つれづれぶらぶら

栗林くんの記念Tシャツ申し込んだよん(*^^*)

iらんどのリニューアルが終わったようです

いやー、iらんどのことだからもっと時間がかかるかなとか、あるいはとんでもない大失敗をしでかしてくれるんじゃないかなとか予想してたんですけど、意外とあっさりリニューアルしましたね。

maho.jp

携帯のブックマークからいつものように自分のホームページに飛ぼうかと思ったら、リニューアル終了しました画面が表示されて、あ、グッバイMy城、と思いましたね。

ほんでもって、従来からのお付き合いの方々に説明いたしますと、私が管理していたホームページ5つ(東屋、壱地下、弐地下、参地下、四地下)に置いてあったブックは、とりあえず全て「小泉秋歩」名義に統合しました。だもんで、現状、その5つのサイトにあったブックが、ぐっちゃぐっちゃのランダムに並んでおります。なんでか知らないけど並べ替えできません。なんでや。

そんでもって、ゆくゆくは、執筆中断した作品(エデンと楓)は非表示にしようと考えています。秋風の祠も、私と風司子さんの共作なので、私の単独名義にするのに抵抗がちょっとあるもんで、それも非表示にするかもしれない。

あと、秋歩短編集は半分がた他のブックに転載してるから公開する意味ないね。雑学辞書はどうしようかなー、あってもなくてもどっちでもいいや。

せっかくだから表紙に画像とか貼って、あらすじ書いてない作品にもちょこっと書いて、見た目だけでも小ぎれいに整えたいんだけど、そのへんは表示/非表示設定とか並べ替え設定とかがスムーズにできるようになってからにします。とにかく今はめっちゃ操作しづらいんで。

しかし、桜とかエデンとかの頃のブックを久しぶりに見ると、あの懐かしい「黄色いブック」を思い出します。ご存じない方のために申し上げますと、ⅰらんど創成期のケータイ小説の執筆環境は実にオソマツでしてね、背景色はなぜかド派手な黄色で、1ページ当たり500文字しか書けなかったの。その500文字っていうのも、空欄とか記述コードとか込み込みの500文字だったんで、実際に「文字」として書けるのはそれより少なかったのね。だもんで、1ページの中に極力多くの文字を押し込もうとして、改行や空欄は極力排除して、ぎっちぎちに書きこんでたわけね。だもんで、今から見るとなんとも読みづらいうえに、1ページ当たりの情報量は薄いという。

正直、桜あたりは書き直したほうがいいかなぁと思ったりもするんだけど、あれはあれで私にとっては貴重なアーカイブスになるわけで、読者数がほとんどいない現状では、まぁ、別にいっか……と思うのであります。ただ、もし書き直すとしたらエピローグの部分はカットするかなぁ。あれはそもそも皆で書いてたリレー小説の再録だしね。リレー小説の参加者以外には唐突で分かりづらい展開だと思うんで。

梅も今から見ると読みづらいんだけど、あれはねー、たくさんレビュー貰っちゃってて、ホントにあのレビューの数々が私の宝物なんで、あれには触りたくない。レビューくれた方々、あの頃に読んで応援してくださった方々には今でもすっごく感謝しております。ありがとうありがとう。

 

ま、なにはともあれ、無事にリニューアルが終了して良かった良かった。引き続きお世話になります、ⅰらんどさん。

落ち着いたら、あちらで公開している作品の宣伝とか裏話なんかもちょっとずつこちらに書いていこうと思います。下手くその素人創作だけど、ま、おうちで自粛していてあまりにもヒマでヒマで仕方ない時にでも、よろしかったら覗いてみてやってください。「My Favorite Things」あたりが、私が書いている作品の中では、比較的偏りの少ないごく普通の恋愛小説なので、気軽にお読み頂けるものと考えております。よかったら、ぜひ。