つれづれぶらぶら

5月の反射炉ビヤ行きますよー!酔い蛍グループの皆さんにまた会えるかな?

『つれづれしんどい』再生リスト作りました

YouTubeの再生リストをカセットテープ仕様で作ってみた」シリーズの第14回です。ちなみに、前回はこちら。

sister-akiho.hatenablog.com

今回の再生リストのコンセプトは体調不良」です。

ネガティブなテーマの再生リストとしては、以前『つれづれ逃げたい』を作りました。こちらは、仕事などのストレスでブチ切れそうな精神状態のとき、前向きに励ます歌なんかじゃなくて、イライラしてるんじゃボケー!と自分と同じ気持ちを大声で歌い上げてくれる歌を聴いたほうが癒されるんじゃないか?という発想で作ったものです。

sister-akiho.hatenablog.com

で、今回の『つれづれしんどい』は、メンタル的なしんどさではなく、もはや病名がついちゃうレベルの体調不良、つまり「フィジカル的に、ガチでしんどい」と歌い上げている歌をまとめてみました。体調不良の時に聴いたらさらに体調が悪化しちゃいそうな感じの再生リストです。うーん使い道が分からないwww

こういうコンセプトものの再生リストは、テーマに合致した曲を集めるのに手間がかかるんですが、今回も難航しました。というのも、単に「体調不良 歌」などで検索すると、「体調不良の時に聴くと癒しの効果がある曲リスト」とか「病気の人を励ます応援ソング集」、あるいはYouTube kids向けの「おくすりのもうね」的な動画が検索上位にまとまって来てしまう。個別具体的な病名で検索しようとすると、その病気について医師などが真面目に説明している医療系動画ばかりがヒットしてしまう。うーん困った。

てなわけで今回は、歌詞検索サイトに「頭痛」やら「五十肩」やらの病名・症状を入力してヒットした楽曲をメモしておいて、YouTubeで公式MVがあるか探す、という手間のかかる方法で探してみました。ところがね、歌詞をよく読んでみると「ボクは恋のウイルスにやられちまったのさァァ」とか「この世の中は腐ってやがるゥ、まったく頭が痛いぜェ!」的な、病気じゃないものの比喩に使われているものが圧倒的に多くて、私が求めてるものじゃないなと。

私はもう、ただひたすらに、体調不良のことだけを切々と歌ってくれているものが欲しい。恋愛にも体制批判にも寄り道しないでほしい。励ましも要らない。ただただ体調不良なんですと歌っている歌の公式MVが欲しいんだぜェェェ!

そんな、めっちゃ狭い道を探し歩いてこつこつ拾い集めたのが、今回の再生リストのラインナップでございます。こちらのリンクからご利用ください。

www.youtube.com

今回の再生リストは「カセットテープ仕様」なので、恒例のマイルールに則って作られております。そのマイルールとはこちらの2つ。

① 動画の時間数で計算して、A面23分前後・B面23分前後の2つのリストを作る

② アーティスト又はレーベル公式サイトに掲載された公式のミュージックビデオで、さらに無料公開されているものだけを使う

では、1曲ずつご紹介していきますねー。

 

【つれづれしんどいA面】総時間数22分56秒


www.youtube.com

チャラン・ポ・ランタン「無神経な女」

 


www.youtube.com

ゴールデンボンバー「首が痛い」

 


www.youtube.com

森高千里 「頭が痛い」 

 


www.youtube.com

打首獄門同好会「歯痛くて feat.Dr.COYASS」

 


www.youtube.com

KEN THE 390「調子悪い feat. サイプレス上野,DOTAMA」

 


www.youtube.com

なすお☆「one week」

 


www.youtube.com

Henrik Widegren「Never google your symptoms(絶対症状でググるな)」

 

【つれづれしんどいB面】総時間数23分02秒


www.youtube.com

TEMPURA KIDZ「すいみん不足」

 


www.youtube.com

のあのけ「花粉症戦争 feat. 可不」

 


www.youtube.com

小林幸子×島爺「老病ギャラクティカ

 


www.youtube.com

ウルフルズ「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」

 


www.youtube.com

葛根湯太(チョコレートプラネット)「かぜの唄」

 


www.youtube.com

Cö shu Nie「no future」

 


www.youtube.com

Lucky Kilimanjaro「週休8日」

 

今回のラインナップはこうなりました。A面、B面ともに不健康そうなタイトルが並んでおりますが、それぞれの面のラストにオチとなる曲を仕込んであります。

A-1は「歯痛・虫歯」。チャラン・ポ・ランタンの愉快な楽曲に、葛飾出身さんの独特な世界観の映像が掛け合わさった、実に私得なMVです。「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われたから素直に手を挙げたのに無視されるのとか、「仮留めが仮留めすぎる」には共感しかない……。半笑いの「マジで!」がめっちゃ好き。

A-2は「筋肉痛・むち打ち」。こういうネタなら金爆に何かありそうだと思ったらやっぱりありました。期待を裏切らないなぁ。ヘッドバンギングを煽る側のミュージシャンがヘッドバンギングによる危険性を歌い上げるのは何とも斬新ですな。止めの画像だとカッコいいポーズを取っているように見える仕掛けも面白いです。

A-3は「頭痛・インフルエンザ」。まず、声を大にして言いたいんだけど、やっぱり俺たちの森高千里は最高だぜェェェ!!!そうそう、これなのよこれ。私が求めていたのはこれなのよ。もうただただ体調が悪いことだけを歌っている歌。熱が出た時に見る悪夢のように、サイケデリックなワンピース姿で分裂していく森高千里。後ろでガンガンガンガンガンガンガンガンと頭痛のように高音の不協和音で鳴り続けているピアノがいいですね。

A-4も「虫歯・歯周病」。ラップで参加しているDr.COYASSは現役の歯科医師。現役の歯医者さんに「C2までにしろ来院」と言われたら素直に聞くしかないですね。ジャッジ抜歯は嫌だなぁ……。それはいいが、突然に挿入される違和感バリバリのCMとかイメージ映像はいったい何なんだ。なんで歯にブラ着せる必要があんだwww

A-5は「体調不良」。この曲の歌詞がまだ書けてないってことを堂々とこの曲の歌詞にしてしまうサ上の度胸に笑ってしまう。DOTAMAの「意地の悪さだけは誰にも」のところの乗せ方めっちゃ好き。それにしても、調子悪いって言ってなんとかその場をしのぐ、というのは処世術のひとつとしてアリっしょ。ねー。

A-6は「生理痛」。こればっかりは個人差がすごく大きくて、私はすごく軽いほう(不快ではある)だけど、生理痛の重たい人はホンマにしんどそう。脂汗を垂らして電柱にしがみつきながら必死で登校してくるクラスメイトがいたなぁ。生理痛があまりにも酷すぎる人は恥ずかしがらずに婦人科で相談してみてくださいね。

A-7は、数年前にネットでバズっていたスウェーデン耳鼻咽喉科の現役医師バンドの皮肉めいた曲。日本語字幕をオンにしてご覧ください。頭が痛い、首が痛い、と症状を歌い上げてきたA面の「オチ」として、でも絶対に症状をググって調べたりすんなよと医師自ら警鐘を鳴らしてくれています。これはもうホントにそのとおりで、私自身も息子が赤ん坊の頃に何度Googleに不安をかき立てられてきたことやら……。あ、アレルギーもググっちゃダメだよ。調べ始めたら食べられるもんなくなるよ。

B-1は「睡眠不足」。アニメ『キテレツ大百科』の主題歌のカバーですね。ちなみに本来の原曲の歌詞は政治批判の内容を含んだ辛辣なもので、アニメに採用された際に歌詞が変更されたのだそうですよ。そんな歌詞の内容には関係なく、懐かしのガングロギャルに扮したTEMPURA KIDZのダンスはキレッキレで面白いっすね。

B-2は「花粉症」。動画の概要欄にある「『なんか花粉症っぽい症状出てきたけど、絶対に認めない』という妻の呟きから作った楽曲です」という説明に笑っちゃいます。奥さんも「みーとーめないっみとーめられないっ」とイヤイヤしてたんですかね。可愛いっすね。花粉症の一番の対策は花粉が飛ぶ前からの投薬ですぜ、奥さん……。

B-3は「老化」、……って病気か?まぁ、歳を取るにしたがって何かもう毎日どっかしら痛かったり不調だったりしますわな。この曲はうちの旦那からのオススメなんだけど、島爺×小林幸子という最強の歌い手同士のカップリングはやっぱいいよね。曲ラストで島爺が小さな声で「すみませんでした……」って言ってるところが特に好きです。

B-4も「老化に伴う諸症状」。今回、歌詞検索サイトに思いつく限りの病名をぶち込んでたんだけど、ほとんどの検索ワードでこの曲がヒットするという恐るべき病名連呼ソング。50肩にぎっくり腰に頻尿、なんでもアリだぜ。それにしても、B-3から続けて聴くと、年寄りになればなるほど元気いっぱいになってく感じなのが不思議だね。

B-5は「風邪」。お笑い芸人のチョコレートプラネットのネタなんだけど、長田さんの歌が上手すぎてマジの楽曲として成立してしまっているっていうね。ぼーっと聴いていたら普通に沖縄の曲なのかと思っちゃうもんね。松尾さんのくしゃみする直前の顔がリアルで笑える。

B-6は「自律神経失調症あるいは鬱病」。あるいは三半規管の異常の可能性もあるかな。もうダルくて動けないっていう。ただ、この曲の場合はそれに加えて「なんも意味ない」と意欲の低下を歌っているので、鬱病一歩手前あたりの状態かな。このダルい感じの歌い方がイイね。あーもーヤダ、ってとこが可愛くて好き。

B-7は、最近お気に入りのラッキリ。ここまでA・B面を通じて、ひたすらしんどいダルい体調悪い起きたくないと歌い続けて、そのAnswerとしての「オチ」は、言うまでもなく当然「休め」ってことです、結論。誰かが体調悪いときには、元気づけたり励ましたりする前に、とにかく休め、って言ってあげるのが最適解ですよ、そりゃもう。起きられないほどしんどいんなら週休7日どころか8日でも9日でも10日でも休めばいいんですよね、ホントはね……。

 

今回のラインナップはこうなりました。尺の関係で切った曲とかもあったけど、それらはまたいつか別のタイミングで収録しましょっかね。それにしてもやっぱり森高千里の唯一無二感よ。あんなに振り切った歌詞は、誰にでも書けそうでなかなか書けるもんじゃないと思うんですがね。いやー。やっぱ俺たちの永遠のアイドル・森高千里はすげえもんじゃわい。という感想を残したところで、ではまた次回の再生リストをお楽しみに~。