つれづれぶらぶら

カセットテープミュージックで久々に「レインダンスが聞こえる」を聴いた。こんなカッコいい曲だったかな。懐かしいな。

「ゆる~く深く!プロ野球」観てますなう

昨日(6月25日)、マツダスタジアムで広島×巨人戦のデイゲームが行われました。

私は朝から(ブログのネタを仕込むために)出掛けていて、家に帰ってきたときには既に5回表ぐらいだったんですね。テレビをつけたらNHKのBS1にチャンネルが合ってて、ちょうどそこでカープ戦の試合中継をやっていたので、そのまま点けっぱなしにして、晩御飯の下ごしらえしたり洗濯物を畳んだり、ちょっとウトウトしたりしながら、ぼんや~り試合の流れを眺めてたんですね。

で、試合も終わりがけの8回裏ぐらいで、ようやく画面の右上にずっと何か表示されてるなってことに気付いたんです。いや、目には入ってたんですけど、何かの番組の宣伝かなと思って、気に留めてなかったんですよ。でも、あれ?「ゆるふか」?もしかして今、地上波で「ゆるふか」やってんの?!

「ゆるふか」とは、NHKのプロ野球中継で、年に1回放送される特別番組「ゆる〜く深く!プロ野球」のことです。スタジオにタレントや野球解説者が集まって、試合中継を見ながら自由気ままにお喋りをするトーク番組なんですが、とりわけ面白いのは、スタジアムのあちこちにカメラを仕込んでおいて、試合中の選手の動きはもちろん、裏方のスタッフさんや売店の店員さんなどがどんなふうに働いているのかをマルチ画面で見せてくれるのがいいんですよね。

私が最初にゆるふかを見たのは、2017年の千葉マリンスタジアムでのロッテ×ヤクルト戦でしたっけね。里崎智也さんが試合中のキャッチャーの座り方に言及したらカメラがずーっとキャッチャーの足を映し続けたり、リリーフカーが出ていく前にチアガールがリリーフピッチャーを励ましている姿を映したり、そのリリーフカーがグラウンドから戻ってきて車庫入れするところまでしっかり追いかけたり、マリーンズの勝利が近づくと「マリーンズ白星サワー」の限定コップの準備で忙しそうな店員さんの様子を映したりして、スタジアム内のありとあらゆる場所で起こっている物事を同時並行的に中継していました。そういう切り口で野球を観たことがなかったので、とっても新鮮で楽しかったんですよね。

だもんで、うわーっ、まさかNHK総合とBS1とで同時にカープ戦の中継を流してるだなんて思いもよらなかったから、見過ごしたー!しまったー!って思ったんですよ。

でも、安心してください!はいってますよ、「NHK+(プラス)」!!!

生まれながらのNHK大好きっ子ですもの、もちろん受信料は年払いの自動引き落としですとも。だから私は、ふふふ、使えるのですよ、ふふふ、「NHK+アプリの見逃し視聴サービス」がッッ!(*^^)v

というわけで、ただいま見逃し配信で昨日の「ゆるふか」を観ながら、この記事を書いておりま~す。ふふふ、何が最高かって、この試合の結末(3-2でカープ勝利)は既に分かっているので、安心して番組を観ていられるということですね~。実際の試合がない月曜日の夜に、お風呂あがりにサワーエールを飲みながら、勝った試合を観る、これだけでも最高だっていうのに、「ゆるふか」だからなおさら楽しい。いやぁ、いいなぁ、マツダスタジアムはやっぱり綺麗だなぁ、全国の皆さんにこの素晴らしい球場を隅々まで観ていただけるなんて最高だなぁ。むふふふふふふ。

今回のゲストは、野球芸人のティモンディの2人に、カープファンの鈴木福くん、元ジャイアンツのチアガールの中川絵美里さん、解説は元広島の大野豊さん、元ロッテ監督の井口資仁さん、元ヤクルトの五十嵐亮太さんという豪華な顔ぶれ。とりわけ、福くんはNHKのスタジオとマツダスタジアムを行き来して、場内アナウンスをしたりファンサービスをしたり監督インタビューをしたりと大活躍しました。

通常の試合実況とは違って、話題もカメラワークもフリーダムにあっちに飛んだりこっちに飛んだり。「内野手は、打球が飛んだ瞬間、小さくピョンとジャンプする人としない人がいる」という話題で、1イニングの間、カープジャイアンツの内野手を分割画面で並べて、誰がジャンプするのかしないのかを見比べるのが楽しかったです。確かにほとんどの選手が小さくジャンプしてる。井口さん曰く、ジャンプしたほうが駆け出す1歩目が速くなりやすいんですって。終盤では「外野手も飛ぶのか」ということで、ジャイアンツの外野手3人を分割画面で観察していました。オコエ選手がちょっとだけ飛んでたね。

また、今回のゆるふかで注目を集めたのは「ホームランガール」。ホームランを打った選手にスラィリーのぬいぐるみを渡すのがお仕事ですが、もちろんいつホームランが出るかは誰にも分からないので、ホームランガールは試合中ずっとベンチ横の小さなスペースでぬいぐるみを抱いたまま立ち続けているのです。応援歌のリズムに合わせてぬいぐるみの手をそっと動かしてたりね。そのひたむきな姿が愛らしくて、昨日の放送中はTwitterトレンドに「ホームランガール」が上がっていたのだとか。そんなわけで、2回裏でデビッドソンが2ランホームランを打ったときは、打ったデビッドソンよりもホームランガールを大きく映し、その仕事ぶりを称えていました(笑)

他にも、選手が投げ捨てたバットを拾ってベンチに戻すのが仕事の「バットボーイ」の仕事ぶりに密着していましたが、彼らはどの選手がベンチのどの場所に座っているかを全部覚えていて元の場所に必ず戻すのですって。へーっ。

また、マツダスタジアムのグラウンドキーパーに新たに女性が入ったことに触れ、彼女がトンボをかけている映像をスローで、しかも試合の映像よりも大きな画面で流しているのには笑っちゃいました。

イニング間には、井口さんの実演解説コーナーも。菊池のグラブトスを、福くんを相手に実演してみせてくれたのは勉強になりました。

また、福くんがマツダスタジアムからのお土産として全員に買ってきた「むすびのむさし」の若鶏むすび弁当を食べながら試合を見守ったり、カープ名物スクワット応援をスタジオにいるファンと一緒にやってみたりと、スタジオの雰囲気も実にゆる~くて楽しかったです!!!また来年も楽しみにしていまーす!!!