つれづれぶらぶら

5月の反射炉ビヤ行きますよー!酔い蛍グループの皆さんにまた会えるかな?

調教済みカープファン、驚愕する

今日は、2024年カープ新グッズの初売日でした。

sister-akiho.hatenablog.com

毎年毎年ね、この日はカープファンにとって、そのシーズン最初の「戦い」の日となるわけですよ。そう、数量限定のカープグッズ争奪戦です。本当に毎年、この日には苦労させられてきました……。

まず、発売開始の朝10時に、まともにホームページが稼働していない可能性が極めて高い。日本中、あるいは世界中のカープファンと、そしてそれを上回る勢いの転売ヤー(死すべし)が、一斉にカープグッズショップの公式サイトにアクセスしてくんだもん、まずサーバーが耐えきれない。最近はサーバーを管理しているエネルギアさんがだいぶ頑張ってくれているようだけど、あの三連覇の頃なんか、まーホンマにとんでもなくヒドかったっすわ。朝10時の鐘が鳴った瞬間に鯖オチ、って感じでしたもんね。

かろうじてホームページが表示されていても、リンク先に進んだ瞬間に弾かれる、っていうのもカープあるある。目当ての商品ページにたどり着くまでに10分以上、商品をカートに放り込むのに20分以上、そこから決済ページに移動するのにこれまた30分以上かかって、送付先やクレジットの情報などを入力してようやく送信ッ!……した頃には、目当ての商品はとっくに売り切れてしまっていて、最後の画面に表示された「ご希望の商品が確保できませんでした」の文字にガックリとくずおれて、パソコンの画面の前で、嗚咽だか呪詛だか分からない苦悶の声を上げる……というのが、嫌になるほどカープあるある。ホントに、毎年この日は「もうカープファンやめる」と何度も思ったものですよ。

ま、そんな壮絶な体験を懲りずに毎年毎年繰り返しておりますのでね、もうすっかり調教済みのカープファンといたしましては、朝9時55分にパソコンの前に座り、さーて、この後の予定は午後1時半からだから、12時ぐらいまでに限定品がせめて1品ぐらいゲットできたらええな、と極めてナチュラルに悲観しつつ、今年も待機しておったわけなのですよ。

朝10時とともに、グッズショップのホームページがリニューアルオープン。うわぁ。画面のレイアウトがぐっちゃぐちゃだ。ひでぇ。うん、でも、いつものこといつものこと。いきなりサーバーダウンしていないだけ今年はマシだってもんよ。

ぐちゃぐちゃな画面の中から、限定品のリンクテキストを探し出し、リンク先に飛んで、今度は目当てのアイテムのリンクテキストを探す。あった。ぐちゃぐちゃだけど、ちゃんとすぐ横に「カートに入れる」ボタンも表示されてる。押してみよう。お、どうやらカートに入ったっぽい。まだサーバーがダウンしていないから、今のうちに目当てのアイテムを素早く探し出してカートに入れちゃおうぜ。

画面のレイアウトはヒドいが、とりあえずカートに商品を入れるのはサクサク進んでて逆に拍子抜けしちゃう。カープに限ってこんなに順調(レイアウトの乱れ程度は異常事態に含まれない)に物事が運ぶなんて、逆に怪しいぞ。ああ、きっと、最後の決済画面にたどり着いた瞬間にサーバーが落ちる、いつものアレだな。あの展開に決まっている(よく調教されたカープファンのネガティブ思考)

ところが、私が4品目のアイテムをカートに入れた直後、時刻にして10時5分、ぐちゃぐちゃだったレイアウトが綺麗に直って、そして私の目の前には決済画面があらわれた。いいのか、本当にこの送信ボタンを押してもいいのか。どうせこの次の画面は「502 Bad Gateway」だろって――あ、あれ?

 

ご注文ありがとうございました。

 

—―えっ、え、え、あれっ?

時計を見ると10時7分。まだ争奪戦開始から7分しか経過していないっていうのに、私のお買い物は既に終了しているっていうね、えっ、マジか?

あまりにもスムーズに買い物が終わったことに、よく調教されたカープファンとしては戸惑いを隠せないのであった。でも次の瞬間、スマホに注文確定のメールが届いたのを見て、ようやく「うわぁ、早い」と感動する私なのでありましたよ。

いや、カープファン以外にとっては「それ、どこに感動する要因があるのですか?当たり前の話ではないのですか?」と言いたくなる話なんでしょうけどね、カープはね、今までがヒドすぎたからね……(;^ω^)

ともあれ、限定品2品+限定以外2品、合わせて4品、めでたく注文が完了いたしました。結局、何を購入したかというと、限定300個の「ボール肩たたき棒」、限定250個の「のんびりスラィリーチャームウォッチ」、そして前々から目をつけていた「カープトランプ2024」と「チケットホルダーつきエンボスショルダーバッグ」、〆て税込11800円+送料1001円、合計12801円でした。早く届くといいな。楽しみだー。

 

***

 

今日は、私が尊敬する親友のMachiko♫さんから、広島県三原市にある「はるのんカフェ」でオルガニートを演奏するよ、YouTubeライブ配信もあるのでよかったら観てね、とお誘いをいただいたので、もっちろん喜んで拝見させていただきまーす!わーいわーい!


www.youtube.com

Machiko♫さんの出番はちょうど開始から2時間後ぐらいのところからで、まずはギタリストのミヤオさんとのセッションで岸部眞明さんの曲を3曲、そして2時間20分あたりからソロで演奏しておられます。

まず、震災復興の祈りを込めて、「花は咲く」と「いのちの歌」。彼女から聞いた話によると、今日のセットリストとしてあらかじめ決めていたのはこの2曲だけで、あとの曲はその場の雰囲気に合わせて適当に決めたとのことで、ユーミンの「ルージュの伝言」に尾崎豊の「アイラブユー」、〆は吉田拓郎の「今日までそして明日から」となりました。観客の年齢層がアラフィフ~アラ還世代だったのかな?

ライブは本業ではないと謙遜しつつも、余裕を感じさせるライブの進め方などから、彼女のオルガニート奏者としての経験値の高さをしみじみ感じているところです。彼女は本当に誠実な人柄で、やり始めたらそれが何であれひたすらストイックに精進を続けるのですが、それでちゃんと高みに到達してしまうのがマジで凄い。こういうことを言うと「全然よ~」と、いつものあの照れたような顔ではにかむのでしょうけれども。

ちなみに彼女は手芸の腕前もかなりのものです。ミリ幅の布を大量に繋ぎ合わせたパッチワークとかやっちゃうもんね。あと、いっときステンシルに謎のどハマりをキメてて、ある晩、ほぼ徹夜で大量のステンシル布を作り上げ、翌朝、困った顔で「なんでこんなに作ってしもうたんじゃろ……」と呟いていたことを、私は覚えています。とにかくストイックな人なんですよ。

 

はるのんカフェでのインストライブは今回が2回目ですかね。前回のライブ配信は、ちょうどうちの息子がコロナウイルス感染症で自宅療養中、ひたすら退屈を持て余していた時期だったので、素晴らしいタイミングで癒しのひとときを頂戴しました。

sister-akiho.hatenablog.com

また、今回のライブ配信の中でミヤオさんとセッションしている岸部眞明さんの曲は、こちらの記事でご紹介したCDに収録されています。

sister-akiho.hatenablog.com

ホントに素敵なCDなんですよ。巷でよく耳にする、コンピューターで合成したオルゴールっぽいBGMもいいけど、Machiko♫さんの耳と手で、時間をかけてコツコツ作り上げられた本物のオルゴールの音色を是非とも聴いてみてくださいまし。

Machiko♫さーん!今日も素敵な癒しをありがとうねー!お互いストレスの溜まる毎日じゃけど、こうやって趣味で繋がっていこー!そしてまた夏にはカープ鳥に連れてってねー!(私信)