つれづれぶらぶら

栗林くんの記念Tシャツ申し込んだよん(*^^*)

クセつよ物件にちょっとだけ住んでみたい

建築物を見るのがまぁまぁ好きです。野球場に行くのも、もちろん野球を観るのが目的なんですが、初めて行くスタジアムだったらぐるぐる探検しちゃいますね。

個人的に好きな建築物は、東京都庁東京オペラシティ、上野科博日本館、平等院鳳凰堂に金沢の妙立寺、そしてマツダスタジアム。いやー、こんなん書いたら行きたくなるやん(;^ω^)

 

で、そんな私の嗜好を知ってか知らずか、昨日なぜだかYouTubeのオススメ動画に『ゆっくり不動産』なる謎のチャンネルが上がってきまして、なんや不動産屋の広告番組か、とスルーしそうになったんですが、何となく気になってチラッと観てみたら、なんやこれめっちゃ面白いやん!!!

紹介されている物件がひとくせもふたくせもあり過ぎの超変わった物件で、基本的にはデザイナーズ物件というオサレなアレなんですけど、ツッコミどころが色々とあって、「クセがスゴいんじゃあ……」と千鳥のようにツッコミながら楽しんでいくという動画です。とはいえ、変わった建物にはそれなりに理由があったりなんかして、建築基準法などにもちょっとだけ詳しくなれちゃったりしますよ。

 

てなわけで、とりわけ気になった動画をいくつかピックアップしてご紹介しておきますね。

まずはこれ。部屋よりバルコニーの数が多い不思議な物件。 


【嘘みたいな間取り】バルコニーが7個もある3LDKメゾネットを内見!

なんでこんなにバルコニーが無駄に多いんだというツッコミもさることながら、この動画の一番の笑いどころは「この間取り図作ったやつ出てこい」ですね(^▽^;)

 

お次はこれ。ほっそ!!!!!建物なのにこの鋭角の三角形は何なんだ!


【変わった間取り】細〜い三角形メゾネット物件を内見!設計の裏話が面白すぎた

とても人が住めるとは思えないトンガリペラッペラの外観に対して、意外と内部がカッコイイ。使いにくそうではあるんだけど、あの三角形の部分を何とか使ってみたい気に駆られちゃいますね。

後半の、ビーフンデザインさんによる建築裏話にも驚き。あの細っそい土地を見て「これはいける!」と思えちゃうのスゴいなぁ。

コメント欄の「なにこのダイナミックコードみたいな立地」という、分かる人には分かるコメントに噴きました(:.o゚з゚o:.).:∵

 

こちらも同じくビーフンデザインさんの物件。確かにこのチャンネルを見ているとどんどんビーフンさんファンになってくる( *´艸`)

ビーフンさん曰く「これは割と普通の物件ですよ」ということなんですが、


【変わった間取り】立体に入り組みすぎて解読不能なロフト付き物件を内見!

ど・こ・が・普通やねん。」と全員で声を揃えて言いたくなりますね。

間取り図を見ても「え?」と言いたくなるパズルのような建物。制限の多い敷地を、建築基準法に違反しないように工夫してみたらこうなったということだそうで。勉強になるな~。

個人的には、壁と洗濯機に挟まれるトイレ空間が面白かったです。落ち着かない気がする……(;^_^A

 

こちらは、外観はクセがないのに内装がクセありまくりという面白い物件。


【面白物件】間取り図で表現できないカラクリ系2LDKを内見!

ウォークスルークローゼット」という言葉がこの世の中に存在していることを初めて知りました。ドアという概念のない部屋。設計士さんの意図がホントに分からないけど、探検ハウスみたいで面白いっちゃ面白い……のか?(;^ω^)

 

というわけで、カッコイイ物件、オモシロ物件、よく工夫されている物件、今はやりのシェアハウス物件、なぜかピアノのある物件、プライバシーの概念がない物件、ネコが喜ぶ物件などなど、こんな建物があるのか!とウキウキしちゃう動画がたくさんあります。思わずちょっと住んでみたい気持ちになってきちゃうハズ!ぜひ覗いてみてください!