つれづれぶらぶら

マヘーンドラバーフバリブロテカーリー!!!(バーフバリ観てます)

侍ジャパン金メダル!!!

やったあああああヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

東京オリンピック、野球、日本悲願の金メダル!

僕らの侍ジャパンがやってくれましたよぉぉぉ!ワーイ♪(∩´∀`)∩ワーイ♪

 

そんでもって、のっけから可愛くないことを言っちゃうんだけど、私、オリンピックには昔からほとんど興味がないのね。っていうかスポーツ全般に興味がないからね。さらに、オリンピックという大会につきものの、濃厚なイデオロギーっつうかナショナリズムっつうか、アレが昔からどうも苦手でねぇ。だもんで、一応は「オリンピック楽しみですねぇ」と言ってみたりはするものの、実のところはそうでもないっていうね。

ただ、そこに野球、そしてカープが絡むなら

だって、いつも応援しているあの選手やこの選手が、世界を相手に戦うわけでしょう。そらもう応援せんわけにはいかんでしょう。だって好きだもん日本プロ野球。そしてカープの子らが頑張っているとあれば、そらもうおばちゃん必死になるわいね。

 

そんでもって、この決勝戦の先発投手が、我らがカープの若きエース森下暢仁くんなんだもん。ひゃあああ、そんな大舞台、うちの可愛い森下きゅんに背負わせるなんて大丈夫かしらん、ああおばちゃん心配じゃわぁと、それはそれは心配したのですが、蓋を開けてみれば、森下くんは堂々のピッチングで緩急使い分けーの、コーナーずばずば突きーの、変に気負う様子もなく、安定の5回無失点という神ピッチングだったわけですよ。しかも顔がとにかくKawaii。やばい、全世界にうちの森下きゅんの素晴らしさと可愛らしさがバレてしまった。やばいお持ち帰りされてしまう。メジャーにはショーヘイ・オオタニがおるんじゃけん、うちのマサト・モリシタはまだ持っていかんとってや。

しかし、決勝戦にふさわしい、息詰まる投手戦でしたなぁ。ええ試合でした。なかなか点が入らんのにヤキモキもしたけれど、3回に村上宗隆くんのソロホームランで1点先制し、終盤の8回に、てっと(山田哲人)のヒット、吉田正尚くんのヒット、相手側の送球エラー間のてっとのナイスランによって2点。決勝戦における得点は両チーム合わせてこれだけ。それぐらい、どちらのピッチャーも良かったですね。ヒットは許しても要所要所を締めるピッチングで凌ぎ切る、という白熱した投手戦でした。

カープの野手陣は、キクと誠也が出ていたんだけれども、得点には絡めず。とはいっても予選で全然打ててなかった誠也にも今日はヒットが2本(さらに四球が1つ)と、ちゃんと決勝戦には活躍してましたからね、やっぱ誠也はすげぇや。キクは打つほうで活躍できなくても、彼がセカンドに立っているだけで投手がどんだけ楽に投げることができるのだろうかと思うと、やっぱすげぇや。坂本との二遊間ってだけで盤石な雰囲気あるもんね。

 

でもって、9回のマウンドは、これまた我らのカープの守護神、栗林良吏くんですよー。あれね、うちのルーキーなんよ?すごいじゃろ?ルーキーじゃけど、日本の守護神やっとるんよ?すごいじゃろ?うちの子すごいじゃろ?(鼻たかだか)

カープの若きエースと守護神が、オリンピックの最初と最後を無失点で締めるっていうねー!これはもう、こういうご時世じゃなかったら、今ごろは広島に戻ってカープ鳥あたりで大宴会しとるか、東京神田のビックピッグでそれ行けカープ大合唱しよるか、それぐらい大騒ぎする案件なんですけどねぇ。ほんま、このご時世じゃなかったらねぇ。

 

まぁ、それはいいです。別に酒を浴びんでも金メダルの価値に変わりはないもんね。

個人的にMVP を上げたいのはホークスの甲斐選手ですね。甲斐キャノン、達川の愛弟子。ノックアウトステージ・アメリカ戦での延長戦のサヨナラ打はもちろんのこと、それ以外にね、やっぱキャッチャーはチームの要だもん、色んな重圧と戦ってきたんだろうなと思うんですよ。そんでもいつもベンチに帰る前にはピッチャーの肩を叩いてねぎらい、笑顔を見せていた様子がね、こう、数字にならない部分での大切な部分を請け負っていたのだなと。そんで、謎だったんだけど、ベンチからブルペンに電話をかけるのも甲斐選手だったんだけど、あれはなんでなん?普通はコーチよね?

ま、そこらへんの話は、どうせ、また侍ジャパンの映画を撮りよりましょうけぇ(撮ってるんだよね?ね?)、おいおい裏話を聞きたいところですね。 

sister-akiho.hatenablog.com 

sister-akiho.hatenablog.com

 

そして、稲葉監督、本当に本当にお疲れ様でした。プレミア12からの、まさかの1年延期という予想外の展開を経ての今回のオリンピック、通常にはないご苦労がたくさんあったでしょうと推察いたします。優勝が決まった瞬間の監督の涙に、その思いの一端を垣間見た気がしました。お疲れさまでした。ええ試合を見せてくれて、ありがとうございました。それと、誠也を信じ抜いてくれて、ありがとうございました。

 

オリンピックもまもなく終わりですねぇ。なんだかんだてんやわんやの大会でしたし、色々な批判もありまして、私も「どうなんこれ」と思うこともいくつかはありましたけど、ま、それは言わずにおきましょうか。色んな人が既に言うておられますし、せっかく侍ジャパンが勝って気持ち良くなっとりますけん、ここはもう素直に「良かったよ」と言うに留めておきましょう。良かった、良かった。

それにつけても森下きゅんと栗林くんの頼もしさよ……。これだけで今夜は気持ちよく眠れるわ……。うふふ……カープファンで良かった……うふふふふふ……( *´艸`)