つれづれぶらぶら

不織布マスクが頬骨んとこに当たってちくちくすんのが嫌。しかたないけど。

令和になっても江戸静岡説

君は『からくり侍セッシャー1』を知っているか――!

 

って、このブログでも過去に何度か取り上げたことのある、静岡のご当地ヒーローです。10年前にテレビ静岡の制作で特撮テレビドラマが作られ、本編が第2シーズンまでと、スピンオフのミニ番組、さらにミニアニメと、色々な展開が図られました。

sister-akiho.hatenablog.com

この記事でも説明していますが、低予算ドラマながら、『仮面ライダー龍騎』など多くの特撮ドラマに出演している弓削智久さんや、騎士竜戦隊リュウソウジャーのバンバ/リュウソウブラック役の岸田タツヤさんなどが出演されています。

このドラマのいいところは、地元の商店街の皆さんが役者さんに混ざってお芝居に加わっているところで、まったりとした雰囲気が実にユルくて笑えるんです。あまりにこのドラマが好きすぎて、私は過去に3度も静岡駅前にある「駅南銀座商店街」を訪問してしまいました。いつ訪れても人情溢れる素朴で素敵な街です。

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

sister-akiho.hatenablog.com

感染症が落ち着いたらまた行こうっと。ファミリー食堂さいとうさん、清見そばさん、モリモトさん、ヤマイシさん、ふりあんかどやさん、NANAMIさん、海ぼうずさん……ああ、本当にまた行きたいな。待っててね。

とはいえ、テレビシリーズ開始から10年、少しずつ駅南銀座商店街の姿も変わっていき、最初に訪れたときはセッシャー1の幟やポスターがたくさん貼られていたのが少しずつ減っていき、ああ、もう続編はもう作られないんだろうなぁ、と思っておりました。

それでも、「からくり侍」のYouTubeチャンネルの登録は外さないままにしてあったんですね。ま、たまーに思い出して「穴繰毛」をチラ見したりしてたしね。

www.youtube.com

ところが、ですよ。

1か月前に、いきなり新着情報に「からくり侍」チャンネルが上がってきたんですよ。

テレしずLIVE STOREにて、「からくり侍セッシャー 1 リサイクル 一挙再放送とIt’s 生穴久」という生配信イベントを行うという。シーズン1・全13話を、ボケ老人、じゃなかった、穴久教授と一緒に試聴しましょうという頭おかしい企画。しかも5時間も。

この配信イベントはテレしずLIVE STOREで今でも登録不要、無料で視聴可能。お時間があるときにどうぞ。途中で懐かしいあの人やあの人も参加するよ(^-^)

sut-tv.live

『からくり侍セッシャー1』のドラマは、そもそも穴久教授というマジキチ学者が、かつて江戸は静岡にあったという「江戸静岡説」をとなえるも、誰にも相手にしてもらえず、その鬱憤を晴らさんがために徳川家康の古文書にあった設計図から「からくり侍」を再現し、誰でもいいから「敵」を倒しちゃおうという、えーっと、ここまで書いててホントに意味不明だな、うん。

で、この諸悪の根源である「江戸静岡説」という爺の妄言、学説をだ、この迷惑ジジイ、穴久教授は、この令和の新時代においても、ま、ま、まーだ、言い続けてるっていうね。で、テレしずで特別番組が作られたっていう。それがこちら。


www.youtube.com

視聴者から寄せられたこじつけネタ、いや、貴重な情報をもとに、テレしずアナウンサーと穴久教授、セッシャー1が静岡県内を歩き回るという、何なんだこりゃという内容の番組。いやー、こじつけにもほどがあるwww

 

しかし、この令和の時代に、またセッシャー1で新展開があったということが、これは素直に嬉しいです。なんだかんだ、やっぱセッシャー1おもしれぇわ。シーズン3も期待してていいのかな~???