つれづれぶらぶら

野球が始まったら起こしてください。侍ジャパンのは見るから。

富士見パノラマリゾートの夏が来た

昨年の夏は、富士見町の2大リゾート施設(富士見パノラマリゾート、富士見高原リゾート)のゴンドラなどのチケットが、諏訪地域6市町村&山梨県全域在住者にはタダにします、というキャンペーンがあって、このブログでもさんざん記事にさせてもらったんですけどね。 

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

で、去年こんなにも富士見町さんのご厚意に甘えまくっちゃったから、正直、今年はちゃんと正規のチケットを買って遊びに行こう、と思ってたんです。すごく景色が良くて涼しくて気持ちが良い場所だったし。車で20分で行ける避暑地って最高ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

……と思っていたら、息子がまた学校でチラシを貰って帰ってきたのですよ。

「今年もタダでいいんだってー。お母さん行こーよー」

マジすかΣ(・ω・ノ)ノ!

しかもですよ、今年はさらに対象者が増えてて、長野県全域&山梨県全域&静岡県全域在住者をご招待するんですってよ。お待たせしました、諏訪以外の長野県民さんと静岡県民さん!ウェルカム富士見町!!!

詳細はこちらの公式ページをご確認くださいませ。期間は9月5日まで。去年よりちょっと短くなってますのでお越しになるならお早めにね。

www.town.fujimi.lg.jp

 

では、今年も富士見町さんのご厚意にどっぷり甘えて、たっぷり遊びまくらせてもらおう!ということで、連休初日の昨日(22日)、さっそく息子と一緒に富士見パノラマリゾートに遊びに行ってきました。

f:id:sister-akiho:20210723171828j:plain

チケット売り場前のテントにて、検温と消毒をしてから入ります。チラシを持っていない人も、このテント内に無料クーポン券の用紙が置いてあるのでご安心を。記名したクーポン券と住所が確認できる身分証明書をチケット売り場に持って行くと、ゴンドラ乗車チケット(往復)と、山野草ガイド、スタンプラリーキャンペーンのパンフレットや台紙、割引クーポンなどが貰えます。タダで。マジ太っ腹っす富士見町さん。

f:id:sister-akiho:20210723171857j:plain

4連休の初日とあって、多くのお客さんがいらっしゃっていました。前にもお話ししましたが、この富士見パノラマリゾートには、マウンテンバイクのダウンヒルコースが整備されていて、大会も何度も行われているほど人気のゲレンデなのだそう。マウンテンバイクを運ぶための専用リフトもあります。また、パラグライダーも楽しめます。

そして、ゴンドラで山頂に上がると、そこは色とりどりの山野草が咲き乱れる美しいお花畑。

f:id:sister-akiho:20210723171918j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171928j:plain

この白い花はセンジュガンピかな。花弁の縁のフリルが可愛い。

ゴンドラ山頂駅から林の間の小路を進み、入笠湿原へ。

f:id:sister-akiho:20210723171819j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171823j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171902j:plain

ハナショウブシモツケなどの美しい花々が湿原を彩ります。

入笠湿原を過ぎて、さらに進みます。おお、今年もサルオガセがあちこちの樹々からモヤモヤとぶらさがっておる。去年、何も知らずに見たときは気味が悪いと思ったけれど、今ではすっかり愛すべき植物――じゃないや、地衣類ね。

f:id:sister-akiho:20210723171853j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171813j:plain

小路に咲く可憐なキバナノヤマオダマキ

しばらく歩くと、そこは「お花畑」と呼ばれる、入笠山登山口。山の斜面いっぱいに、たくさんの花々が競い合うように咲いています。ピンク色のヤナギラン、紫色のクガイソウ。花々の間を忙しく飛び回る蜂や蝶たち。

f:id:sister-akiho:20210723171913j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171923j:plain

本当は、ここからさらにずんずん奥へ進んで大阿原湿原まで行くつもりだったんだけど、ちょうど雨がポツポツ降り始め、遠雷の音もかすかに聞こえ始めたことから、これ以上先に進むのは諦めて戻りました。山の天気は変わりやすいからね。

f:id:sister-akiho:20210723171833j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171837j:plain

 

ゴンドラで山麓駅まで降りて、レストランでしばし休養。

f:id:sister-akiho:20210723171908j:plain

富士見パノラマリゾートに来たら、オリジナルの「赤いルバーブソフト」は必ず食べてみて。甘酸っぱくて美味しいのよん。

www.fujimipanorama.com

コロナ禍がなかなか沈静化しなくて困っていたけれども、ともあれ、今年の夏もこうやって楽しめる場所を与えてもらえているというのは嬉しいことです。お世辞抜きで、本当に良い場所ですので、長野県・山梨県静岡県の皆さん、感染対策にご配慮のうえ、今年の夏は是非ぜひ富士見町へお越しください!(ついでに隣町の茅野市にも遊びに来てね!)

f:id:sister-akiho:20210723171843j:plain

f:id:sister-akiho:20210723171848j:plain

『コロナと潜水服』

ついに「コロナ」が小説のタイトルになる時代になったんだなぁ、と図書館の新刊コーナーに置いてある本を手に取ったら、あら、奥田英朗さんじゃないの、じゃあきっと面白いはずだし、読もう読もう、と迷うことなく借りてきた。 

 

奥田英朗さんといえば、第131回の直木賞受賞作『空中ブランコ』などの精神科医・伊良部一郎シリーズが大好きだ。私はノイタミナ枠で放映された同名のアニメーションからこの原作を読んだのだが、アニメも原作もどちらもすっごく好きだ。アニメまた観たいなぁ。ネットフリックスあたりで配信してくんないかなぁ。三ツ矢雄二のヘンタイチックな演技が何とも言えず可笑しくて最高なんだよなぁ。 

sister-akiho.hatenablog.com

 

話を戻して、『コロナと潜水服』の話ね。

この本には、『海の家』、『ファイトクラブ』、『占い師』、『コロナと潜水服』、『パンダに乗って』という5編の短編小説が納められている。そして、全体を通じて、幽霊や超能力など、現代のありふれた日常の中で不意に異なる次元に迷い込んだような、ちょっぴり不思議な物語集である。

とはいえ、ホラーやオカルトといったたぐいのおどろおどろしいものでは決してない。むしろ、閉塞した環境の中にいる主人公たちを不思議なチカラがそっと励ますような、優しくて人情味にあふれた作品集だ。文体は明朗でとても読みやすく、ドタバタしたコメディタッチな部分もあり、読後感がとても爽やかだ。

 

表題作の『コロナと潜水服』は、まさにこのコロナ禍の日常を描いている。35歳のサラリーマン・渡辺康彦も在宅勤務を余儀なくされているが、日がな一日家にいて5歳の息子・海彦の相手をしているうちに、息子には新型コロナウィルスを感知する超能力があるのではないか?と思うようになる。

そんな折、やむを得ず出席することになった講習で、マスクもせず密着して喋りまくる講師の飛沫を浴びてしまった康彦は、息子の反応から、自分がコロナウイルス感染症に罹ってしまったらしいことを知る。

家族に感染させないため防護服を着用しようとしたが、防護服はおろか雨合羽さえも売り切れで、仕方なく妻が古道具屋で買ってきたのはなんと潜水服。それを着て外出したら、近所の話題になって、しまいにはテレビのワイドショーまでやってきてしまって大騒ぎ、というドタバタコメディーな展開は、いかにも奥田英朗さんらしくて笑ってしまう。

 

奥田英朗さんらしさといえば、こういう言い回しも実に分かりやすくて、好きだ。 

どうせなら海の見える静かな一軒家がいいと贅沢な希望を抱き(自分にはそうする権利がある気がした)、湘南地域の不動産屋を回って貸別荘を探したところ、一軒の不動産屋で、国会議員の鈴木宗男を彷彿とさせる初老の店主から、「ご主人、だったらいいのがありますよ」と、つばきが飛んできそうな勢いで勧められたのが、葉山御用邸近く、一色海岸から歩いて一分という奇跡的希少物件であった。

(『海の家』P8)

この直後に、不動産屋の店主の有無を言わせぬ無尽蔵のセールストークが長々と続くのだが、早口でまくし立てるその馴れ馴れしい言葉遣いが、もうすっかり鈴木宗男議員のあの独特の高い声で脳内再生されてしまうのだった。いや、うん、確かにいるよね、こういう押しのやたら強い人www

 

また、前にも言ったが、奥田英朗さんは野球がお好きで(中日ドラゴンズファン)、『占い師』はプロ野球選手を恋人に持つフリーアナウンサーの悲哀を描いている。年俸1億円以上を稼ぐスーパープレイヤーの妻になりたいと思いつつも、成績が良くて注目が集まると他の女たちも彼に群がってしまう。じゃあ成績が悪くなれば周囲の注目も集まらないから私だけの彼氏でいてくれるのか?という悩みを抱いた彼女に、占い師は不思議な提案をする――というお話。

これなどは、私もプロ野球選手とアナウンサーの恋愛モノを書いている(ずいぶん放置してるけど)だけに、興味深く読んだ。スター選手はちやほやされるけど、使えなくなったら酷いヤジを浴びせられるのがプロアスリートの辛いところ。そして彼女が最終的に選ぶのは、愛情か、それとも、玉の輿か?

 

5作品どれも甲乙つけがたく面白いのだが、とりわけ、最後の『パンダに乗って』は、中古のフィアット・パンダを購入した男が、不思議なカーナビゲーションに導かれて、新潟県内を走るロードムービー仕立ての作品で、その旅の理由が少しずつ明らかになるうちに、人と人との繋がり、巡り合わせの大切さに心を打たれる素敵な物語。

b-cles.jp

最後の目的地に行くことをためらうフィアット・パンダと、その決断を待ってやる主人公の様子が、しみじみと心を打つ。

文章が軽妙洒脱で読みやすく、1編が割と短めなので、通勤電車などの合間の時間に1編ずつ読むのにもうってつけ。コロナ禍の今だからこそ、ぜひ読んでほしい1冊です。

運営さんがお見えになったようです

なんとなく違和感があって、なにげなくPV数を確認したら、なぜだか今日のお昼にPV数が跳ね上がっていた。何があったしと首を傾げたが、流入元がどうやらTwitterだそうで(私自身はTwitterアカウントをもっていない)、あ、これはもしや、また……と確認しに行ったら、はたしてそのとおりだった。

 

はてなブログ公式Twitterさんに、先日のお題キャンペーンの記事を取り上げていただきました。 

 

sister-akiho.hatenablog.com

魔法のⅰらんどがやっぱり好きだ、という懐古厨めいた言葉を、はてなさんのお庭に堂々と貼り付けていくという、日頃のご恩を踏みにじるような記事なんである。なぜそれをわざわざ運営さんが拾い上げてくだすったのか。人としての器の大きさが違うということなのか。嗚呼。私も早く大人にならなくちゃ。


www.youtube.com

でも、ま、正直な気持ちを言えば、やっぱり読んでいただけるのは嬉しい。っていうか、こそばゆい。運営さんのTwitterに取り上げてもらえたのはこれで2回目だが、前回も今回も、Twitterに引用されている箇所を見れば、「あ、ちゃんと読んで理解してくれてる」と分かる。 

sister-akiho.hatenablog.com

お仕事柄、毎日たくさんのインターネットテキストに触れていらっしゃる、プロフェッショナルである運営さんが、わざわざ私の文章を読んで理解し、その上でチョイスしてくださったというのは、照れくさくはあるけれども、まぁ、これは素直に喜ぶべきなのだろう。運営さん、ありがとうございます(*´ω`*)

余談ではありますが、去年の10月頃は、普段は1日当たり5PVそこそこで、運営さんのTwitterに取り上げられた日は21PVでビックリしていたのだが、それから10か月ほど経った現時点では、1日当たり平均して25PVで、たまーに多い日は70PVとか、私からすれば理解に苦しむ増加ぶりなんである。どしたん。何でこげな辺境にわざわざ来てん人がこがいにおってんかいのう?(;゚Д゚)

しかも、ここだけの話、はてなスターの設置を止めてからPV数が伸びましたけんね。なんでなん。はてな村の仕組みが未だによう分かっとらんけぇ不思議じゃわ。

何度も繰り返しますが、このブログ、何の有益な情報もありませんからね。『おしゃべり唐あげ あげ太くん』に呪われとる奇妙なブログですよ。あげ太でタグ検索したらうちのブログばっかり並びよるよ。

 

お、そんな話をしよったら、今日は日曜日じゃけど『あげ太』の新作動画がUPされとる。またカープ談義ネタじゃwww


www.youtube.com

前半戦を振り返ろうと言いながら、収録したのが6月6日て!早すぎるわ!せめて7月になってから収録しんさいや。1か月半のネタのズレが微妙に引っかかるわー。

ランスとかロードンとかの応援歌、くっそ懐かしい。打ちま~くれラ~ンスランス~、確かに三振多いけど~、打ちま~くれラ~ンスランス~、当たればホーム~ラン。打席に入れば結果は三振orホームラン。それがランスという選手であったのだ。


www.youtube.com

後半戦のスタメンはどがいなるかねぇ。6月6日時点で把握されていなかったのが、【キャッチャー石原の台頭】ということですわぃ。アツの負傷降板によって、イソと坂倉の一騎打ちになるかと思うたら、中村奨成と石原貴規が正捕手争いにけっこう強めにガンガン食い込んできたと、まぁ奨成は遅かれ早かれというイメージじゃあったものの、石原貴規が予想以上に早く台頭してきたんでね、今、カープは新世代キャッチャー勢の競争が面白いことになっとりますよ。誰が後半戦アタマひとつ抜け出してくるんやらね。もちろんファンとしてはアツに帰ってきてほしいけど、若鯉に望むことは「曾澤さんを2軍に封じ込めたるわぃやぁ」ぐらいの覇気を持ってほしいっちゅうことですね。

あと、堂林がなー、……このままじゃホンマに去年がキャリアハイじゃったね、って言われかねない。またぞろトレードの噂話が湧いて出よるし。堂林にはずっとカープにおってほしいんじゃー。ありゃ真面目な男じゃけぇ、ゆくゆくはコーチやスタッフでもおってほしいんじゃー。応援しよるんじゃー。

あと、後半戦は、やっぱり長野さんに注目していきたいとこじゃね。なんせ夏男。クソ暑い由宇の練習場で、楽しそうにホームランを打った長野さんの姿は、やっぱり華があってええわ、と思ったのですよ。汗だくでも爽やか兄貴。ええ選手もろたわ~。

私の推しの羽月くんはね、今はまだ焦らんでええから、とにかく内野手としてポジションを勝ち取るところまで行ってほしい。キクになれとはさすがに言わんけど、でもキクからありったけのものを盗み取って、カープの未来を担ってほしいんじゃ。怪我はせんでねー。

あと、前半戦は、とにかく栗林くんに尽きる。ルーキーなのに、あんだけ安定感のある守護神を務められるのは、ほんま、奇跡のようなわ。9回に胃薬が要らんって、カープの長い歴史でも割とレアではなかろうか。ほじゃけどカープの現状があのていたらくじゃけえ、あんなにええピッチングしてくれとるのに、なかなかセーブがつかん。同点の試合で出てきて、サヨナラでもすりゃ勝ちもつくのに、同点どまりじゃもん……ε-(;-ω-`A) ハー(クソデカ溜息)

ま、まだ前半戦が終わったばっかりですけぇね。もしかしたら後半戦、まさかまさかの連勝とかあるかもしれんですけぇね、期待は捨てんでおきましょう。頑張れ、カープ

 

しかし、ペナントレースが1か月も中断とはなぁ……退屈じゃのぅ……ε-(;-ω-`A) フー