つれづれぶらぶら

5月の反射炉ビヤ行きますよー!酔い蛍グループの皆さんにまた会えるかな?

バターナッツかぼちゃの季節です

いやいや、どうしたどうした令和ちゃん。ほんの先週までは「衣替えだからってジャケット着るの暑っついやん、昼間はまだ半袖でもいいよねぇ」なんて同僚と話していたっていうのに、昨日からの雨で、いきなりがくーんと気温が下がって、夏から一気に冬の入口みたいな気配が漂ってきた。ちょっと待ってちょっと待って令和ちゃん。お願いだから、私の大好きな季節、穏やかな秋をちょうだいよ。

慌てて息子の冬服を出したら、ズボンがぱっつんぱっつんのつんつるてん。えっ、と思ってタグを読んだら、サイズが全部小さかった。ってゆーか、息子の身長が1年で10センチ以上伸びてんだもん、そら去年の服が合うわけないやん。てなわけで大至急、息子を連れて「しまむら」へ走る。フルシーズン使えそうな薄手のジャージズボンとコットンパンツを1本ずつと、厚手&裏起毛の長ズボンを2本。トレーナーは多少ぶかぶかでも問題ないからメンズのMサイズのを2枚。これで当面しのいで、後はまたちょっとずつ買い足そう。っていうか、私のほうも冬服を買い直したいんだけどなぁ。何年も前に買ったユニクロのロングTシャツ、いいかげん首回りがでろんでろん。

というわけで、今週のお題「急に寒いやん」に心の底から賛同しております。令和ちゃん、ホンマもうキミ5歳やで。そろそろその極端な「スイッチON/OFF」の癖を直そうよ。と思ったら、去年の今頃も全く同じことを言っていたわ私。まったくもう。

sister-akiho.hatenablog.com

 

そんでもって、秋といえば「バターナッツかぼちゃ」の季節。このブログでも何度もご紹介していますが、ポタージュスープ向きの、コクのある美味しいかぼちゃなのです。

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

もちろん、今年も買ってますとも。バターナッツかぼちゃは、諏訪地方では8月の終わりぐらいから11月上旬ぐらいまで、ぽつぽつJAの産直コーナーなどに登場するんですが、大きさも色艶も値段もまちまちで、いつも良いものが手に入るとは限りません。なので、良いものを見つけたら機を逃さずに買っておくといいです。日持ちする野菜なので、1ヶ月ぐらい台所の隅に転がしておいても大丈夫。

今年のバターナッツは、9月中旬に産直コーナーで買っておいたもの。かなり大きくて、形が綺麗なヒョウタン型で、赤みがかった肌色のもの、税込432円。この大きさでこの値段なら買い(色が黄色っぽいクリーム色のは追熟が足りていないものが多く、味が薄くてあんまり美味しくないので避けるべし)

調理過程は過去の記事に写真付きで載せたので今回は省略しますが、ざっと流れを説明すると、ぶつ切りにしたバターナッツを熱湯で茹でて、皮を剥いてフードプロセッサーなどでペーストにする。以上!シンプルやね。こうしてできたペーストを、スープなどの料理に使っていくわけです。ちなみに、私のこだわりはペーストを裏ごしすること。裏ごしの作業は面倒くさいし、やんなくても支障はないんだけど、このひと手間が舌触りの差を生むんですよね。

 

まずは毎年恒例のポタージュスープ。

鍋に水とコンソメブイヨンを入れて煮立て、そこに完成したカボチャペーストをお好きなだけドボンドボンと投入して溶き混ぜていきます。さらに加熱してアクを取り、コショウやめんつゆなどで味を整え、最後に牛乳を加えたら出来上がり。ペーストを入れれば入れるほど、どっしり濃厚なスープになるし、少なめにすればあっさりめのスープになります。牛乳も入れれば入れるほど味がまろやかになりますが、入れすぎるとカボチャの風味が弱くなる。このへんは完全にお好みで、テキトーに作ってます。バターナッツ自体にコクや甘みがあるので、どう作ってもだいたい美味しくなります。今年も美味しくできました。いっけね、写真を撮り忘れた。まぁいっか、毎年同じだし。

 

ところで、いつもはカボチャの種を最初に捨てちゃうんですけど、今回は時間に余裕があったので、種を洗って電子レンジで乾燥し、フライパンで炒ってシーズニングソルトをまぶしてみました。

種自体が小さいので殻ごとボリボリ食べちゃいます。味はまぁまぁ。普通のカボチャの種に比べると中身が少ないのでほとんど殻の味しかしませんが、これはまぁ、これで。

 

残りのペーストの使い道は、まずは、翌朝のホットケーキに。

卵と牛乳とカボチャペースト、それから完熟バナナの潰したのを、ホットケーキミックス粉に混ぜ混ぜ。これをホットサンドメーカーに流し込んで、両面じっくり焼き上げたら、綺麗なオレンジ色のホットケーキが完成しました。

カボチャペーストの量が少なめだったこともあるけど、味わいとしてはバナナのほうが目立ってましたかね。溶かしバターとかを追加したら、もっとしっとりした食感になったかも。でもそのぶんカロリーが上がっちゃうんだよな。

 

残りのペーストを使って、カボチャ風味のカルボナーラスパゲティを作りました。

ニンニクとマッシュルームをオリーブオイルで炒め、そこにスパゲティを加えて焦げ目をつけたら、コンソメブイヨンとカボチャペーストをお湯で溶かしたものを一気に注ぎ込んで、スパゲティ自体に具材の味を吸い込ませます。途中で水気が少なくなってきたら、スパゲティを味見してみて芯が残っていたら水を加えてさらに煮込み、芯がなくなってきたら市販のカルボナーラソースを加えて、よく混ぜながら熱します。最後に塩コショウなどで味を整えたら完成。

市販のカルボナーラソースはメーカーによって味の濃さがまちまちで、中にはめっちゃ濃厚なのもあるから、どんなもんかなぁと思ってたんだけど、今日買ったカルボナーラソースは割と淡泊な味わいのものだったようで、バターナッツの味わいのほうが強く出ました。もちろん美味しかったですよ。

 

こんな感じで、今年もバターナッツかぼちゃで秋を堪能したわけなんですが────、いや、まだ10月中旬だからねっ?まだまだ秋を楽しみたいんだからねっ?聞いてる?ねぇ聞いてるの令和ちゃん!?