つれづれぶらぶら

栗林くん早や6セーブ目。うふふ。

胡桃を拾いに

先週の日曜の朝、いつものように旦那とのんきにおしゃべりしていたのですよ。

 

観「そういや昨日、仕事行く道でカラスがさぁ」

秋「うん」

観「俺の軽トラの上からさ、胡桃を落としてきたんだよね」

秋「クルミ?」

観「そ。あいつら頭いいよね。胡桃の殻を車に轢かせて割るの。割れたとこを拾って食うんだよ」

秋「へーっ」

観「そんでね、俺、軽トラでパキッと綺麗に割ってやったのよ。いい音がしたもん。ほれ、カラス、食えよーって」

秋「優しいやん」

観「いや、そしたら、俺のすぐ後ろに大型トレーラーがいてさ。俺が割った胡桃をゴリゴリゴリゴリーってすり潰しちゃってさ」

秋「カラスご愁傷様…」

観「ま、そんだけの話なんだけどね」

秋「…ひとつ質問してもよいかしら」

観「何?」

秋「胡桃ってどこにあんの?八ヶ岳のほう?」

観「へ?…どこにって…そこらじゅうにあるじゃん」

秋「へっ???」

 

私は広島市街地育ち。いわゆる都会っ子。

胡桃の木なんて見たことがなかったワケです。

 

観「俺ら、子供の頃は公園で拾って食ってたもん。運動公園に行けば今でも結構あるんじゃねぇかな」

 

というわけで、子供を連れて3人で茅野市街地にある運動公園へ。

 

ここにはグラウンドを囲む形で広い林があり、その中を散策できるようになっています。

駐車場の看板に【リスさんを驚かさないように徐行してね】って書いてあるのはずいぶん前から知ってたけど、そっか、胡桃があるのか…。

 

観「ああ、あったよ。ほら」

 

そう言って旦那が拾い上げたのは、スモモぐらいの小さな緑色の実。それを踏むと、中から黒い殻が出てきて。

 

観「よいしょっ!と!」

 

旦那が力いっぱい踏むとバキンと殻は砕けて、中からボロボロと白いものが現れました。

口に含むとほのかに甘く、うん、確かにクルミの味だ。

 

秋「でも割るの大変ね。なかなか綺麗には割れないのね」

観「そりゃそうさ、これを綺麗に割れるのはリスの前歯ぐらい…、あ」

 

そう言って目を向けた大きな樹の下には。

 

f:id:sister-akiho:20200202201339j:plain

上にリスの巣があるのでしょう、おびただしい数の胡桃の殻の残骸が散らばっていて。

この綺麗な割り方は、明らかにプロ(=リス)の仕業だもんね。

いやはや、おみそれしましたっ。