つれづれぶらぶら

毎朝、鼻がつまって目が覚める。嗚呼この季節。

カープと忍者とガンダムな休日〜その3【ガンダムの股くぐり】

3日目。GW東京観光最終日。今日も息子の接待デー。

 

銀座から新橋に出て、ゆりかもめお台場海浜公園へ。

お台場も何年ぶりだろう。以前に来た時にはまだフジテレビの丸い球が目立つ程度だったけど、今や東京最大級のエンタメゾーンと化してますね。

そんな感慨を抱きながら、デックス東京へ。

此処には【レゴランドディスカバリー・センター東京】があるのです。そう、あの世界で一番有名な玩具・レゴブロックの会社が運営するプレイゾーンですよ。

これも事前にオンラインでチケットを取っておいた。

チケットは日付と入場時間をあらかじめ決めて購入するというもの。当日券もあるんだけど、入場者数によって販売を停止するとのことだったので、念のため。

んで、案の定、今日は当日券の販売はしませんですとさ。やっぱりね。GWだもんな。グッジョブ私。

 

朝10時の予約をしていたので、5分ほど並んでさっさと入れました。

入場時に色々とプレゼントやチラシを配られたんだけど、その中の一枚を見て息子が目を輝かせる。

「あ!トランスフォーマー!」

どうやら現在、新作のトランスフォーマーのアニメの広告のため、デックスとのタイアップ企画をしているとのことで、デックス全館でスタンプラリーをしているそうな。

ただでさえスタンプラリー大好きっ子の息子は「やりたいやりたい」とそわそわ。分かった分かった。レゴランドの後でな。

 

レゴランドの中は割と広くて、大人でも割と楽しめました。

膨大な数のレゴで作り上げた東京のジオラマがすげえ。

f:id:sister-akiho:20200131232748j:plain

東京ドームのジオラマを使って野球ゲームや、両国国技館で相撲ゲームなんかもできる。かなり凝ってます。

レゴで遊ぶコーナー以外にも、体感型大型遊具や4D映画など色々な施設がありました。

ちなみに4D映画というのは、今や当たり前となった3D映画に、さらに風や雨などの演出を加えたもの。天井からいきなり霧や泡が降ってくるのは驚いた(事前に説明はあるけどね)。

 

レゴランドでたっぷり遊んだら、お約束のトランスフォーマー・スタンプラリーです。

よく見たら館内に案内板が出ていて、どこにスタンプが置いてあるか書いてあった。なのでサクサクと終了。

スタンプラリーの参加賞は、うまい棒チロルチョコ(外袋だけトランスフォーマーの絵柄で中身は普通のもの)と宣伝用DVDでした。

さらに昼食のレストランでトランスフォーマーの紙コースターを3枚も貰えて息子はうきうき。

 

デックスを出て、次はダイバーシティ東京へ。

此処は昔来た時には無かったなー。めちゃめちゃでっかい複合商業施設です。

で、何をしに此処へ来たかと言いますとですね、

 

どーん!

f:id:sister-akiho:20200131232834j:plain

1/1スケール(実物大)ガンダムですっ!

会社の同僚(同期の男性)に「息子連れて東京行くんだけどイイとこ知らない?」と聞いたら「お台場のガンダムでしょ。男の子なら絶対喜ぶ!」と太鼓判押されたのでね。

 

ただ、ダイバーシティの館内表示が微妙に読みづらくて、どこにガンダムが置いてあるんかよ―分からん。さんざん迷ってようやく見つけました。

さぁ興奮しろ7歳男児!…と思いきや、息子の反応はイマイチ。…あれっ?

ガンダムだよ?すごいでしょ?ねっ?」

「うんすごーい」………あれ、なんか…棒読み?

ちょっと肩透かしを喰らいつつも、写真をばちばち撮りまくる。現在は特別にガンダムの下を通り抜けできますというので通ってみる。

f:id:sister-akiho:20200131232931j:plain

…この歳まで生きてきて、まさかガンダム股間を仰ぎ見る日が来ようとはねぇ。

 

息子はむしろ実物大のガンダムよりもガンプラのほうに興味があるらしく、ダイバーシティ7階にある【ガンダムフロント東京】に行く。ちなみにガンダムフロントへの行き方も複雑で分かりにくい。館内表示なんとかしてくれ。

ガンダムの有料テーマパークなのだが、無料ゾーンもあって、広い部屋に過去のガンダムシリーズのプラモデルがぎっしりと展示されていたりする。すげえ数だなオイ。

 

で、息子がたっぷり満足したところで、そろそろ帰りましょう。

せっかくなので、帰りは水上バスを使う。お台場海浜公園から日の出桟橋までの船旅は短いながらも快適。スカイツリーや東京ドーム、レインボーブリッジなどが一望できる。

浜松町駅から山手線経由で新宿へ、そしてあずさで茅野に帰る。

おおお、茅野はひんやり寒いなぁ。東京では夜も半袖で過ごしていたのに、慌ててフリースを着こむ。日本は広いねということで。

何にせよ、とっても楽しい旅行となりました。

次はどの試合を見に行こうかなーっと。