの階下に、お菓子作りが趣味のおばさんが住んでいたのだ。そして、そのお宅にはオーブンがあったのだ。

どうしてそうなっていたのか、幼い私には分かっていなかったのだが、なぜだか、近所の子ども達は時々そのおばさんのお宅に招かれては、おばさんお手製のお菓子をご馳走になっていたのだ。

おばさんの焼くマドレーヌが何より大好きだった。裏に紙のついた、丸くて大きなマドレーヌ。バターの焦げる香ばしい匂い。温かくてふんわりして、夢のように甘くて。

もちろん、近所には不二家だってあったし、リトルマーメイドのパン屋には焼き菓子だってあった。だけど、40年ほどを経た今になっても、マドレーヌといえば、おばさんのマドレーヌを真っ先に思い出すのだ。

 

『ダイヤモンドの王子様!』という恋愛小説の設定を作っているとき、登場人物の「好きな食べ物」は何だろうと考えていた。

maho.jp

自分でうんうん考えていてもまるで面白い発想が出てこなかったので、いつものように、旦那であり創作仲間でもある現観夢幻くんに「キャラクターの好きな食べ物を考えてくださーい。あ、犬ヶ岬はスイーツ男子にしたいんでヨロシク!」と乱暴に丸投げしてみた。我ながらヒドい嫁である。そして、「えぇ……?」と戸惑いながらもあれこれ懸命に考えてくれる現観くんはとても優しい夫である。

そして、スイーツレシピのサイトを巡ってうんうん唸っていた現観くんが「犬ヶ岬の好物は、……あ、マドレーヌとか、どう?」と答えた。「それだァ!」と膝を打つ私。

「武骨で寡黙な中継ぎ投手」と「マドレーヌ」。このアンマッチな取り合わせが面白くて、そこから犬ヶ岬の幼少期のイメージがむくむくと湧き上がってきた。きっとお母さんが焼いてくれたんだろう、その日の犬ヶ岬家の台所はきっとバターの焦げる甘い匂いに満ちていたんだろう……、と。

 

話を戻そう。

そのおばさんはマドレーヌ以外にもさまざまなお菓子を作ってくれたのだが、中でも、絶対に忘れることのない最高の想い出がある。

それは私の誕生日だった。5歳だったか6歳だったか、はっきりした記憶はない。

ただ、その日、おばさんが私のためだけにわざわざ作ってくれた特別のお菓子、「スワン・シュークリーム」の、そのすがたは、鮮明に覚えている。

まぁるく膨らんだシュークリームに切り込みが入って、その切れ目から真っ白な生クリームが白鳥の羽のようにたっぷりと溢れている。その反対側にはS字形のクッキーが、白鳥の首を模して立てられている。シュークリーム全体には純白の粉砂糖がかかっていて、きらきらと輝くよう。

幼い少女だった私にとって、それは憧れの「プリンセスのお菓子」だった。

なぜ、おばさんがわざわざスワン・シュークリームを作ってくれたのかは覚えていない。もしかしたら私がおねだりしたのかもしれない。お姫様のイラストか何かを見て、あたしもおひめさまになりたーい、なんて無邪気に言っていたのかもしれない。おばさんの名前も顔も覚えていない。うちの親がおばさんに対しどんなお礼をしたのかも知らない。でも、あの日のお姫様になったような誇らしい気持ちは、あの頃のおばさんの年齢を追い越してしまったであろう現在もなお、私の胸の中できらきらと輝いている。

 

バターの焦げる甘い匂いを嗅ぐと、いつも、幸せな記憶が蘇ってくるのだ。

エリザベスとケン助

またしても感染が拡大しているってことで、せっかくの三連休だというのに、「人の集まる場所にはなるべく行かないように」と政府からのお達しが。うん、まぁ、こういうのには慣れたし、近所で遊ぶ方法はこの9か月ほどで色々と覚えたのだ。

てなわけで、今日は退屈しのぎと運動不足の解消を兼ねて、久々に永明寺山へハイキングに行こう!  

sister-akiho.hatenablog.com

永明寺山へ徒歩で上るのは過去に2回やっている(なお、車では何度も上っている)。

山頂の永明寺山公園までのルートは何本もあって、3年前、最初に上った時は、塚原から山の斜面をまっすぐに上っていく獣道のような藪の中の道をぜえぜえ言いながら上った。傾斜はきついわ、衣服に植物の種がびっしり絡みついてあちこち痛いわ、本当にこれは道で間違いないのか大丈夫なのかという不安に駆られ続けて落ち着かないわで、必要以上に疲れてしまった。しかもこの時は帰り道を間違えて、家のある方向とは正反対の米沢の方向へ下りてしまい、家に帰るまでが途方もなく時間がかかったというオチまでついている。

 

2回目のチャレンジとなった今年3月(上の記事)の際は、最も楽ちんなハイキングルートを検索して、上原の頼岳寺の裏から伸びる舗装されたなだらかな道を行くことにした。途中に上原城跡もある風光明媚なルートではあるのだが、なだらかであるということは逆に言えばそれだけ距離が長いということで、公園に上がるまでに1時間半もかかってしまった。息子は途中で飽きてしまって、もうこのルートでは上がりたくないとぶーぶー言う。さて、どうしたものか。

 

てなわけで、今回は塚原のデニーズの交差点からまっすぐ永明寺山公園墓地へ入り、墓地の端っこにある登山口から上っていくことにする。前2回の経験から見て、おそらくこのルートが距離も短く、道もそんなにひどくないはず。

木々の間に伸びた細い小路は、獣道というほど荒れてはおらず、きちんと整備された跡があって安心。 

f:id:sister-akiho:20201122153956j:plain

とはいえ勾配はそれなりにあるので、日ごろの運動不足がたたって、一気に歩こうとすると息が上がる。こまめに休憩を入れて呼吸を整えるものの、さすがにちょいとしんどいなぁ。

f:id:sister-akiho:20201122154009j:plain

苔むした石に座って周囲を見回していると、すぐ近くに伐採された木の枝が積んであるのに気づいた。

そういえば以前、姑が「最近、足腰が弱くなっちゃってねぇ。杖(ポール)を買ったのよ。杖を使ったら歩くのが楽になったんだわ」と嬉しそうに話していたっけ。

そう思って探してみると、しっかりした太さの枯れ枝が2本ある。長いのは私に、短いのは息子に持たせて、歩くのを再開した。するとまぁ、姑の言うことは本当だったわ、杖があると歩くのが本当に楽!

安定感が増すし、一定のリズムで杖をつくことで歩く速度が整うしで、こりゃええもん拾うたわい。そう思うとこの杖に愛着がわいてきて、名前を付けようということになった。

私「エリザベス」

息子「ケン助」

なんでエリザベスとケン助なのかは理由なんてあるはずもない。その場のノリの脊髄反射である。ともあれ、エリザベスとケン助の力を借りた私と息子は、永明寺山公園に辿り着くことができたのだった。 

野外レクリエーションゾーンの入口にいる動物たちは、総じて目ヂカラが強い。

f:id:sister-akiho:20201122153932j:plain

f:id:sister-akiho:20201122153921j:plain

このエリアにはアスレチック設備があり、そのメインとなるのが「50mのロング滑り台」である。長いので気分爽快だが、一度すべり降りると上がってくるのが結構しんどい。

センターゾーンにあるローラー滑り台も面白いのだが、アスレチックでたっぷり遊んだら息子はすっかり満足したらしく、今日はもう帰ると言う。「わんぱく砦」の陰に隠しておいたエリザベスとケン助を取って、来た山道を引き返す。

下り道はつい早歩きになりがち。うっかり走ってしまうと転んだりして危険なので、エリザベス(ケン助)をこまめに突いて、なるべく一定のリズムで歩くように心がける。あっという間に永明寺山公園墓地の登山口まで戻ってきた。

ここでエリザベスとケン助との「お別れの会」を開く。2人で代わる代わる感謝の言葉を述べ、拍手をして、案内図の看板に立てかけておいた。ありがとう、エリザベスとケン助。さっきまでただの枯枝だった君たちは、我々との出会いによって節を削られ表皮を剥がれてつやつやした杖となり、我々を安全に道の先へと導いてくれた。ありがとうありがとう。もしも縁があったならば、次は他の誰かを助けてやってくれよ。

f:id:sister-akiho:20201122153906j:plain

それにしても今日は暖かかったねぇ……。

f:id:sister-akiho:20201122153943j:plain

サニーレタスの大量消費

そういえば、先日、うちの冷蔵庫がサニーレタスでぱんぱんになってるって話をしてたじゃないですか。 

sister-akiho.hatenablog.com

 結局、あの後、あのサニーレタスはあっけなく片付いたんですよ。

どうやったかというとですね、そういえば『きのう何食べた?』で「レタスしゃぶしゃぶ」やってたじゃないか!と思い出しまして、ところがうちにはしゃぶしゃぶ鍋も卓上コンロもないんですね、だもんで、えーいっ面倒くさい、だったら鍋でいいじゃありませんか鍋で!と思って、鍋の完成直前にレタスをドバっと(オイオイオイこんなに入れちゃって大丈夫か?と不安になるぐらい大量に)入れてみたんです。そして軽く火を入れて、蓋をして蒸らして、食卓で鍋の蓋を開けたら、あれっ?あんなにたくさんあったサニーレタスはどこ行った?ってぐらいに嵩が減ったんです。

f:id:sister-akiho:20201115200927j:plain

「サニーレタスと鶏つくねの味噌仕立て鍋」。

レタスはそもそも生で食べる野菜だから、あんまり火を通し過ぎないほうがいいと思います。嵩が減ってもシャキシャキ感は残っているので、白菜ともキャベツとも違う食感のお鍋になりますよ。もちろんサニーレタス以外のレタスでもいけるはず。玉レタスやグリーンリーフだと色が綺麗に仕上がりそうやねぇ。

 

なお、サニーレタスは味噌汁の具にしても美味しいです。煮込む必要がないので、急いでいる時にちゃちゃっと作れて便利ですよ。

例えば、鍋に人数分の湯を沸かした中にマルコメ液みそを溶かし入れ、溶いた卵を高い所から糸状に落としてかきたま汁を作り、卵が半熟のうちに、ちぎったレタスをどばっと放り込んで火を止める。はい、これでレタスのかきたま味噌汁いっちょ上がり。所要時間は1分程度。汁椀によそっている間に余熱でレタスがしんなりするので、「いただきまーす」を言うタイミングでちょうど良い塩梅になりますぜ。

 

あとは恒例の、最近の晩ご飯の備忘録。

 

こないだ、八幡芋のきぬかつぎが息子に好評だったので、また八幡芋を買ってきて作ったんですよ。 

sister-akiho.hatenablog.com 

ところが里芋って地味に当たり外れが大きい野菜ですよね。次に買ったのはハズレっぽくて、茹でても固くて、あんまりねっちりしてなかったんです。でも大袋を買ってきたので、残りがまだたくさんある。どうしたもんか。

こんな時、とりあえず「困ったら、焼こう。」が、最近の私の思考パターン。

皮を剥いて、身が赤くなったり茶色くなっている部分は固くて美味しくないので取り除いて、1センチ厚ぐらいにスライスしたら、ベーコンと一緒に多めの油でカリッと焼き目がつくまで焼いて、余分な油を捨ててから、少量のバターを入れて全体に絡め、最後に味ぽんをサッと回しかけて軽く炒めて、完成。

f:id:sister-akiho:20201115200916j:plain

八幡芋とベーコンのバタポン焼き」。

表面カリッ+中身もちっ。里芋のねばねばが苦手って人もこれなら大丈夫じゃないかしら。味ぽんはあまりかけ過ぎないほうがいいと思います。ちょっと足りないぐらいでも、バターの風味とベーコンの塩気でイケるはず。うちの息子には大好評でした。ご飯のおかず以外にも、晩酌のアテにもいいかもね。

 

週一で行くJA系スーパーの鮮魚コーナーは、「魚のあら」が安くて、しかもしっかり身のついた部分をたくさん入れてくれるのですよ。

ブリのあらと大根が安いと来たら、そりゃもう「ぶり大根」作るっきゃないでしょ。

f:id:sister-akiho:20201115200904j:plain

生姜の細切りを加えて40分ぐらい弱火でひたすらコトコトコトコト。味を調えて1時間ぐらい放置したら、大根がブリと生姜の旨味を全部吸い込んで、とろっとろ。炊き立てご飯と合うんだ、これがー。

 

別の日は、鮭の切り身が安かったので、「石狩鍋風の味噌仕立て鍋」にしてみました。

f:id:sister-akiho:20201115200843j:plain

大根とニンジンをひたすらコトコト煮て、柔らかくなったところで一口大に切った鮭の切り身を入れてさらに煮込む。味付けは、味の素の鍋キューブの「鯛と帆立の極みだし」」1個+「ぽかぽか生姜みそ鍋」2個。鍋キューブは色々な種類のを買っておくと、微妙な味の調整ができてめっちゃ便利よ。

寒い晩はこういうお鍋があるとホッとしますよね。野菜もたくさん食べられるし、身体も温まるしで、これからの季節はやっぱお鍋っしょ。しゃぶしゃぶもいいよね。あー、卓上コンロ買っちゃおうかなー(´へ `;) 

 

今週のお題「鍋」